7月31日 房総 勝山のカセ釣り

2017.08.07(Mon)

今日は偽チヌ師さんに、カセ釣りに連れてってもらう。

ナニパクと3人の釣行である。

午前3時に迎えに来てもらい、車中で今日の予定を話し合う。

「台風ですこしうねりがあるかもしれませんな。」

「荒れると、湾内にお魚が入って来ますな。」

「なんですとお! イケスの横を予約してるから、ただでさえお魚が多いのに!」

「爆釣するかもしれませんな。」

「まちがいないですな。」

「クーラー、20Lで足りませんな。」

「やはりトランク大将でしょうな。」

「赤と黒のタイが、たくさん我々を待っておりますぞ。」

「まあ、40までの食べごろサイズだけ、持ち帰ればけっこうですな。」

「ゼイタクですな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハ!


すでにたくさんのお魚が釣れる事になっておる。

釣りの前に、皮算用だけは出来上がっておるのだ。




20170731001.jpg

船のすぐ近くに車を停め、和田釣具で受付を済ませ、道具を積み込む。

カセ代金は、6,500円。

ダンゴ、付けエサの値段を考えると、磯とトータルの経費は、あまり変わらんのう。





20170731002.jpg

4艘の一番手前が、我々の船だ。

3人乗りで、それぞれにイケスが付いている。

これは快適そうですな。





20170731003.jpg

漁船に引いてもらいながら、仕掛けなどの準備をする。

なんせ初めてのカセ釣り。

よくわからんので、偽チヌ師さんに教えてもらいながら、準備をしつつ、景色を楽しむ。

我々の他には、4人の常連らしき客。

みな真っ黒に日焼けしており、いかにも逝ってそうな人ばかりである。

この世界にも、廃人がいるのだろう。





20170731004.jpg

何かのイケスの横につけてもらい、ここで釣りをするらしい。

いかにもお魚がたくさんいそうな場所である。

まだ気温は高くないが、日が高くなれば死にそうになるだろう。

すぐにパラソルを立てる。





20170731005.jpg

私も、少し前に偽チヌ師さんに中古のパラソルを買ってきてもらった。

それをセットして、まずは泳がせ釣りの餌を釣る。

ダンゴの粉を撒くと、すぐに小サバの群れが寄って来て、海中を埋め尽くす。

サビキを持って来たが、かかり釣りの竿でオキアミを付けると一発でエサが釣れる。

それを短い2号竿の仕掛けにつけてぶっこんでおく。





20170731006.jpg

一昨年、初めてイカダでチヌ釣りをしたが、今回はまた様子が違う。

小さい船だから揺れるのだ。

アタリがわからんので、船の揺れに合わせて、竿をずっと持っていなければならん。

これはちとツライですな。

短い竿とはいえ、私の釣りスタイルとは真逆。

ウデが疲れるわ。

でも短い竿にダイレクトに来るアタリは、面白い。

揺れないイカダの方が楽だけど、これはこれで楽しいですな。





20170731007.jpg

泳がせの竿に変化がないので、上げてみると、何やら重い。





20170731008.jpg

最初はアナゴかと思ったが、これは違う!

ウミヘビかい!

瀬戸内でも釣ったが、アナゴそっくりなウミヘビだ。

くねり方が、アナゴとは違うので、すぐにわかった。

こんなん食えるか!





20170731009.jpg

すぐに付けエサのサバを釣り、新しい仕掛けに付けてぶっこむ。

付けエサには困りませんな。


で、ダンゴに集中するのだが、細かいアタリはなんだろう?





20170731010.jpg

なんじゃあ、これは!





20170731011.jpg

ミノカサゴか!

初めて釣ったわ!

偽チヌ師さんが、ニヤニヤして、「食べたらウマいですぞ~」

いや、今日は小物はイランのじゃ。

ポイじゃ!



しかしチヌっぽいアタリがないのう。





20170731012.jpg

偽チヌ師さんが、強い引きで楽しんでおる。

ボラがかかったようだ。

む。

ではチヌが来ましたな?


すぐその後、パタパタっと、2枚のチヌを上げた。

さすがですのう。





20170731013.jpg

ワシにはコレかあ!





20170731014.jpg

チヌが来んがあ!





20170731015.jpg

2号竿が、ガタン!と音を立てて、竿先が持って行かれたので、急いで上げると、おお、何かが走っておる!


ぶちいっ!


ちくしょ~!

6号ハリスが、スパッと切られて、逃げられてしまった。

いったい、何の魚じゃ!

サバ子をまる飲みして、切って行きやがった!

しかし・・・


磯でも、カセでも、切られまくっておるではないか!





20170731016.jpg

ブツブツ文句を言いながら、またダンゴに戻る。

太陽の位置に合わせ、パラソルを右側に設置しなおす。

直射日光を避けると、そよ風もあり、とても涼しい。

まったく汗をかかない。

これは快適じゃのう!

パラソルをススメてくれた偽チヌ師さんに感謝じゃ!



しかし・・・





20170731017.jpg

チヌが釣れんではないか!





20170731018.jpg

結局、キープしたのは、カワハギ2枚。

写真撮ってたら、ナニパクが付けエサのサバ子を放り込んだ。

こら!

・・・カワハギ持って帰る?

カワハギはナニパクのとこに、お嫁に行った。

今頃は、ヤツのババカスになっておるだろう。





20170731019.jpg

帰りは、3艘になっていた。

1艘は、暑くて熱中症になると言って、早上がりしたそうだ。

パラソルがあれば、こんなに快適な釣りなんですな。

でも、ずっと竿を持ってなければならんので、途中からウデがプルプルしてましたな。

一度、ウデがツリましたな。



結局、チヌを釣ったのは、偽チヌ師さんだけでしたな。

やはり違いますな。

帰りの車中で、いろいろと解説してもらいましたが、これはこれで難しい釣りですな。

逆に、偽チヌ師さんは、紀州釣りやバクダンは苦手だと言う。

同じチヌでも、それぞれの釣りに、それぞれの考え方やテクニックがあるんですな。

瀬戸内にいれば、ハマるかもしれないけど、なんせこっちでは超マイナーな釣りですからな。

競争原理が働かないので、高いし。



途中、木更津のキャスティングに寄って、次回の秘密兵器を買った。

夏磯じゃあ~!




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

お疲れ様でした。(^^;;
四国ではポピュラーな釣りなんですけどね。関東だとおっしゃる通りですねぇ。私も四国に住んでなかったら縁のない釣りだったと思いますわ。
しかし、この夏は大物を掛けまくってますね!そろそろゴツい仕掛けで狩ってやらねばなりませんな!ニヤリ

2017.08.10(Thu) 12:01 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
ほんま、切られてばかりですわ。
上がらん方が、ロマンがあるかもしれませんが(笑)
でも、そろそろ上げてやらんといけませんな!

2017.08.10(Thu) 15:43 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑