5月29日 神津島 恩馳群礁 ヒラッタイ

2017.06.10(Sat)

入間の魚で酒を飲み、別荘(私のではない)でぐっすりと眠った我々は、午前3時に下田港に到着した。

ここでMr.Iと待ち合わせ、午前3時半、賀寿丸に3人で乗り込む。

今日は神津島へ行くのだ。




20170529001.jpg

伊豆諸島へは、東京の竹芝桟橋から東海汽船に乗って渡るのが一般的だ。

竹芝桟橋-大島-利島-新島-式根島-神津島

多少変わるが、前日の22時に出発して、大島に6時、利島に7時40分、新島に8時半、式根島に9時、神津島に10時に到着する便が多い。

他にも高速ジェット船が就航しており、時期により組み合わせが変わる。

どちらにしても、この東海汽船を使用すると、神津島は到着最後の島になり、釣りの開始時間が遅れてしまう。

10時に到着した船は10時半に、今度は逆の順番で東京へ向けて出港する。

1泊しても、次の日の10時半に乗って帰る事になり、ゆっくり釣りをする事が出来ない。

1日たっぷり釣りをするならば、2泊しなければならず、時間的にとても不便だ。

多少疲れるが、伊豆半島は下田まで車で行き、午前3時半に渡船に乗り、そのまま神津島の磯へ渡って、夕方また下田へ帰ってくるのが時間的には効率がいい。

荷物をカートで引いて移動することもないので、楽と言えば楽だ。

下田から神津島への渡船は、いくつかあるが、私は賀寿丸を使っている。

ホームページに出船する日や場所を載せているし、何より船足が速い。

下田から神津島まで1時間強だ。

そろそろ常連となり、逝った釣り人の仲間になりつつあるが、そんな事は気にしないのである。

ちなみに、東海汽船にはもう一つ、

竹芝桟橋-三宅島-御蔵島-八丈島

の別航路もある。





20170529002.jpg

さて、今日は若船長が操船している。

場所を相談し、恩馳(おんばせ)群礁へ行く事にした。

事前に、先日渡ったコースケ君から情報を得ており、潮などの具合を聞いていたのだ。





20170529003.jpg

ヒラッタイに乗る事にしたのだが・・・直前で若船長が、「どうします?3人乗ってもいいけど、別の場所へ1人乗ってもいいですよ」と言う。

他の渡船が来ていないので、磯が余っているのだ。

偽チヌ師さんが、「ほんなら私、他に乗りますわ」という事で、私とMr.Iの2人がヒラッタイに乗った。





20170529004.jpg

私はベンケイとヨシツネに乗った事はあるが、ヒラッタイは初めてだ。

Mr.Iも初めてなので、二人で少しうろうろと磯ギワを見て回る。

まあ、そんなことをしてもわからんのだが、コマセのオキアミを少し投げ入れると、すぐにタカベが寄って来る。

ん~、まあこの時期は仕方がない。

Mr.Iは、チャカ場に釣り座を取ると言う。

まあ、わからん時は、チャカ場が原則ですな。





20170529005.jpg

では、私は沖向きの中央に入りますかな。

偽チヌ師さんは、大根に乗ったようだ。



チャランボを打ち込み、ゆっくりと準備をする。

集魚剤の入った配合粉を入れると、エサ取りが寄るので、オキアミだけを撒く。

すると、海中からデカい魚どもが突進して来るではないか!

イスズミとオナガだ。

遅れてタカベが走り回る。

こ、これはチャンスですな!


仕掛けを放り込むが、すぐに付けエサを取られる。

むう。 タカベか!

付けエサをエサ取りに強いヤツに変えると、何も喰わないか、知らない間になくなる。

では少々、クフウをせねばならんのう。





20170529006.jpg

すぐに潮受けゴムがピュンと走る。


喰い付いたあ!

しばし楽しんで、面倒だから抜き上げる。

ハリスが長くて、磯が低いため、ずり上げに近くなってしまった。





20170529007.jpg

おお、40あるオナガやんか!

今のうちに釣れるだけ釣るのじゃあ!





20170529008.jpg

同じ釣り方で、今度はタモ入れ。

やはり40はある。





20170529009.jpg

タイドプールにキープしておくかのう。

さ、もっと釣るのじゃ!

人間とは欲深いものである。







20170529010.jpg

ん~、40には足らんのう。

ポイじゃ!





20170529011.jpg

イカン!

ババ穴回りを黄色く染めるヤツが来たあ!





20170529012.jpg

何度も突っ込み、体力を削られて行く。






20170529013.jpg

コマセを撒いて、突進して来るのは、イスズミとタカベばかり。

デカい尾長が見えなくなってしまった。





20170529014.jpg

それをなんとかかわすと、こんなんが釣れる。

何度も試すが、釣れるオナガは、このクラスのばかりになってしまった。

う~ん、目の前のオナガタイムは、終わったか~

短かったのう。



その後、自分の回りをいろいろ探ってみるが、イスズミか小オナガしか釣れなくなってしまった。

長く仕掛けを入れておくと、間違いなくタカベに付けエサを取られてしまう。


少し沖へ遠投して、波の変化のある場所に入れてみるが、どこも1発目は小さいながらオナガが喰うのだが、すぐにタカベが寄って付けエサを取って行く。





20170529015.jpg

遠投してオモリでズドンと落とすと、竿1本のタナで、ベラが来た。

ここは遠くでも浅いようだ。

仕掛けを入れ込んで行ってもムダなようじゃの~



ほとんど流れがないため、コマセの筋ができない。





20170529016.jpg

ゲリラ的に、コマセを打って、最初のオナガを釣るしかない。

2投目では、もうタカベにやられてしまう。






20170529017.jpg

しかもこの釣り方をすると、自分の仕掛けを飛ばせる範囲が、荒れてしまう。

タカベが縦横無尽に走り回るのだ。

流れがないと、お手上げである。

弁当を食べたり、コーヒーを飲みながらMr.Iと雑談して、場を休めながら釣るが、どうしても型が上がらない。

相変わらず潮がなく、ウキはふらふらと左右に動くだけ。

回りには、泡がたまって漂っている。


・・・海が・・・海が死んどる!



はるか沖の方に見える潮目は、どうやっても仕掛けが飛ぶ距離ではない。

ありゃ、ムリだろ・・・



釣れん!


釣れんぞお!



それに気付いたのは午後1時ごろ。

あれ? 潮目がちょっと近づいたような・・・


・・・気のせいではない!

潮目が近づいてくる!





20170529018.jpg

急いで、超遠投グレを残ったオキアミに混ぜて練り込む。

仕掛けも、20gを超えるウキ・離島スペシャルに交換する。





20170529019.jpg

潮目が来たあ!

写真では近く見えるが、実際は距離がある。

かなり遠めだが、これを逃すともう他に手がないんじゃあ!

コマセを飛ぶ限り遠くへ3発入れる。





20170529020.jpg

付けエサも、思いっきり飛ばして外れないよう、殻付きのコレを使う。





20170529021.jpg

うりゃああ~!

コマセを打った場所へ向け、フルスイング!


道糸を張り、仕掛けがなじむと、糸が出て行く。

パラ、パラ、パラ・・・

おお、右沖の方へ流れ、仕掛けが乗ったのう!

今日初めての、ラインを出して行く感触。

やっぱりこれがええのう~

でも、さっきのフルスイングで、付けエサ外れておらんかのう・・・

パラ、パラ、パラ・・・

もしかして付けエサがなくて、針だけで流しとるんちゃうか?

パラ、パラ、パラ・・・

そろそろ回収した方がえんちゃうか・・・?


パラ、パラ、パラ、・・バララララララ!





20170529022.jpg

一発で来ましたがな~!

やはり潮目じゃのう!





20170529023.jpg

遠くから、ゆっくり手前に寄せて、突っ込みを楽しむ。

ええのう~

でもイスズミ様よりは弱いのう・・・





20170529024.jpg

でも一応、40はあるのう。

なんにしても、今日初めて、流す釣りができた。

うれしい~!


よし! 次じゃ!


・・・ん?

晴れたり曇ったりだったので、曇るのはわかるのだが・・・





20170529025.jpg

潮目が消えとるではないか!

水面も、のっぺり~に変わっとる!

潮が入ったんは、一瞬かい!

かろうじて海面に変化がある所は、はるか沖で、どんなに遠投しても届きそうにない。


しかたなく、さっき喰ったあたりに遠投する。

道糸は持って行かれず、だら~んと漂うばかりである。

まるで中年のモノみたいだ。

むう~、残り時間が少ないというのに!


が、突然指を弾かれる。

バララララララ!

おったんか~!




20170529026.jpg

お前が!




20170529027.jpg

もう一発!





20170529028.jpg

極めつけに、まるまるとお太りになられたお方があ!


ハアハアハア・・・つ、疲れる・・・

イカン・・・もう納竿時間じゃ。


ん? あそこちょっと波が違うな。

これが最後の一投じゃ!





20170529029.jpg

うおおおおお!


スズメダイでシメてもうた~!





20170529030.jpg

ちくしょ~!

これでも喰らえ~!





20170529031.jpg

Mr.Iは、ええ型のアカハタを!

ええのう~

ワシのオナガ3枚とそれ1匹、交換してくれんかの~





20170529032.jpg

42か・・・




20170529033.jpg

どれも同じようなサイズで、お土産は41~42のオナガ3枚・・・

まあ、ぜいたく言ったらバチが当たりますな。

おいしい、オサシミが食べられますな。





20170529034.jpg

下田港で、Mr.Iのアカハタを、あたかも自分が釣ったかのごとく記念写真を要求する偽チヌ師さん。

大根で潮がなく、イケナイ遊びをしていたようだ。

でも、磯替わりでめったに乗れないジロハチに乗れてうらやましいですな。


2日間の釣りで疲れているにもかかわらず、帰りの車は、笑いの渦であった。


離島はやめられませんな。



あ! イカ男の出番がなかった!



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

話のオチに使われた漢 #xm20Dlsk

Mr.Iのアカハタ、ホントに食べ応え充分で、美味そうでしたね〜。毒があるとか騙くらかして我々で持って帰りたかったですなぁ〜!笑

この夏、イカ男の活躍を期待しております!爆

2017.06.10(Sat) 17:03 | URL | EDIT

Mr.I #Ao2/Iifk

釣行お疲れさまでした!

アカハタ本当に美味しかったですw
毒がないのは、すでに承知済み(^^;

でも、いい型のメジナがなかったのは反省です
日々修行ですな(笑)

2017.06.10(Sat) 19:07 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

話のオチに使われた漢さん

こんにちは。
偽チヌ師さんですな(^^;
「派手な魚には、毒があるよ! 私が持って帰ってあげよう!」
という手もありましたな(笑)

昨年は、ゲソユムシが不発でしたからな。
今年はイカ男でブレークせんとイカンですな(爆)

2017.06.10(Sat) 19:35 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mr.I

こんにちは。
とってもいいお土産でしたね、いい型のアカハタ。
メジナは・・・まあ、今度釣れますよ(^^;

メジナよりええお魚釣ったでしょうが(笑)

2017.06.10(Sat) 19:43 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

さすがです

こんな死んだ海で、えさ取りの猛攻の中、ちょっとした変化に機敏に反応して尾長3枚はさすがです。この時期のスズメダイは背ごしで食べると絶品なのですが、関東ではやらないのでしょうか?アカハタ美味そうです!

2017.06.11(Sun) 09:08 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

こんにちは。
コメント遅くなりました。
離島へ泊りで行ってたもんで(笑)

この日、後で聞いたら水温3度下がった底の日だったそうです(^^;
全体に、あまりよくなかったみたいですわ。
そもそもスズメダイを食べるという発想がないみたいですよ、こちらでは(笑)

2017.06.13(Tue) 00:00 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑