2月5日 南伊豆 入間 川吾 ファルシオンの曲がり(その2)

2017.02.13(Mon)

ウキ下は2ヒロ半、針だけの仕掛けで、付けエサ先行の流しで喰ったのは、30センチほどの口太。

そのままの仕掛けを、同じように入れると、また同じような型が喰って来た。

仕掛けは、かなり斜めってるので、浅いとこで喰ってくるのう。

ウキをB、ガン玉をG2にして、斜め度を減らして同じところを流す。

この間、G3のウキを飛ばしてもうたからのう・・・

これで少し深くなったはずだ。

根がテーブル状に出た部分の手前で、ウキが沈んだ。




20170205011.jpg

あまり暴れないが、重いの~

でかいベラか?

ん? おわあ! た、タモじゃ!

これを逃したらイカン!





20170205012.jpg

でっか~! こんなカサゴ、初めて釣ったわ!

後で測ったら、36センチあった。

これはええもんを釣りましたな!

料理が楽しみですわ!



もう一匹来んかの~(笑)

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そううまくは行かんか(^^;

メジナも釣れんから、この仕掛けのまま少し深くして行くか。

が、その前に、付けエサを変えてやろう。





20170205013.jpg

ぐふふふふ・・・・もう1年も前に、絶倫ゴールドに漬け込んだモエビじゃ。

冷凍しておったのだが、色が濃くなっておるのう・・・腐っとらんか?

ま、まあ使えるだろう。

これを付けて、仕掛けを放り込む。

ええもんが来るに違いない。




いきなりウキが沈み、アワセたとたん、ズキューンと穂先を引き込む。

おお、絶倫モエビをデカメジナが喰うたな!

やはり効果があるのう! 絶倫ゴールドは!





20170205014.jpg

なにがデカメジナじゃ! お前か絶倫は!

しかし・・・ついに釣ってもうたの~、旬のコレを。

偽チヌ師さんが、ニヤニヤしながら寄って来た。

「やりましたな~、ついに試食するんですな? ニヤニヤ」


う、う~ん・・・・・や、やってみるか・・・

すぐに処理をしたが、長くなるので、これは食べるとこまでの別記事としたい。


処理をする間、偽チヌ師さんはニヤニヤしながら写真を撮っておる。



さて、再開じゃ。

空には雲が出て来て、さっきまでの快晴がウソのようだ。

同じコマセポイントで、仕掛けの投入場所を少し下流にしてみる。

だいぶ向こうに流れたとこで、ウキが消えた。





20170205015.jpg

お~、なかなか引くやないか。

ええ型の口太かの~?

写真ではわかりにくいが、竿は画面奥に向かって倒れていて、魚は画面左手前だ。

これでかなり曲がっている。

きれいな曲線を描く竿だ。





20170205016.jpg

またお前か! もうイランわ!

ぼしゃん!

偽チヌ師さんがニヤニヤしておる。

「もういいんですか?」

「1匹で十分ですわ(^^;」



絶倫モエビを捨てた。

クサレ絶倫は、サンノジ専用かい! バラバラバラ~


タナを深めに変え、付けエサを「V9」に戻す。

しばらく口太がポツポツと釣れるが、型は少し上がったくらいで、どうにもパンチが効かん。

今度は針を変えてみるか。





20170205017.jpg

重くした方がいいと思う状況だが、先に軽くしてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、やはり何も喰って来ない。

これで確信をもって、針を重くする。

勉強中だから、可能性を潰してやらんとのう。





20170205018.jpg

これくらいがええじゃろう。

これより重いと、ちょっと違う仕掛けにした方がいいような気がする。





20170205019.jpg

すぐに結果が出て、このくらいのが連発する。

重さを変えるだけで、すぐに釣果が出るのは、本当に難しく感じるが、とても楽しい。

が、そのうちウキが沈んでアワセても、かからない事が多くなった。

ヤツかの~?





20170205020.jpg

ヤツじゃの~!





20170205021.jpg

ヤツだったわい!



ここでちょっと仕掛けを変え、尾長向けにしてみた。

コマセも、目の前の水道に向けて、塊ではなく、バラケで何度も打ち込む。

すぐさま仕掛けを入れて流すのだが、これは大変危険を伴う。

そう、ここには、あのお方がおられるのだ。






20170205022.jpg

ズド~~ン!


ああ~~、カンニンや~!


やってもうた~

偽チヌ師さんが寄って来て、「尾長ですか~?ニヤニヤ」

わかってて言うておるのう・・・





20170205023.jpg

ガンガン・ズドドーン!


ああ~! やめてえ~!


ジジジジジジジジ・・・・・ジジジジジ・・・・

レバーブレーキが効かず、ドラグが効いて糸が出て行く。

ふう~、なんとか耐えたのう~





20170205024.jpg

ズドドドド~ン!


きゃ~~~!


ブチッ



・・・・・口元でハリス切られた・・・・・


偽チヌ師さん 「尾長だったんじゃないですか~?ニヤニヤ」

あのたたき方と怒涛のパワー、知ってて言うとるの~

サンノジとならぶ、もう一方の「旬のアレ」だと・・・「様」が付く、デカいアレ(笑)




むう・・・撒いたコマセがもったいないから、もう少し流してみるか。

ビクビクしながら・・・


あまり強くはないが、雨が降ってきた。

でも相変わらず波も風もないので、釣りやすい。





20170205025.jpg

かなり流したところで、バリバリっときた。

穂先が画面に入らなかったが、きれいな曲がりで、魚の抵抗を吸収してくれる。





20170205026.jpg

型の小さい尾長でも、竿がよく曲がるので、楽しいですな。





20170205027.jpg

V9がなくなったので、くわせ丸えびイエローにしてみる。

先日、横根で一発来たからのう。

でも、エビの粒が大きいので、できるだけ小さいのを選んで付ける。


水道を流すのをやめ、引っかかるの覚悟で、磯ギワを深く流してみる。

時々糸を引っ張って斜め度を調節しながら、ゆっくりとウキごと沈めてやる。

斜めにしたヤリを根の淵に刺すように、差し込んでいく。

ホレ・・・ホレ・・・喰うてみい、ホレッ・・・

何やらイヤラしい響きの独り言をつぶやきながら、腰を突き出す。





20170205028.jpg

なかなかええ型の口太が釣れ出す。

竿は満月のように曲がり、大変楽しい。

ホントに胴調子ですな~





20170205029.jpg

こんなんが飽きない程度に釣れる。

適当にキープしたり、ポイしたりと、川吾を楽しむ。

バレと足元に張り付かれた重~い2匹が惜しいが、まだこの竿がよくわかっとらんのう。

うまく誘導できんのじゃ!

ヘタクソじゃのう・・・






20170205030.jpg

偽チヌ師さんから、ブダイを頂き、もうクーラーのフタが閉まらん!

付けエサのパックをバリバリ言わせながら上から押し込み、無理やり閉める。


昼からのうねり予報は、結局はずれて、午後2時に磯上がりした。



船長が釣果を聞いて来たので、「型もんが来なかったわ~」とクーラーを見せる。





20170205031.jpg

船長「何言ってんの? 40あるじゃん!」

え?

バッカンの目盛りに乗せてみると、ありゃ!

口太2枚が、40アップだった。

36のカサゴと比べると、他のキープした口太も、35は超えている。


けっこうええ釣果やんか・・・

いや、楽に上がって来たから、デカい印象がないんだが・・・

どうせ大したことないサイズじゃ・・・と思っておったからのう。


・・・・・この竿、いつもと感覚が違うので、どうやら実感がなかったようである。




次の日の夜、近所の磯釣り師T君と軽く飲んだのだが、魚が怒らないように作ってある竿じゃないかと言っておった。

暴れなかったのか?

そういう竿か?


実は納竿した時、

「操作性はええけど、かけてからは、こっちの思う通りに寄せられんのう。」

と思っていたのだ。

プロテックやBB-Xのように、強引に誘導できなかったため、もどかしさがあった。

ダイワのDXRも、そんな感じの竿だと思う。

もとより私には竿について語れるほどの腕と経験はない。

が、あまりに性格の違う竿なので、こんな感想を持った。

素人の感覚なので、真剣に参考にしないように(笑)



ションベンちびりそうになるスリルと興奮が欲しければ、プロテックやBB-Xを使え!

結構強引なやり取りができるし、それも楽しい。


ゆったり構えて、きれいな曲がり方を眺めながら、勝手に浮いてくる竿が好きなら、ファルシオンを使え!

慣れもあるだろうが、足元に根があるような場所では、ファルシオンは苦労するかもしれんのう。 反発力も、ちょっと弱く感じた。

許容量を超えた魚が来ると、ヘタったクッションのようになる感じかのう。

イスズミ様にハリス切られた時は、竿を曲げきって、完全に弾力がなくなっておったわ。

ちなみに、「様」がつくイスズミは、50以上の太っちょを指す。

50未満のイスズミは、ただのイスズミだ(笑)

あまり語ると、「イスズミハンター」とか「ササヨ師」と言われかねないので、ここらでやめておく。



たぶん、「いやいや、それはこうすればええんじゃ!」とか「使い方が違うよ!」とか、言いたい方もおられよう。

が、上手な方は、どんな竿でも使いこなせるじゃろう。

「弘法筆を選ばず」と言うではないか。

腕がないんで、初心者のざれ事と思って下され。


私のような素人は、しょせん趣味なのだから、結局は「好み」だと思う。

こんな性格の違う竿を比べて楽しめるのは、幸せだとも思う。



今度、神津島で使ってみよう。

40アップの尾長を釣って、さらに確かめるべし!

アテンダー2、BB-Xとも、曲げ比べてみるかのう。

まだまだ遊べるのう。

楽しみが増えたわい。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

ホントにエエ釣りされてましたな〜!

竿の調子、私はチビりそうな方が好きですわ。笑
川吾で殉職した竿の後任を探していますので参考にさせていただきます!

2017.02.13(Mon) 21:34 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

好釣果おめでとうございます。流石です。
ファルシオン良さそうですね。因みに私の愛竿はアテンダーII1.5号です。
サンノジの美味しい調理法ご伝授ください。楽しみにしています。

2017.02.14(Tue) 07:10 | URL | EDIT

Shokunin-minoru@docomo #3un.pJ2M

はじめまして

いつも楽しく拝見しております。何年か前に岩井袋で、短い時間でしたがご一緒させて頂いてます。またどこかでお会いできればと思います。

2017.02.14(Tue) 16:44 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
偽チヌ師さんのとこも、あのデカいの、切れなければ・・・ですな(^^;
チビる竿、選ぶの楽しみですな~
「ダン用パッド」をパンツに仕込んで、釣りに行かねばなりませんな(笑)

2017.02.15(Wed) 00:16 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

こんにちは。
アテ2ですか、名竿ですな~
一緒に行ったとき、拝見させて頂きますわ。
サンノジの磯での処理と、その後は、ちゃんと記事にしますんで、もう少しお待ちを(笑)

2017.02.15(Wed) 00:21 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Shokunin-minoru@docomoさん

こんにちは。
岩井袋で、短い間・・・
私がダンゴやってる時、テトラでフカセをやられてた方でしょうか?
ちょうど私が、バリを釣った時に見物されてたような(笑)
違いましたっけ?(^^;
最近、伊豆方面が多いもんで、房総は行ってませんが、波があるんで、たぶんまた通うでしょう。
でも、岩井袋、駐車場があんなになっちゃったので、停められんですね~

2017.02.15(Wed) 00:28 | URL | EDIT

釣り吉純平 #LYE4Gpho

絶倫ゴールド色のババ

楽竿さんの、真剣な様子。🙋
楽しく、ブログで拝見させていただきました❗流石です🎵
絶妙な仕掛け変更で、確実に釣果を出す❗
しかも、40オーバー❗
ファルシオンの曲がりも㊗美しいですね✨
偽チヌ師さんが、1.5号を買うかも😁

一つ盲点が‼
朝イチに、絶倫ゴールド色のババマキエを忘れたのでは❔

2017.02.15(Wed) 08:03 | URL | EDIT

zaki2nd #-

こんにちは。
仕掛けを替え、針を替えて結果が出る釣りは楽しいですね。
グレもイガミ(ブダイ)、もちろん他の魚も美味しそうです。
ファルシオン良い曲りですね。仕掛け投入はBB-Xと違いありますか?
極翔は最初、違和感が有り上手く投げれませんでした。

BB-Xの1.7号でも強引にいけ無い様なババタレ(イスズミ様)は、どうしたらいいんでしょう?(笑)
NEWレマーレのインプレッションはいつ頃ですか~

2017.02.15(Wed) 12:36 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

釣り吉純平さん

こんにちは。
たまにはマジメにせんと、真正の変態と思われますからな(^^;
たまたまうまくいっただけで、釣れん時の方が多いですからね~
これがあるからやめられんのですわ(笑)

写真見てわかるように、川吾ではババをすると、360度丸見えです。
非常にキビシイ沖磯なのです(爆)

2017.02.15(Wed) 14:37 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2nd さん

こんにちは。
ファルシオン、操作性は抜群にいいですよ。
ビヨンビヨンせず、シャキッとしているので、投入もしやすいです。
でも、魚がかかると、柔らかく曲がります。
重いウキを使うときは、やはりBB-Xの方が使いやすいです。
でも、慣れでしょうな。

イスズミ様は、ひたすら耐えるしかありませんな。
たたられないよう、念仏をとなえながら、ふんばりましょう(笑)
ニューレマーレ?
そんな高いもん、買えません(^^;

2017.02.15(Wed) 14:46 | URL | EDIT

Shokunin-minoru@docomo #3un.pJ2M

早速の返信恐縮です。

ご記憶のとうりです。流したウキを掬って頂きました。恐る恐るお話しさせて頂いたのですが、杞憂でした。なにせ竹槍マフラーでしたから。今は私も殆ど南房です、全く釣れないですが。ありがとうございました。

2017.02.15(Wed) 14:59 | URL | EDIT

斑猫 #z8Ev11P6

ごぶさたです

楽竿さん、ご無沙汰しております。
先日、強風の中楽竿ライトのお世話になりましたが、
頼もしい働きをしてくれましたよ〜〜。
それはそうと、ファルシオンは良さげですね。旧亜テンダーみたいな感じですか?

2017.02.22(Wed) 21:07 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Shokunin-minoru@docomoさん

こんばんは。
竹やりに見えますわね~、アレ(笑)
私は最近、伊豆方面ばかりで房総へ行ってません。
別荘(私のではない)に泊まっての釣りが楽なんで(^^;
ただ、遠いので房総に別荘が欲しいのう~(爆)

2017.02.23(Thu) 01:25 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

斑猫さん

こんばんは。
大変ご無沙汰しております。
お仕事忙しいみたいですね~。
楽竿ライト、お使いいただいているようで嬉しいです。
ファルシオン、全然慣れていませんが、面白い竿ですわ。
新旧アテンダーは使ってないので比較はできませんが・・・
こちらで時間ができれば、一緒に釣りに行きませんか?
偽チヌ師さんの車で、さらいに行きますよ(笑)

2017.02.23(Thu) 01:31 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑