サンノジを食す! ~薫風の味~

2017.05.30(Tue)

5月20日、梅雨前の新緑の季節、南伊豆は入間にて、サンノジを釣り上げた。

45センチほどの中型である。




20170526001.jpg

それを磯にて処理し、家に持ち帰った。

3枚に下ろし、皮を引く。





20170526002.jpg

身質が良く、見た目はキレイだ。





20170526003.jpg

表面にはうっすらと脂が乗り、まるで高級魚である。





20170526004.jpg

背側のサクをサシミにする。

夏の器に盛りつけると、「見た目には」大変よろしい。

これで臭ければ、まさにトラップ爆弾となるが、まずは先入観を持たない人物に食してもらわねばならぬ。

なにげに晩飯の食卓に出す。

家内、娘、息子が、小皿にショウユを垂らし、ワサビを付けて食べている。

君たちに判断してもらおう。

体のいい人体実験である。



ドキドキしながら観察するが、その表情に変化はない。

・・・おい・・・感想を言わんか!

・・・もくもくと食べておる・・・

シビレを切らし、声をかける。

私「このオサシミ、どう?」

息子「どうって? 普通だけど。」

家内「おいしいわよ? これ、何の魚?」

私「ニザダイっていう、タイだよ。」

家内「ふ~ん、前にも釣って来たわね。 たくさん釣れるの?」

私「いや、なかなか釣れないんだよ。魚屋さんにも売ってないしさ。」

家内「ふ~ん、タイだから高級なのね~。」

高級かどうかは知らんが、なかなか食す事はできない。

息子「おとうさん、釣れなくて誰かにもらったんじゃないの~?」

たぶん釣った人はみんな喜んで、ゆずってくれるだろう。

私「何を言うか! お父さんが釣ったのだ! ありがたく食わんか!」

私・家内・息子「ワハハハハハ!」「ホホホホ!」


・・・大丈夫らしい。

試しに私も食べてみる。

・・・ウマいではないか!

まったく臭くない。

冬よりも脂は少ないが、身に味がある。

しっかりした身で、酒のお伴にもいい。


娘「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ほとんど会話がないので、父は悲しい。




次の日、余った味噌汁にうどんを入れて食べた。




20170526005.jpg

これに腹側のサクを入れて、熱を通す。





20170526006.jpg

味噌煮込みサンノジうどんだ。

・・・おお、ウマいではないか!


どこも臭く・・・・ブハッ!


吐き出してしまった。

腹側に、少しだけ内臓を覆う皮が付いていた。

そこを口に入れて噛んだとたん、体が拒否反応を起こした。

言葉では表せない、とんでもない臭みが、口の中で一気に爆発したのである。

内臓の薄皮が付いていない部分は、まったく臭くなく、身質がいいので大変おいしい。




これでわかった。


サンノジの身はおいしい。


だが、内臓はとんでもなく臭い!


この臭さは、まさに異次元。

とても人間が耐えられる臭いではない。

内臓を覆う薄皮でこの臭いなのだ。

内臓本体を口に入れると大惨事となるであろう。

また、この内臓を抜かずに持ち帰ったなら、その臭いが身にまで回ってしまうのではないだろうか。

全身にそれを回すのは、血液だ。

釣り上げた直後、新鮮なうちに内臓処理・血抜きをする事が肝要であろう。



では、釣り場での処理を紹介しよう。





20170526007.jpg

釣り上げ直後、生きているうちに尾を切る。

ここで結構血が出る。





20170526008.jpg

次に頭の後を、背骨から上部に向かって切る。

重要なのは、「背骨から上」であり、下部の内臓にナイフを入れてはならない。

型も大きくなれば、背骨が硬い。

ヤワなナイフでは難しいので、ブレードの厚いものか、出刃包丁が重宝するだろう。





20170526009.jpg

内臓を傷付けないように、腹の肉だけを下まで切る。

ここがデインジャーゾーンである。

ナイフであれば、歯を外側に向けて注意深く切っていく。

ナイフを内側に向けて、つまり刃先を内臓に向けて切ると、勢い余って


「ぷすっ ああ!」


となる危険がある。

キッチンバサミの方が、やりやすいかもしれない。





20170526010.jpg

あとは頭を下に折り曲げると、内臓がくるっと出て来る。

ものすごい内臓脂肪である。

メタボな中年の腹の中はこうなっているのであろう。

肛門部分を丁寧に傷付けずに切り離す。





20170526011.jpg

うまく処理できれば、こうなる。

内臓は、収まっていた形のままになっているはずだ。

右上の流れ出た血には、脂がギトギトに浮いて光っている。

興味のある方は、指につけて舐めてみたらよろしかろう。

私にはそんな勇気がないので試していないが、その後の釣りに影響するようなダメージを受けても、当方は一切関知しない。





20170526012.jpg

潮だまりや水汲みバケツの中で、体を曲げて最後の血抜きをしておこう。

この時点で、臭いはほとんどしない。

血も流れ切って、あまり出てこない。

他の魚とは別に、ビニールにくるんで氷で冷やして処理終了だ。



サンノジの内臓の臭いは、まさにダイナマイツ!

だが、うまく処理すれば、その身はすばらしい。

さあ、釣り人諸君!

引きが強く、食べておいしいサンノジを持ち帰って、少しでも釣りよい磯の環境を作ろうではないか!
(要は、減らせという事である。)



ちなみに冬のサンノジは、こちら。


※注)自爆しても当方に苦情を申し立てないように(^^;
   すべて自己責任でお願いします(笑)




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

名無し #-

予想していましたが、やはり人体実験でしたか またそうとう笑わせてもらいました。これからも楽しい釣行記もしくは人体実験楽しみにしてます。自爆にならないようご注意して下さい

2017.05.30(Tue) 20:39 | URL | EDIT

ばぶる #cyb0cvbE

新たな高級魚⁉︎愛好会会員です。

はじめまして!
愛好会会員のばぶると申します。

私もサンノジのリリースにせっせと励んでましたが、八丈島で釣宿のお兄さんのリリース禁止により、一線を超えました。。。

が、背側はめちゃくちゃ美味しかったです!
60クラスだったので、大鯛のような身の厚みで最高でした。
しかも、手当なしで次の日までクーラーに入れたままでした。

背側の身はおすすめです。
新たな高級魚⁉︎を試して見てください。

最後に、楽竿ライト所有してます!
どこかの磯で、磯らーの皆様に会えるのを楽しみにしてます。

2017.05.31(Wed) 02:42 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

あの激臭を一口でも味わっていただけて嬉しいです。人体が拒絶する刺激ですからねェ!
次はサンノジ盛夏の香りと、あのお方ですね!笑

2017.05.31(Wed) 08:50 | URL | EDIT

南伊豆の戦士 #-

初めまして。
臭いと言われる魚は、下処理さえ間違えなければ大丈夫なんですね。
先日、南伊豆でニザダイの猛攻に遭いました。
しかも型は35~45センチ。

アイゴは食べたことあります。
白身で刺身にしました。臭いしませんでした。

イスズミは、まだです。

2017.05.31(Wed) 09:51 | URL | EDIT

zaki2nd #-

こんにちは。
皿に盛った写真は本当に美味しく見えますね。
実際、旨いんですね。
臭いの元は内臓で薄皮でも不可と言う事ですね。

尾の付け根が白いヤツほど脂のってると聞いた事ありますので、
寒の時期に再チャレンジしてみます。
イズスミはデカい方が美味しいと良く聞きますが
サンノジも一緒かな?

2017.05.31(Wed) 12:36 | URL | EDIT

カナリアブルー #-

ババの話から人体実験まで、これからは、セカンドネームは磯ドクターですね

2017.05.31(Wed) 18:45 | URL | EDIT

Mr.I #dRbNZn1Q

こんばんは!
サンノジは内蔵に秘密があったのですね
激臭・・・想像するだけでゾッとします(^^;

2017.05.31(Wed) 21:38 | URL | EDIT

りょう #-

お疲れ様です

いつも楽しく拝見させていただきありがとうございます。
私も先週南房根本で竿を出し何も釣れない潮止まりにやはりヤツが来まして36センチですがしっかり絞めて翌々日に食しました。
身質はバッチリでしたがやはりあのどうにも許せない香りがありまして(笑)
それでもほぼべっ甲漬けで食しました(泣)
去年、4月半ばに食べたのは全く臭みなく大変美味でしたので今回もまだ大丈夫だろうと喜んで持ちかえったのですが、時期的に暖かくなるとダメみたいですね。
次は皆さん嫌がるタカッパとババタレを是非食してみようと思います!
しかしながらどうも下手な私には縁遠い魚でして。
伊豆の沖磯でご活躍の楽竿様には朝飯前でしょうし美味しい魚に飽きましたら是非、食レポしていただけたら幸いです(笑)

2017.06.01(Thu) 00:09 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

名無しさん

こんにちは。
人体実験・・・ステキな響きですな。(笑)
そうそう、自爆は避けねばなりませんから、たぶんこれからもつづきますな(^^;

2017.06.01(Thu) 22:57 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ばぶるさん

こんにちは。
背側のサク、サシミにちょうどいいですよね。
本当の高級魚と一緒に食べると、さすがに負けますが、その見た目は、ハッタリ十分ですな(笑)
楽竿ライト使って下さってるんですね、ありがとうございます。
行動範囲が狭いんで、私なんかすぐに発見できますよ。
遠慮なくお声をおかけ下さい。

2017.06.01(Thu) 23:15 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
人が受け付けないニオイというか、刺激というか、アレはムリ(笑)
細胞レベルで拒否してきますわ(爆)
次は盛夏ですな(^^;

2017.06.01(Thu) 23:33 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

南伊豆の戦士さん

こんにちは。
臭いと言われる魚全部とは限りませんよ。
今回は、サンノジだけで、まだまだ喰えないと言われる魚はたくさんおりますからな(^^;
これからも修行ですわ。

よく引くので、サンノジは釣って楽しいですね。
これでウマいのがわかれば、あの腹立ちも少しは治まるというものです(笑)

イスズミは・・・私もこれからです!

2017.06.01(Thu) 23:47 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2ndさん

こんにちは。
内臓は、それを覆う皮もすべてダメみたいですわ。
寒の時期と言わず、今からお試し下さい(笑)
まあ、前に失敗なさってるので、ためらうのはよ~くわかります(^^;

イスズミはデカいのがいいのではなく、デカくなる種類のヤツがウマいと聞きました。
褐色のノトイスズミというヤツらしいですぞ。
次のターゲットです(爆)

2017.06.02(Fri) 00:11 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

カナリアブルーさん

こんにちは。
ババの話に始まり、ババの話に終わるのです。
食べたら出す。
生物の基本ですな(笑)
磯ドクター・・・カッコいい名前ですが、人は救わんですからな(爆)

2017.06.02(Fri) 00:31 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mr.I

こんにちは。
内臓に秘密というか、ニオイの元ですな。
あの激臭、一度お口の中に広げてみてもらわねば(笑)
今度送りますね(爆)

2017.06.02(Fri) 12:01 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

りょうさん

こんにちは。
香り付きで食べたんですか!
あのニオイは私にはムリですわ(^^;

タカノハダイは、潮がなくて釣れない時、勝手に釣れてきますよ(笑)
イスズミは種類がありますから、お気を付け下さい。
しかしチャレンジャーですな~
我々は、次はイスズミ(ノトイスズミ)を狙っています(^^;

2017.06.02(Fri) 12:28 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑