FC2ブログ

8月22日 親子で磯釣り  銭洲群礁(2)

2017.08.30(Wed)

チャランボの上端に楽竿ライトを取り付け、釣りを開始する。




20170822021.jpg

仕掛けを組み、操作しやすい位置に立たせる。

3号竿で、5号の道糸に8号ハリスを直結。

コマセは足元にばら撒くだけでよい。


初めての磯釣り、いろんな釣り方ができるはずもないので、Bのウキをつけて仕掛けを放り込むだけである。

とりあえず自由にやらせてみる。





20170822022.jpg

待っている横姿は、いっちょ前だ。

だが、仕掛けを投げる事ができず、竿先の下にウキを落とすだけだ。

それだと磯ギワに引っかかるぞ。

リールの使い方もよくわかっておらん。





20170822023.jpg

見かねて、オキアミの付け方、ラインのたるませ量、仕掛けの投げ方を、実際にやってみせる。

まあ、言葉よりも実践で覚えるしかない。

後ろが壁になっているので、左から竿を振って仕掛けを飛ばす。


やらせてみると、指を離すタイミングが悪く、仕掛けが飛ばない。

初めからうまくできるワケもないので、しばらく練習だな。

とりあえず針にはオキアミを付けて投げてみなさい。

付け方は、こうするのだ。





20170822024.jpg

釣れるように、父が磯をお清めしておいてやろう。





20170822025.jpg

む! イカン! キレが悪い!


しまった! ダンか!


右手でミルキングをし、体を上下に振って事なきを得た。




タバコを吸いながら、しばらく見ていると、すぐに魚が喰い付いた。





20170822026.jpg

ウキが穂先のところまで来たら、それ以上リールを巻けない。

初心者ならだれでもやらかすが、これも覚える事の一つだ。

レバーブレーキの使い方もわからず、ラインを出す事ができないので、魚に竿を右に左に持って行かれる。

これをタモですくってやる。





20170822027.jpg

息子が磯釣りで初めて釣った魚だ。

イスズミである。

よかったではないか。

もうボーズではないぞ。

これは持ち帰らんから、プライヤーで針をはずしてみなさい。

針に結んだハリスを傷付けないように、プライヤーを使うのだぞ。





20170822028.jpg

よし、では父も釣りを始めるか。

が、気になってどうしても視線は息子へ向かう。





20170822029.jpg

その後、息子はイスズミを連発している。

ラインの出し入れができず、やり取りがとてもぎこちないが、あまり口を出さない方がいいだろう。

自分の体で覚えるしかないのだ。

父は写真を撮ってやるのみ。

そうだ、そうそう、ごぼう抜きしてやれ。





20170822030.jpg

こちらにも喰い付くが、左にいる息子のジャマをしてはイカン。

もっと右に寄って来い!





20170822031.jpg

こちらもごぼう抜きじゃ!





20170822032.jpg

まあ、足元はイスズミで真っ黒だから仕方がない。





20170822033.jpg

イスズミを釣り上げる時は、気を付けなさい。


ババをたれるのだ!





20170822034.jpg

こんなふうにな!


服にかからないよう、気を付けるのだ!

ついてしまったら、母に洗ってもらえ。






20170822035.jpg

ふと見ると、イスズミとは違い、一か所へ突っ込まれている。

お、これは。

あわてずに、そのまま!

軽くなったら、糸を巻け。





20170822036.jpg

抜き上げるなよ、これはタモですくうから。





20170822037.jpg

でかした!

これがメジナだ!

銭洲ではだれも対象魚にしていないクチブトだが、そんな事は関係がない。

息子にとって、人生初のメジナは、クチブトの42センチだった。

それでいいのだ。


父の初メジナは、それはそれは小さかったぞ。


よしよし、その調子で釣りまくれ!


さて、こちらもイスズミの外側を探ってみるか。





20170822038.jpg

ムロアジか!

や、やりたい・・・泳がせたい!

このあたりをうろうろしているはずの、キハダちゃんやカツオちゃん、ヒラマサちゃんを狙ってみたい!

4号竿を持って来たので、それに変えたい!


・・・が、今日はガマンだ。

主役は私ではないのだ。

後ろ髪を引かれながら、ポイする。

もったいないのう~・・・最高の生き餌を・・・




右から斜め左沖に流れる潮に入れると、コイツが喰って来た。





20170822039.jpg

ナンヨウカイワリだ。

シマアジと同じ身質で、とてもウマい魚である。

これはいいお土産になる。

父はこれを狙うぞ。





20170822040.jpg

賀寿丸がぐるぐると釣り場を巡って、監視している。

ここは絶海にポツンと浮かぶ群礁だ。

当然、携帯の電波は入らない。

海に落ちても、連絡することができないため、こうやって回っているのだ。

船長が気を遣って、何度かマイクで磯替えするかどうかを聞いてくれるが、ここでいい。

ヒラッタイやエビネの方がやりやすいかもしれないが、釣れているので動く必要はない。





20170822041.jpg

付けエサが残った状態で仕掛けを巻き上げると、ショゴが喰い付いてくる。

めんどうなので、巻き上げはフルスピードで海面を飛び跳ねるように回収しよう。





20170822042.jpg

息子もナンヨウカイワリを釣り上げたか。

小さいけど、よく引くだろう。

少しは仕掛けが飛ぶようになったな。

楽しめ。





20170822043.jpg

このくらいの型なら、煮付けや塩焼きで、2人分だ。

小さいのもかかってくるが、型をそろえるためにポイする。





20170822044.jpg

ちなみに今日のコマセは、オキアミブロックのみ。

銭洲は魚影が濃すぎるくらいなので、配合粉の必要がないのだ。





20170822045.jpg

日が高くなる頃には、息子もだいぶ慣れたようだ。

あいかわらずイスズミが多いが、釣れんところでやっても上達せんからな。





20170822046.jpg

何の説明もしていないが、楽竿ライトを使いこなしている。

逆に、磯釣り歴が長い人ほど、今までのクセが抜けなくて慣れるのに時間がかかるのかもしれない。





20170822047.jpg

お、またイスズミとは違う突っ込みだ。

大事にやれよ!

あ、抜き上げた・・・





20170822048.jpg

43センチのクチブトメジナか。

よしよし、もうそのへんでええぞ。

これに慣れると、半島回りの釣りに、帰れんようになるからの。

そうやって、廃人の道に足を踏み入れる釣り人が多いのだ。


む。

右手の人差し指から血が出ておるではないか。

メジナのエラで切ったな。

心配するな。

慣れれば、そのうちすぐに血が止まるようになる。

父のように。



つづく



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

父上と呼ばせて下さい!

息子さん、いつもの楽竿さんのスタイルで釣りしてるので、2人いるように見えてしまうのは私だけでしょうか!笑

しかし、磯デビューが銭洲とは!
そしてデカイ奴らをぶりあげて!
素晴らしすぎる磯デビューでしたね!

今から私を養子にとってくれませんかね!そして、イナンバか八丈に釣れて行って下さい!親孝行しますぞ〜!爆

2017.08.31(Thu) 00:14 | URL | EDIT

ぽんた #-

続編を楽しみにしてました。
歳のせいか涙もろくなり、不覚にも息子さんの笑顔の写真で目が潤んでしまいました。
良い思い出ができてよかったですね

2017.08.31(Thu) 09:24 | URL | EDIT

磯伝説けろっぴ #-

素晴らしい釣行ですね!
ところで「楽竿」さんは、らっかんさんとお読みすればいいのですかね?

2017.08.31(Thu) 13:14 | URL | EDIT

Mです。 #Tw4qc13o

息子さんの顔が嬉しそうで、楽しそうで良かったですね。
釣れたほうがいいですけど、釣れなかったとしても息子さんにとっては良い思い出になったと思います。

自分も息子がいますが、小学校5年生の夏休みに自宅から下田まで2日かけて自転車で行った事がありました。当時は結構危険だから止めようかと悩んだりしたのですが、本人はケロッとしていて楽しんでくれたみたいです。(こっちはヘトヘトでしたけど)
今でも時々海岸線を通ると当時を思い出して冷や汗をかき、また良く行けたもんだと褒めてあげたい気持ちになります。


2017.08.31(Thu) 19:13 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
同い年の息子はイラン!(爆)
服や笠は私のなので、見た目は同じですな。
釣果も私の磯デビューとはえらい違いですわ。
でも廃人エリアに行く2人分の費用は、そうそう出せませんわ(^^;

2017.09.01(Fri) 12:32 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ぽんたさん

こんにちは。
いい思い出と写真が撮れました。
こんな魚の楽園に最初から連れて行くのは、賛否両論あるでしょうが、中大型をたくさん釣らせるという目的は果たせました。
次からは近場ですわ(笑)

2017.09.01(Fri) 12:36 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

磯伝説けろっぴさん

こんにちは。
その通りです。
「楽竿」は、「らっかん」と呼びます。
まあ、釣れて当たり前の場所に連れて行ったので、これで小さいころのトラウマが解消されたかと(^^;
あと数年は、2人でこんなとこに行く事もないでしょう(笑)

2017.09.01(Fri) 12:41 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mさん

こんにちは。
今回も釣れなかったら、二度と一緒に釣りに行ってくれなかったと思いますわ(^^;
自転車であそこから下田までですか!
それはキツイですな。
いい思い出になったでしょう。
父親は二度としない、いや、できないでしょうから(笑)

2017.09.01(Fri) 12:47 | URL | EDIT

Mr.I #-

うるうる

こんにちは!
銭洲釣行お疲れ様でした(^^)/

親子で釣りに行くって本当にいいことっす(^_^)ゞ
自分も年甲斐もなく?ウルウルしちゃいました(^^;)
息子さん、本当に嬉しかったと思います!

2017.09.02(Sat) 09:30 | URL | EDIT

s.ikeda #-

いつも拝見させていただいております。
大ファンの一人でございます。
今回ばかりは、一声あげねば!と思い失礼します。
いつも通り面白いのですが、
そこに感動が・・・1966生まれ涙腺が緩んでいるようです。

2017.09.02(Sat) 09:59 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mr.Iさん

こんにちは。
私も小さいころ、親父に連れてってもらいましたからね。
なんとかメジナも釣ってくれて、よかったですわ。
半島回りじゃ、今の時期、こんな大きさのは我々でも難しいですから。
自分のためには、なかなか出せない金額ですが、こういう経験のためには、惜しくないですな。

2017.09.02(Sat) 14:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

s.ikedaさん

こんにちは。
下品なブログですが、いつも読んで下さってるんですね、ありがとうございます。
私よりも若いではないですか。
2歳も(笑)
いつもはすっ飛ばす事柄も、今回は記録として書いてますので、あと2回続きます(^^;
長々と続くことをお許しください。

2017.09.02(Sat) 14:06 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑