4月27日 南伊豆 入間 たたみ根

2017.05.04(Thu)

午前4時、スマホのアラームが静寂を裂く。

静かな森の中、別荘の夜明けが始まる。

ぐお・・・・むう~ん・・・

と、トイレ・・・ジョボジョボ・・・・

爽やかな朝が、加齢臭をまとった中年どもに汚される。

3人ともに急いで朝飯をすませ、4時半に別荘を出発する。

ワイパーがフロントガラスの水滴を弾き飛ばし、ヘッドライトがカーブの向こうまで続く黒いアスファルトを照らし出す。


昨夜から降り出した雨が、まだやんでいない。

海岸線を走りながら薄暗い海を見ると、波もうねりもあまりないようだ。

予報によると、もうすぐ雨も上がるらしい。

風もなく、今日はなかなか快適な釣りができそうである。

15分ほどで入間に到着し、駐車場で着替えて準備をする。

む・・・着替える前に、トイレへ行っておくか。

酒を飲んだ次の日は、ゆるババになるものだ。

限られた時間で、顔を真っ赤にして下腹部に力を入れる。



おお・・・こ、これだけ出せば、もう大丈夫だろう。

毎度毎度、そんな甘い考えでトイレを後にする。

あと3分でいいから、なぜもうひと踏ん張りしないのか。


完全に出し切らんと、悲劇が待っていると知りながら、ついつい出発を急いでしまうのが、釣り人なのだ。





20170427001.jpg

今日は我々3人の他に、釣り客が1人いた。

先日もご一緒した人で、まだ入間に来るようになって日が浅いそうである。

ここの魅力に取りつかれたか(笑)

沖へ出て潮を見ながら、船長とどこに乗るか相談をする。

今日の状況なら、追手か畳根がおもしろいだろうと船長が言うので、偽チヌ師さんのリクエストで、畳根に下りた。






20170427002.jpg

今日は磯でコマセを混ぜる。

どんな場所に乗るかわからないので、持って来たのは超遠投グレだ。

コマセ投入範囲が広がるからのう。

マゼマゼ・・・・ふふふ・・・・ん?・・・・うう・・・んむう!

は、腹が痛くなってきた・・・

に、二度ババか!

くっ!

やはり駐車場のトイレで出したババは、ただ栓を抜いただけだったか!

周りの磯に、他の釣り人はいない。






20170427003.jpg

しかし、偽チヌ師さんが石鯛場に釣り座を取っている。





20170427004.jpg

高場にはナニパクが釣り座を構える。


むう・・・隠れるところがない!

仕方がない、ここはテクニックで切り抜けるしかないだろう。





20170427005.jpg

バッカン重ねである。

ふふ・・・こういう時は「この型」が有効なのだ。

海に向かって背を向けるのは厳禁だが、今日のこの場所は持って行かれるような波が来ないのを観察して確認済みだ。

だが、安全のために、チャランボは握っておく。

リキむのにも、大変よろしい。




おお・・・やはりまだ残っておったのだな。

ここで出し切っておかんと、また同じことを繰り返すに違いない。

昨日、元気に泳ぎ回っていたイサキの変わり果てた姿が、ニチニチと出て来る。





20170427006.jpg

ああっ!

波が少し上がって来た!

ば、ババがあ! 内陸部に置いた道具に向かってババがあ!





20170427007.jpg

磯バッグの少し手前まで流されて広がったババを、水汲みバケツで海へ流し、ようやく釣りを開始する事ができた。

ええコマセになっただろう。





20170427008.jpg

今日やってみたい釣り座は、まだ潮を被っているので、入れるようになるまでここでやってみよう。

まずは軽い仕掛けで潮の流れを調べる。

ゆっくりと右へ流れるのだが、サラシとからんで複雑な顔を見せる。

船の水温計では、港15.9度 途中14.6度、この辺りは15.4度だった。

この流れの中なら喰ってきやすいに違いない。

底潮は難しいかもしれんのう。

いろいろと流して探るのだが、付けエサを全く取られない。

浮いても来ないし、引っかかるまで底へ落としてもアタリがない。

磯ギワに沈めてもダメ。

攻めあぐねていたら、当初の狙い場が乾燥してきた。





20170427009.jpg

こちらに移動じゃ。

さて、今日の狙いはこれだ。

「太ハリスで張り出しの裏に隠れたおおもんを引きずり出す。」

新しくセットした道具は、竿がBB-Xの2号、道糸4号、ハリス6号。

昨日の離島仕掛けそのまんまである。

うふふ・・・ふつう、誰もやらない仕掛けでやってみるのだ。

針だけは半島回りサイズを使う。

で、張り出したシモリの向こうギワをネチネチと狙う。

何度も引っかかりながら、しつこく狙う。




来んのう・・・

喰いさえすれば、問答無用で引きずり出すんじゃがのう・・・

普段は狙えないポイントをやってみようという趣旨なのだが、何も喰わない。

ナニパクが、大きくはないがマダイを上げたという。

偽チヌ師さんも、型もんのオナガを上げた。

だが、今日は0か1かの釣り。

おおもんを釣り上げるのだ!


が、あまりに無反応なので、この仕掛けのままちょっと遊んでみた。






20170427010.jpg

うおおおお!

2号竿が海面に突き刺さる。

完全に体が負けて、竿を持つので精一杯じゃあ!

こ、これはデカい!

なんかわからんが、デカい!


すかっ!





20170427011.jpg

ば、バレたあ~~~~~~!!!


ちくしょ~~~!


これを見ていた偽チヌ師さんが、ニヤニヤしながらやって来た。

「竿より体がくの字に曲がってましたわ(笑)」


くっ・・・せっかくのチャンスを・・・


もう一度同じことを繰り返すが、そうそう何度も来るわけもなく、相変わらずアタリがないまま、午後1時になる。

むう・・・このままでは P.B.になってしまう・・・

それはそれでいいと思うのだが・・・そういう釣りをしたんだろうが、今日は。






20170427012.jpg

ハリスを2.5号に落とした(爆)

誘惑に負けたんかい!





20170427013.jpg

すぐにコッパが釣れる。





20170427014.jpg

その後は気持ちよく、メジナがかかって来る。





20170427015.jpg

35くらいまでの、ええ型の口太とオナガが上がって来る。





20170427016.jpg

全部ポイしてたのだが、オナガが太ってるので、1枚だけ〆てキープ。





20170427017.jpg

む、もう出て来たか。

今年はコイツも磯で処理して持って帰るかのう。

というか、昔はよく持って帰って食べたからのう。



納竿時間直前、いい引きが来た。

ええもんが来たか!







20170427018.jpg

お約束のアンタかい!

・・・サンノジでトリを飾ってもうたか・・・



最初から普通に探ってたら、もっとええもんが釣れたかもしれんのう・・・

ま、ホームグラウンドだし、また畳根に上がればいい。

やはりここ入間には夢があるのう。

帰りに3人で魚を分け、適度なお土産を持って家路についた。

車の中は、またバカな話で盛り上がる。

楽しい2日間であった。

釣りの疲れを仕事で癒し、次の釣行に備えるのじゃ。

・・・普通、逆のような気もするが・・・




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

釣り吉純平 #-

すごい曲がり

2号竿の、あの曲がりからして、
おそらく、カワハギでしょう✨
惜しかったですね❗
たまに、やってくる磯の大物❗
これだから、磯フカセは、やめられませんな✨

2017.05.05(Fri) 06:41 | URL | EDIT

72 pac #1WlG1BXk

タタミ根

 こんにちは。
まさかあそこの平場で尻を出していたとは( ゜o゜)ババが流れるシーン、迫力ありますね。
偽チヌ師さんも新たな技を見いだしたようですぞ。
デカイの惜しかったですのぅ。次にかかる時は更にでかくなってますな(笑)

2017.05.05(Fri) 08:46 | URL | EDIT

タタミ根でのババ率6割6分6厘の漢 #xm20Dlsk

ナニパクが偽名使わんからワシが使ったわ!

謎の大物!
後ろからの画像だとBB-Xの穂先が突き刺さってる様子がよくわかりますね!
私は横から見てましたが、最後まで竿を立てられませんでしたなぁ。身体も曲がりっぱなしで。笑
でも、あーいう大物が潜んでるってだけでワクワクしますな!


バッカン二段積みにしてるところ、実は見てました。(^^;;

2017.05.05(Fri) 17:46 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

釣り吉純平さん

こんにちは。
流れの先の方でかけたんですが、最初はゆったりと暴れて重いだけだったんですが、なかなか上がって来ず、手前に寄ってからすごいトルクで突っ込んでバレました。
顔が見たかったですのう~
あれがカワハギなら、60オーバーですな(笑)
何が来るかわからないロマンが、海にはありますね!

2017.05.06(Sat) 15:59 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

72 pacさん

こんにちは。
ふふふ・・・釣りは周りの状況をよく観察せんとイカンですよ(笑)
流れるシーンは、ババ粒とかあまりにモロだったので、モザイクかけました(爆)
磯にはいろんな魚がいますから、ちょっと視点を変えると、おもしろい釣りができますな!

2017.05.06(Sat) 16:20 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

タタミ根でのババ率6割6分6厘の漢さん

こんにちは。
って、偽名が長すぎるわ!
偽チヌ師さんも、タタミ根ではババしまくっとりますな(笑)
みんなが狙ってないとこには、狙ってないお魚がいるんでしょうな。
やはりユムシの出番か!(爆)

2017.05.06(Sat) 16:38 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

大物

竿の曲がりからしてかなりの大物でしたね!正体は何でしょうか。
磯でのババは本当に気持ちいいですよね。私も気持ちよくしていたところをフェリー客にがっつりみられたことがあります。
房総にきて1ヶ月がたちますが、ある施設の立ち上げに来たためなかなか時間がとれません。楽竿をカシャカシャしてストレスを発散しています。楽竿作者さんの助言通り、チャランボは購入しました!

2017.05.07(Sun) 04:21 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

こんにちは。
正体はわかりません(笑)
あ、イスズミではありませんよ(^^;
フェリーの客に見られるとは幸運な!
たくさんの観客がいると、張り切って出せたでしょう!
ユーシのミドルチャランボ買えましたか。
信頼性があって使いやすいですよ。
仕事が落ち着いて釣りに行けるようになったら、連絡下さいね~

2017.05.07(Sun) 12:23 | URL | EDIT

かつ #-

BB-Xもいい曲がり

やっぱりサイズが上がれば操作性の良い竿も惚れ惚れする曲がり方しますねー。
のされる程の大物は顔を拝めないって言うのは自分も何回かありますので、気持ち分かります。
伊豆周りだとシマアジの3kgオーバーでしょうか?
平和さんが何度もやられてるの動画で見ました。

2017.05.07(Sun) 19:42 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

かつさん

こんにちは。
この時は、竿の曲がりを見る余裕がありませんでした(^^;
BB-Xもけっこう腰が強いので、信頼しています。
でも心構えがない時だったんで、体が曲がりました(笑)
何かわからんから、またやってみたくなるんですな(^^;

2017.05.09(Tue) 21:51 | URL | EDIT

名無し #-

家族で大爆笑です。これからも面白い釣り紀行を楽しみにしてます。

2017.05.18(Thu) 22:17 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

名無しさん

こんにちは。
ご家族で、こんな下品なブログを読んで下さっているとは・・・
恥ずかしいですな(笑)
でも、みなさん同じような事をなさっているはず!
隠してるだけでしょう(爆)

2017.05.19(Fri) 11:53 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑