8月22日 銭洲 親子で釣り (1)

2017.08.26(Sat)

かねてからの計画通り21日の夜、息子を助手席に乗せて、自宅を出発した。

賀寿丸の船長には電話をして、出船する事を確認してある。

行先は、銭洲(ゼニス)だ。




20170822001.jpg

廃人エリアである。

私は初めて房総の磯に立った時、波や波が立てる地響きのような音にビビってしまった。

恐くてたまらなかったが、息子を最初からこんなエリアに連れて来て、トラウマにならないだろうか。

波しぶきを頭からかぶり、ニヤニヤしている親父を見て、ショックを受けないだろうか。

そんな心配をしながら、車を走らせる。


途中、あおき釣具と、ヤマテツに寄り、コマセと付けエサを調達する。

あれこれと釣りについて話しても、実際にやってみないとわからないだろう。

カーナビのテレビをつけて、くだらない話、ゲームの話をしながら、深夜1時に下田港に到着した。

出船は3時半。

座席を倒して、しばらく仮眠だ。

3時にセットした目覚ましで起き、道具を出してから着替える。


賀寿丸に道具を積み込み、船室でまた仮眠だ。






20170822002.jpg

エンジン音が静かになり、目が覚めた。

息子を起こしてから、船室を出て、前部デッキに移動する。

ここで道具や竿ケースを荷室から出して整理しておくのだ。

場所は大ダルマの真ん前。





20170822003.jpg

第一陣が大ダルマに下りてから、小ダルマに向かう。





20170822004.jpg


私もいつかは乗ってみたい小ダルマだ。

潮が白波を立てて流れている。

う~ん、ええのう~

長いラインを巻いて、ここでやってみたいのう~

船長がマイクで、ここに乗る二人に、チャランボを持ってるか聞いている。

持っておらんだと!?

最近、ルアーの客が多いが、危機意識が足らん!

こんなとこ、落ちて流されたら、どこまで行くかわからんぞ。






20170822005.jpg

あとの釣り人は、ネープルスだ。





20170822006.jpg

移動する間、景色を楽しんでおきなさい。

私のカサ、飛ばさないように!





20170822007.jpg

我々親子は、カドに下りるらしい。





20170822008.jpg

ん?

船長、まだ足場に波が上がって来てるけど(^^;

船長「そこ足場がいいから。 これから潮が引くから、荷物だけ高いとこへ置いて。」


なるほど・・・え?

満潮の時はチャカ着けできないから、飛べ?

三宅島へ行ってる私はいいが、息子は大丈夫かのう・・・海が静かだから大丈夫か・・・





20170822009.jpg

足場がフジツボだらけではないか!

おかげで滑りはしないが、満潮になったら流されるという事だ。

船が揺れないので、なんなく飛び移る。





20170822010.jpg

さあ、次はお前だ!

よく顔を見る常連さんが、タイミングを見て、息子に声をかけてくれる。

ほら! 飛べ!


無事、息子も飛び移る事ができた。



舳先の正面に立つな!

斜めの位置に少し離れていなさい!

荷物を受け取りながら、息子に注意し、少し手伝わせることにした。





20170822011.jpg

その間にも、時々波が上がって、足場が濡れる。





20170822012.jpg

それ、荷物を受け取ってみなさい!

常連さんが、息子に気を遣って、やさしく渡してくれる。

スンマセン、ありがとうございます。





20170822013.jpg

荷物を全部受け取り、渡礁完了!

足場は水びたし。

すぐに最初の行動にうつる。



いいか、まずはチャランボという、金属の棒を立てるのだ!


自分が流されないよう、これだけは最初にやるのだ!






20170822014.jpg

ほら見ろ!

波が上がって来たぞ!

これは小さいが、少し大きな波が来たら、人間などあっという間に流されて海に落ちるからな!

波で岩にたたきつけられて死ぬし、冬は低体温症で死ぬからな!

荷物よりも、まず自分の身を守るのだ!


他人には強く言わないが、自分の息子には、真剣に教える。

そんな事、起こらないだろうという気持ちが一番危険なのだ。



狭い足場なので、チャランボ3本で、ちょうどいいだろう。

もう一本持って来たが、そこまでは必要なさそうだ。






20170822015.jpg

家で竿、リール、ラインを渡して、セッティングの練習はさせて来た。

だが、家でやるのと、現場でやるのとでは勝手が違うはずだ。

これは実際に自分でやってみないとわからない。

道具は壊してもいいが、なるべく壊すなよ(^^;






20170822016.jpg

私は外側の足場に釣り座を取る。





20170822017.jpg

振り返ると、向こうの方に、ヒラッタイが見える。



ゆっくりでいいから、あわてずに準備しなさい。


沖の波を見ながらな!


背中を海に向けるなよ!



釣りよりも、命が大事なのだ。



つづく


応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

まぐまぐ #-

羨ましい

自分もいつか沖磯に立ってみたいと思っていますので、息子さんが羨ましいです。
釣果より命、最近軽視しがちな我が身を振り返る機会になりました!

2017.08.27(Sun) 03:33 | URL | EDIT

磯伝説けろっぴ #-

はじめまして。ゼニス、なかなかの磯ですね。
はじめての息子さんには苦行かもしれませんね(笑)
第2弾も楽しみにしています

2017.08.27(Sun) 17:22 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

まぐまぐさん

こんにちは。
沖磯はいいですよ~(笑)
でも、磯釣りは危険な釣りですから、お互い気を付けましょう。
私も慣れが恐いので、装備には手を抜かず、必ずチャランボを打ち込んで、その脇で釣りをしています。
めんどうですが、自分の命がかかってますからね~

2017.08.28(Mon) 13:45 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

磯伝説けろっぴさん

こんにちは。
銭洲、数少ない残された楽園ですわ。
時期的には、海水温が高くてあまりよくありませんが、魚が多いのでボーズはありえません。
初めての人にとっては、ウデが疲れるのが難点でしょうか(笑)
一発大物狙いの釣り人ばかりですが、今回の我々は狙いが違いますので(^^;

2017.08.28(Mon) 13:52 | URL | EDIT

ぽんた #-

親子で釣りの記事、楽しみにしていました。
わたしも10才の息子がいますがいつか、一緒に磯に立ちたいと思っています。
記事から楽竿さんの真剣な思いが伝わってきて、いつものババ記事と違って緊張して読みました。
続編も楽しみにしています!

2017.08.29(Tue) 09:06 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ぽんたさん

こんにちは。
磯に慣れた仲間と行くのとは違い、何も知らない息子を連れて行くと、とても気を遣って疲れますわ(^^;
とにかく海に落ちないか、心配で心配で。
自分が釣りを楽しむ余裕がなかったです。
砂浜→防波堤→磯 の順で連れて行くのが正解だったかも(笑)
ぽんたさんは、いきなり三宅の磯へ連れて行かず、サビか三池の堤防へ連れて行く事をオススメします(爆)

2017.08.29(Tue) 14:56 | URL | EDIT

yukimaru #HYjkyH3s

良いですね...

楽竿作者さん こんにちは!

息子さんとの磯釣り、イイですねぇ...。
うちには娘しか居ないので羨ましい限りです。
今からは孫に期待します...(笑)

お好み焼き、堪能されたようですね。
我が喰い道楽がお役に立てて良かったです。

2017.08.29(Tue) 17:58 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

yukimaruさん

こんにちは。
釣りに慣れてくれると、もっと楽しめるのでしょうが、まだ先が長そうです。
広島のお好み焼きは、カルチャーショックでした。
店によっても違うのでしょうが、メンをあんなにパリパリに焼くのは初めてでした。
子供のころから、丸亀の一鶴にはよく連れて行ってもらってましたが、ほかの店は知りませんでしたよ。
オヤとヒナの2本を食べてましたが、この年になると、1本しか食べられません(^^;
もうあんなに脂っこいのよりは、賞味期限2日の海の幸がいいですわ。
どちらも体には悪そうですが(笑)

2017.08.30(Wed) 23:07 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑