9月9日 房総半島 元名海岸

2017.09.18(Mon)

今日、明日は東京磯釣クラブの競釣会だ。

明日は竜宮会、正鱗クラブとの3会合同大会にもなっている。

が、この季節の房総の磯では、イマイチおおもんを狙いにくい。

というか、狙い方がわからん。

おおもんはあきらめて、偽チヌ師さんとMr.Iを誘い、一度やってみたかった渚釣りをするのだ。




20170909001.jpg

元名海岸だ。

このあたりの岩場は、チヌがよく出ているところなので、この砂浜にもいるに違いない。

夏は海水浴場になっているが、今はだれもいない。

房総の遠浅海岸だが、まあとりあえずなんか釣れるだろう。





20170909002.jpg

オキアミブロック2枚に、「Bチヌ遠投」を2袋。

どんな感じになるのか、ワクワクするのう。





20170909003.jpg

まるでセメントのような色で、粘りも強い。

これに「激荒」を混ぜて、チヌを寄せるのだ!





20170909004.jpg

時間はまだ6時過ぎの早朝だ。

ふふ・・・時間はたっぷりある・・・楽しませてもらおうかい!


コマセを打つと・・・めっちゃ飛ぶやんけ!

色も同じだが、まるでコンクリートのかたまりを打っているような感じだ。

ウキを付けた仕掛けを遠投するが、それをはるかに飛び越えてしまう。

少し抑え気味に投げて、チヌを寄せねば。

このBチヌ遠投、粘りが非常に強いので、ヒシャクのカップにこびりついてしまう。

飛ばなくなるので、水を入れたヒシャクケースが必需品ですな。





20170909005.jpg

竿を下に置くわけにもいかないので、クーラーに楽竿ライトを取り付ける。

これは楽チンだ。

が、道糸が横に流れる潮と、押し寄せる波で、大きく取られてしまう。





20170909006.jpg

右には、偽チヌ師さんと、Mr.Iがいるのだが、二人ともチャランボを砂浜に挿して使っている。

むう・・・やはり立った方が波打ち際に道糸を取られないか・・・





20170909007.jpg

仕方ないので、私もチャランボに楽竿ライトを取り付けて砂に挿す。

思いっきり挿さないとチャランボが回転し、竿がくるっと横に向いてしまうので、深く挿すのだが、そうすると地上部分が低くなる。

もっと長く伸ばせるチャランボにすれば快適になるだろう。

車の中にあるが、取りに行くのがめんどくさい。

このままやるか。




ここでは投げ釣りくらいしかやる人がいないだろうから、コマセを撒いても、チヌが寄るのに時間がかかるだろう。

ま、初めての渚釣りだし、経験を積む意味でじっくりと勉強じゃ!







ひたすら打つが、何も来ない。

シンボウじゃ!






だが、何も来ない。

付けエサはすぐに取られるから、エサ取りがいるのだろう。

フグかもしれんのう。

ウキを感度のいいものに替える。

が、状況変わらず。

ん~、こう何も来ないと、疲れが倍増するのう。




昼から合流するはずの、ナニパクが様子見にやってきた。

徹夜明けだそうで、しばらく車の中で寝ると言う。

まあ、渚釣りは午前中で終わりにするから、夕方に備えて休んでくれ。





20170909008.jpg

日もどんどん高くなり、海の中がよく見えるようになってきた。

・・・浅い・・・ウキ下は1ヒロで十分だな・・・

あいかわらず、何も来ないので、なんとなく惰性で竿を振る。

コマセも遠投していたが、今度は真逆をやってみるか?

寄せてくる波に打ち込み、コマセを引き込んでもらおう!

それ! べちゃ! くちゃ!

ほとんど足元2mほど先の砂に打ち込んでいるようなものだ。

それを波が洗って、沖に向かってさらって行く。




が、変化なし。

あ~あ、ここには魚がおらんのか~?


ぼしゃん!

うお! 波打ち際で魚がハネた!

ボラか!

よく見ると、ボラが右に左にウロウロしている。

お~、ボラが寄ってきたら、チヌが来るはずじゃ!

あさイチは、遠く沖の方で跳ねていたボラが、今は波打ち際でジャンプする。

コノシロではない。


偽チヌ師さんが、こちらにやって来る。

「はぁはぁはぁ、ち、チヌが、チヌが寄ってきましたぞ! はぁはぁはぁ」

見えるんですか!

ええのう~、こっちはボラしか・・・


ん?


んん?


んんん~?


お、おるではないか! チヌが!


4~5枚が、岩の回りでうろうろしておる!


まさに波打ち際、波が崩れる所の、少しだけ深くなっている、すぐそこに!

と言っても、ひざ下あたりの水深で、非常に浅い。

ここは少し岩が混じった海岸で、コマセを打った場所の先に、大きめの石がある。

その回りにコマセが効いているのか、目測30~40のチヌが数尾うろついているのだ。


こ、これは釣らねばなりませんな!


寄っては来るだろうと思っていたが、こんな波打ち際にまで寄って来るとは!

付けエサを替え、ウキ下を浅くしたり、這わせたりするが、喰わない。

どうやっても、付けエサを喰わない。

ちくしょ~、投網を投げた方が早いか!




寄ってきておるのだが・・・なぜ喰わんのだ。

見えている魚は釣れない・・・コレかのう・・・



日も高くなり、だんだん気温も上がってきた。

暑いのう・・・

そろそろ上がるかのう。



「チヌはすぐそこに見えてるのに、喰いませんな。」

「でも、これでここにチヌがいる事がわかりましたな。」

「これだけ寄せられたのだから、次は釣れますな。」

「時間の問題ですな。」

ワハハハハハ!


よう釣らんのに、もう釣った気分で納竿するのだった。

岩井でナニパクのオススメするラーメン屋に立ち寄り、マリンスポット釣吉へ。


明日のオキアミブロックを買っておかねば。



午後につづく




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

ゴマちゃん #-

元名(o゚Д゚ノ)ノ

防波堤には、何度かお邪魔したことがあります。
防波堤先端でも、浅いですが、外海に向かって根が張りだしています。
春ののっこみ場所として防波堤から南にかけての海藻地帯との話を耳にしました。

渚釣りはまだ未経験ですので、次回期待して待ってます。

2017.09.18(Mon) 16:34 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ゴマちゃん

こんにちは。
初めて、渚釣りをしてみました。
ちゃんとチヌが寄って来るのを、実証できました。
釣れませんでしたが(^^;
釣り方を工夫すれば、まだまだたくさん釣り場がありますね、房総も。
こういう海岸だらけですな、内房は(笑)

2017.09.19(Tue) 13:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑