3月20日 南伊豆 入間 川吾

2017.04.02(Sun)

今夜は家族で、ホテルの鉄板焼きを予約していた。

娘の大学卒業と就職祝いである。




20170320001.jpg

しゃれたコースでお値段もいいが、そう何度もある事ではないので奮発したのだ・・・家内が。


「あれ? お父さん、ノンアルコールビール? お酒飲まないの?」


ゆるせ、娘よ。

父は行かねばならんのだ。




お魚ちゃんが待つ海へ!






20170320002.jpg

また行くんかい!


むう・・・出発の時間が遅くなったので、あおき釣具に着いたのは、深夜1時半。





20170320003.jpg

今までちょっとブレンドに使ったりして、口の空いている袋を全部混ぜる事にした。

口を開けてから時間が経つと、風味が落ちるからのう。(ほんまか!?)



あまり時間がないので、別荘で寝ると絶対に寝過ごしてしまう。

そのまま入間まで走り、駐車場で寝る事にする。



到着したのは、午前4時過ぎ。

そのままシートを倒し、まどろんでいると、窓をコンコンと叩く者がいる。

だれじゃ?

んお! こちらをのぞき込んで、ニヤニヤしておる不気味なオッサンの顔が!

な、ナニパクか!


来とったんかい!

燃えとるのう~



しばらくしたら船長が出て来た。





20170320004.jpg

この時期は、朝6時に出船だ。

少しうねりがあるけど、風はほとんどないので、釣りやすいだろう。





20170320005.jpg

今日は4艘の船が出船だ。

と言っても、客が多いのではない。

それぞれの船に、少しずつ乗っているだけである。

他の船に先駆けて、船長が有無を言わせず川吾にチャカ着けした。

私は当初、寒の時期の勉強のために地方を考えていたのだが、ナニパクはまだ川吾に乗った事がない。


まあ、ここでも練習できるだろう。

というか、川吾で文句を言ったらバチが当たるわ。

普段あまり乗れないとこだからのう。

魚も多いし。





20170320006.jpg

ルアーマンを一人加え、3人で川吾に乗った。

うねりで波が少し這い上がって来るため、すぐにチャランボを立てて荷物をかける。





20170320007.jpg

ナニパクはあっちゃの方の先端に釣り座を構えた。

一通り簡単にこの回りの地形を解説してあげる。

よし、健闘を祈る!





20170320008.jpg

私はチャカ場の沖向きに構えた。

潮が左後ろから右前に向けて、かなり速く流れている。

このまま口太を釣るのは、ちょっともったいないのう。

朝イチは、ちと流して尾長を狙ってみるかのう。





20170320009.jpg

まあ、針はこれでよかろ。

軽めだしのう。





20170320010.jpg

マルキューのV9と、ボイルを黄色に染めたものだ。

緑オキアミは、切れてしまった・・・また作らんとイカンな。




コマセを打って、しばらく仕掛けを流してみるが、何も来ない。

斜め度が強いのう・・・流れが速いから、少し針を重くしてやるか。





20170320011.jpg

これでどうじゃ?


だいぶ向こうまで流した所で、アタリが来た。





20170320012.jpg

おお~、型は小さいが、来ましたわ!





20170320013.jpg

ま、まあ、一応、尾長という事で(^^;

とりあえず、朝のお勤めができたわい。



さて、口太を狙いますかのう。

目の前のサラシを中心に探る。

軽い仕掛けから始めて、少しずつ重くしていく。

根にぶち当たるまで流して行くのだが、どのスジにもアタリがない。

付けエサもそのまま残って来る。

ちょっと流れが速くてダメか?

ならば方向転換じゃ。



チャカ場に向かい、竿を出す。

こちらの流れはゆるいので、キワから仕掛けを入れ込んでみるのだが、すぐに弾かれる。

もっと重くする前に、素直にその流れに乗せてやると、勢いよくウキが沈んだ。





20170320014.jpg

おお~、おったやないか~

が、浮いて来た顔を見たとたん、気力メーターが下がる。





20170320015.jpg

旬のアンタかい!

この間釣ったヤツは、なかなか美味かったけど・・・まあ、今回は許してやるか・・・

どっぼ~~~ん。




その後ネチネチとキワを攻めるが、何も来ない。





20170320016.jpg

もそっと針を重くしてやろうかの。



潮は引いていくのだが、うねりは相変わらずだ。





20170320017.jpg

波しぶきが時々、私のとこまで飛んでくる。


ネチネチネチネチと深いタナを探り、わずかなアタリで、かけて行く。

30くらいの口太が来るのだが、アタリが渋い!

ん? ふわふわしてたウキが停まった・・・あ、またふわふわし出した。

こんな時は、仕掛けを上げるとオキアミの頭だけなかったり、一部がくちゃっと噛まれて潰れていたりする。





20170320018.jpg

かけると、こんなサイズが上がって来る。

う~ん、ちょっと違うような気がするのう。


少し時間はかかるけど、軽い仕掛けで送り込んでみるかのう。


ガン玉を外し、なじんだらウキも一緒にゆっくりと沈めるようにしてやる。

ウキの沈む速度よりも少し早い引き込みでアワセをくれてやると、先ほどまでよりも大きめの口太がかかる。





20170320019.jpg

まあ・・・竿は曲がって楽しめたが、どうしても40オーバーが釣れない。

う~ん、どこか違うようじゃの~



結局、納竿までサイズは上がらず、アタリも渋いままだった。





20170320020.jpg

36と38を、土産にする。

むう・・・・・イマイチ型が上がらんかったわ。

もっと寒の時期の口太を釣る練習が必要じゃの~


ちなみにナニパクは、PBをくらいおった(^^;

ワシが釣るのを、びったり張り付いて見ていたようだが・・・もっと上手い人のを見た方がええぞ?(笑)

以前、ワシもここでPBをくろうた事がある。

その悔しさをバネとし、磯ラーへの道を突き進むのじゃ!



水温が低いうちに、もっと練習せんとイカンな・・・

家庭崩壊せん程度に。





応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

カナリアブルー #-

ノンアルコールですか
正解です
磯ら〜は全てを釣行にかけて正解です

2017.04.02(Sun) 22:27 | URL | EDIT

すぎ #-

あれ?

あれれれれ?

カリキンぽいですか?^^;

2017.04.03(Mon) 11:51 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

娘の卒業

私も今年一番下の娘が高校を卒業したので一緒にアメリカに旅行に行ってきました。娘の卒業は父親にとって大事なイベントです。ちゃんとこなしてからの釣行、立派です!
針の重さを変えるのは良いですね。私は同じ針で口おもりを追加したりはり込み小次郎を追加して対応していますが、はり込み小次郎をつけるとグレのあたりが減って真鯛のあたりが多くなるように感じています。
今月から木更津に転勤したため、隙をみて近くの磯に釣行しようともくろんでいます。

2017.04.03(Mon) 17:18 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

カナリアブルーさん

こんにちは。
家庭にとっては、不正解です。
そうやって家族から見放されて行くのです(^^;

2017.04.03(Mon) 18:31 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

こんにちは。
アメリカっすか!
それは豪勢な(笑)
針に細工するんですか、私のような無精者にはムリですわ。
針換える方がめんどくさくないです(^^;
木更津まで通うのは大変ですね。
向こうで単身赴任ですかね。
釣り三昧ですな(笑)

2017.04.03(Mon) 18:37 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
カリキンって、サンノジの事だったんですね。
その場でさばく時間が惜しいので、ポイですわ(笑)
いるなら今度釣ったら送りますが。
真正イスズミとの詰め合わせセットで(爆)

2017.04.03(Mon) 18:39 | URL | EDIT

72 pac #1WlG1BXk

涙目

 こんにちは。
 あの日は流石に凹みました(。>д<)
 渋いながらも釣られるのは、流石ですな。
 最後の一時間は、本気で涙目になってました(涙)
 河伍……リベンジします(`Δ´)

2017.04.03(Mon) 20:47 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

72 pacさん

こんにちは。
ワシにもあるぞ、その悔しい気持ち・・・今でもじゃがな!(笑)
だいたい、ワシの初期のブログを見てみい!(^^;

いや、上手い人たちだって、最初はそこから入っているはず。
みんなそんな想いを経て来たのじゃ!

川吾はリベンジせんでも、渋くない時期になったらウハウハですわ(爆)

2017.04.03(Mon) 21:17 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑