8月22日 親子で磯釣り 銭洲群礁 (3)

2017.09.03(Sun)

持ち帰る魚は、シメるのだぞ。




20170822061.jpg

ここでウロコを打ったり内臓を出したりするのは、時間のロスになるため、とりあえず血抜きだけ教えておこう。

エラブタからナイフを入れてみなさい。

心臓とエラを結ぶ血管を切るのだ。

あ、イスズミはシメんでよろしい。





20170822062.jpg

ナンヨウカイワリが竿一本までの浅いタナで釣れていたため、仕掛けは変えずにいたのだが、右の本流との境に遠投してなじませ、沈めるとガツンと食ってきた。

あまり暴れないが、とても重い。

なじみのない引きだ。

何の魚だろう?





20170822063.jpg

が、寄ってきたところで、下へ突っ込み始めた。

イカン!

止まらん!

レバーブレーキは全く効かず、ドラグがジージー鳴って、ラインが止まらない。


右の岩の根元に潜られ、道糸から切れてしまった。

サメではない。

サメならすぐわかる。

無念じゃ!

銭洲には、普通にモンスターがおるのう。





20170822064.jpg

もうあまり時間がないから、オキアミを残さないように、たくさん撒くのだ。

お魚を、寄せて寄せて寄せまくれ!



・・・寄って来るのは、イスズミばかりか(^^;





20170822065.jpg

12時半になり、釣り終了。

午後1時に磯上がりなのだ。

バケツで水を汲ませる。

2本分の竿や仕掛けの片づけは、私がやる。

初めての息子では、スピードが遅い。


船が迎えに来た時、まだ片づけていると、他の人に迷惑がかかる。

余裕をもって、片づけるのだぞ。





20170822066.jpg

コマセのオキアミがいっぱい落ちているだろう。

バケツで洗い流すのだ。

え? 満潮になったら、ぜんぶ流れるって?

その通りだが、一応マナーだから、練習しておけ。





20170822067.jpg

おとなりの磯、撤収の様子を見ておきなさい。

今度はこちらに来るぞ。

潮が引いたから、朝とは違って、チャカ着けしてくれる。

船に乗る時は、またいで乗るなよ、ぴょんと飛び乗るのだ。

またぐと、その時船が離れたら、海に落ちるからの。





20170822068.jpg

ぶじに撤収も終わり、銭洲を離れる。

時間は短いが、魚影と同じで、とても濃かった。

さあ、クーラーのきいた船室で寝て帰ろう。

途中、神津島に寄ったみたいだが、一瞬起きただけで下田まで熟睡してしまった。



午後4時過ぎ、下田港に帰ってきた。

賀寿丸の氷をクーラーに足し、今夜の宿に向かう。

外浦の民宿に予約を入れてあるのだ。


下田港から車で5分も走れば到着する近さで、まだ海水浴の客が多数歩いている。





20170822069.jpg

漁港で、釣った魚の処理をしようと準備していたら、女将さんが民宿の外の流しでやりなよと言うので、こちらを使わせてもらう。





20170822070.jpg

まな板も貸してくれた。

ウロコを打って、内臓を出す。

よく見ておけよ。

父も、お前の祖父がやるのを見て覚えたのだ。

これを家でやると、ウロコが飛び散り、台所が臭くなって、母に叱られるからの。


あれ?

こんなに数があったか?

なに、腕が痛い?

そりゃ、あれだけイスズミに竿を曲げられていたからな。

11匹も釣っておったではないか。

これはショゴと言うが、大きくなってカンパチと名前が変わると、ものすごい引きだぞ。

あのチョウチョウウオみたいなのは、シラコダイと言うのだ。

釣り上げた時は爆笑したな。

などと、2人で釣りを思い出しながら処理していると、女将さんが、せっかくだからお造りにしてあげると言うので、ナンヨウカイワリを1枚渡した。





20170822071.jpg

クチブト2枚、ショゴ2本、ナンヨウカイワリ16枚。

十分なお土産だ。

厚手のビニール袋を2重にして、宿の大型冷蔵庫に入れてもらった。





20170822072.jpg

一応、温泉らしい。

男湯と女湯があるが、それぞれ家族で入ったら、中からカギをかけるのだと言う。

貸し切りにできるようだ。

宿には、やはり海水浴の客が多数泊まっているみたいだが、もう夕方の6時を過ぎている。

だれもいなかった。

二人で魚臭い体を洗う。

暑くてゆっくりと入る気が起きず、早々に部屋に戻る。


クーラーの効いた部屋は極楽じゃのう!





20170822073.jpg

すぐに部屋に夕食を持って来てくれた。

おお~、これぞ海の民宿の正しい料理じゃ!

この火照った体、そして乾いたノドに、冷えたビールを流し込むのじゃ!

お前はジュースな。

そのうち、親子でビールを飲みたいものだ。



ぷはあ~っ!


天国じゃのう!





20170822074.jpg

ナンヨウカイワリも、きれいに造ってくれた。

どれもおいしく、肉がない、海の料理を堪能した。

2人で食べきれないかもと、女将さんが心配していたが、そんな心配は無用だ。

実は、銭洲に朝飯と昼飯を持って行ったのだが、2人とも釣るのに忙しくて、何も食べていなかったのだ。

あっという間に、2人で完食してしまった。

腹いっぱいである。





20170822075.jpg

食事が終わったら、すぐに布団を敷いてくれた。

ふ・・・これじゃ。

プロレスごっこするか!

布団に飛び込み、足で息子をウリウリする。



だが、その後の記憶がない。

起きたら朝であった。

息子に聞いたら、気絶するように寝たらしい。

そんなに疲れておったかのう・・・





20170822076.jpg

窓の外を見ると、よく晴れている。

昨日は薄曇りで、少し風もあったのだが、今日はピーカンで気温もグンと32度まで上がる予報だ。

やはり釣りは1日にしておいてよかった。





20170822077.jpg

ほどなく部屋に朝食が運ばれる。

うむ。

これも民宿の正しい朝ごはんだの。

シャケが地の干物であれば、なおよい。





20170822078.jpg

昨日は気付かなかったが、「作根」という部屋だったみたいだ。

むう・・・また神津島へ行かねばなるまい。





20170822079.jpg

朝メシも終わり、ちょっと休んでから、駐車場まで車を取りに行く。

車を玄関前に停め、チェックアウトして、冷蔵庫に預けた魚を受け取る。





20170822080.jpg

けっこう重い。

35Lのクーラーに入れ、途中コンビニで氷を補充した。

道中、何か観光でもと思ったが、いつも通るところなので、新鮮味がなくて思いつかない。

まだ早い時間なので、道も空いている。

午後になれば、行楽の車で大渋滞になるであろう。

さっさと帰るか。





20170822081.jpg

仲間に聞いた、伊東の「魚吉ひもの店」で、イカの口をお土産に買う。

試食したが、これはとてもウマい!

そのまま東京まで走り、午後2時、無事に自宅まで帰ってきた。

母が迎えに出て来たぞ。

父のいびきが大きい時は、別室で寝る、薄情な母が。



さて、道具を洗って、魚を料理するか!



つづく



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

通りすがり #-

幸せそうでいつになくハートフルな回ですね

2017.09.03(Sun) 16:18 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

良い息子さんですね

表情が温和でお父さんの序言をちゃんと受け止める、今時珍しい良い息子さんですね。良好な親子関係が築けていることをうらやましく思います。それにしてもデビューが銭州とは。。。息子さんがうらやましいです。私も行って(逝って?)みたい!

2017.09.04(Mon) 07:28 | URL | EDIT

ぽんた #-

一気に読んでしまいました。
とてもほっこりするお話でした。
で、やはり母親というのは息子が可愛いのですね。我が家も似たようなものですw

2017.09.04(Mon) 08:57 | URL | EDIT

まぐまぐ #-

すごく

すごくいいお話でした!
自分ももう直ぐ子供が生まれます(女の子です)が、こんな風に一緒に釣りに行けたらと思います。
女の子で磯に立つようになるとそれはそれで怖いですがね笑

2017.09.04(Mon) 11:31 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

夏休みの良い親子釣行でしたね〜!近い将来いっしょにビール飲める日が楽しみですね!うちは娘しか居ないので寂しい限りですわ。小学生までは喜んで父についてきましたが、今では…(^^;;

カドで取り逃がしたオオモン、ヤられ具合がロクマル尾長みたいではないですか?楽竿さんの釣行記読んで、また銭洲に行きたくなりましたわ。父上!連れていってくだされ!

2017.09.04(Mon) 12:48 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

通りすがりさん

こんにちは。
そう、いつになく穏やかでしょう(笑)
普段は悲惨な回ばかりですから(^^;
ゼニスなら、もっといい魚を狙えますが、今回は欲をかかずに、とにかく釣れればいいという姿勢でしたからね。
そういう気持ちで行くと、あとも穏やかに時間が過ごせます(爆)

2017.09.04(Mon) 13:04 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

こんにちは。
仕事一辺倒だった時とは、大違いです。
家庭重視に180度転換してからは、息子との関係が激変しました。
すでに娘は遅きに失しましたが(^^;

なに、ゼニスに逝ってみたい?
セッティングしますぞ!(笑)

2017.09.04(Mon) 13:07 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ぽんたさん

こんにちは。
母親は心配ばかりしますからね。
男親は、少々危険な遊びも教えねばならん(笑)
魚で指を切ったのも、いい経験です。
普段は、ケガするような事がないですから。

2017.09.04(Mon) 13:14 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

まぐまぐさん

こんにちは。
女の子は、かわいいですよ~
・・・小さいうちは。
そのうち、オヤジは無視されますから(^^;

女性は磯釣り、トイレが鬼門なんですよね・・・

2017.09.04(Mon) 13:28 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
娘は、どこも同じようなもんですな(^^;
あのお魚、正体はわかりませんが、わからない方が、ロマンがありますな(笑)

同い年の息子はイラン!(爆)

2017.09.04(Mon) 13:31 | URL | EDIT

磯伝説けろっぴ #-

楽竿さまこんにちわ

バラした魚は青物ですかね?シマアジとか…
親子ゼニスの回はなかなか痛快でした。

2017.09.04(Mon) 14:49 | URL | EDIT

スーさん #.VpBeogQ

 心温まる釣行でしたね!
 スーもいつの日か、息子とゼニス、イナンバへと強く思いました。

2017.09.04(Mon) 21:04 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

磯伝説けろっぴさん

こんにちは。
取れなかった魚は、わからないままの方が、ロマンがありますな。
イスズミのおやぶんだったら、目も当てられませんからな(笑)
親子でゼニス、もうないかもしれないので、長々と続きました。
最後にあと一回だけありますので、ご辛抱願います。

2017.09.05(Tue) 00:47 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

スーさん

こんにちは。
ぜひ、息子さんと行って下さい。
廃人エリアは、素人でも何か釣れるので、満足度が高いかもしれませんからね。
でも若いうちから、ああいう所にハマると、カネがたまらずに、本当に廃人になるのでお気を付けて下さいね(笑)

2017.09.05(Tue) 00:55 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑