10月13日 伊豆半島 下田沖磯 石取根

2017.10.17(Tue)

明日は伊豆半島の下田沖磯に乗る。

昨夜から偽チヌ師さんとナニパクが行っておる。

今日、偽チヌ師さんは、ダイワのグレなんちゃらに出るはずだったらしいのだが、悪天候で延期になったそうな。

そこでナニパクと合流し、石取根に乗ったらしい。

足元には、巨大なイスズミ様がたくさんおられたようだが、楽しめたそうな。

また明日も乗ると言うので、私も参加することにしたのだ。




20171013001.jpg

深夜のヤマテツでオキアミブロックと付けエサを買う。

遅かったせいか、女将ではなく、オヤジだった・・・




2時に田牛(とうじ)の港に着くと、誰もいない。

港の駐車場の一番奥に車を停める。

ここは喜一丸の出船場所だ。

喜一丸は、乗りたい磯を、駐車場奥の車の客から聞いていく。


ただ、下田沖磯へは他の渡船も行くため、好きな場所に乗れるかどうかはわからない。

磯の前に各渡船が並び、合図で一斉にチャカ付けするので、乗ったら素早く荷物を受け渡し、釣り座を確保する。

競争なのだが、私はあまり好きではないため、人の多い時は行かないようにしている。

今日はならいの強風予報、あまり客がいないだろう。


シートを倒して仮眠しようかと思ったところに、スギさんが到着した。

しばらく外でダベってから、仮眠に入った。

が、すぐにフラッシュの光が顔に当たる。

見ると、ナニパクがこちらを盗撮しておる。

先日、自分の腹出し写真を撮られたお返しらしいが、ワシはあんな恥ずかしいカッコでは寝んぞ(笑)





20171013002.jpg

式根島でご一緒したTさんも到着し、釣り前の期待に満ちた会話がはずむ。

・・・徹夜になってしまった。

5時過ぎに船長とムスメがやって来て、リクエストを聞いていく。

悪天候のためか、客は我々5人と、単独釣り師さんの、計6名。

全員が石取根に乗る事となった。





20171013003.jpg

昼頃から、ならいの強風になるので、本場にチャカ付け。

偽チヌ師さんとナニパクは、田牛向かいに向かう。





20171013004.jpg

二人は昨日、ならい角に乗ったようで、朝イチは田牛向かいでやるつもりらしい。

私は石取根に初めて乗ったので、うろうろと見回って釣り座を探す。

単独釣り師さんは、チャカ場に入っていいかとみんなに聞くので、どうぞどうぞ、お好きな場所にと、気持ちよく会話を交わす。

ハナレは、潮が上がると戻れなさそうのでパス。

すでに途中は被りまくっている。

どこでも竿を出せそうなので迷っていると、スギさんがルアーを投げて、一投目で何か釣り上げた。





20171013005.jpg

お、ワカシですかな。

早いですな。

ちなみにレインスーツを忘れたそうなので、私のを着ている。

ちょうど2着持ってきていたので、使ってもらったのだが、体が大きいのでパツンパツンですな(笑)

ルアーロッドを持って、フラフラと放浪の旅に出かけて行った。

その後、ヒラスズキも上げていた。

ヒラスズキ2本目はサメにやられたそうだ(^^;





20171013006.jpg

私は単独釣り師さんの隣、本場のハナレ向きに釣り座を取る事にした。

そちらに仕掛けが流れるかもしれないのでスイマセンと言われるが、逆の潮になるかもしれず、お互い様ですね、と笑い合う。

こういう挨拶が最初にできると、一日、気持ちよく釣りができますな。





20171013007.jpg

さて、ここの様子はわからんが、小物を狙いに来たのではないため、離島仕様で針は大きめのを使おう。





20171013008.jpg

あっちゃこっちゃコマセを撒いても、狙いがボケるだけなので、左のサラシ元にしぼる。

向こうに見えるハナレからいいサラシが出ているが、手前のサラシが大きくて強いため、道糸が流される。

手前のサラシを起点にするしかなさそうだ。





20171013009.jpg

すぐにイサキが釣れだす。

もったいないが、今日のお土産リストから外れておる。


本日のお土産希望リスト

1.ええもん

2.もっとええもん

3.デカくて、もっとええもん




20171013010.jpg

ポイじゃ!


が、その後も延々とイサキが続く。

偽チヌ師さんから、ナニパクが良型のアカハタを連発しているとの情報が入った。

明日は料理屋に持ち込んで宴会をしようかという話になる。

なら、少しはイサキもキープせねばなるまい。

型のいいものだけ選ぶ事にした。





20171013011.jpg

それにしてもイサキばかりなので、少しタナを深くするため、針を重いヤツに変える。

するとイサキよりも、重い引きの魚がかかって来る。

が、すぐサメにバツンバツン持って行かれる。

2mくらいの太ったサメが、目の前をウロウロしている。

お隣さんもヤラレているようだ。





20171013012.jpg

思い切って強引に上げると、ナンヨウカイワリだった。

ちくしょ~、こんなええもんをバクバク喰いやがって~

ササヨには見向きもせんくせに~

ええもんから喰っていくサメに腹が立つ。


そのうち、風が強くなって、雨も降ってきた。

バチバチと大きな音を立てて、雨粒がフードをたたく。

か、帰りたい(^^;

が、時計を見ると、10時。

まだ5時間弱もある・・・





20171013013.jpg

釣り上げた魚を吟味し、明日持ち込む種類を相談する我らが変態釣り師たち。

もっと変わったもんを釣らねばなりませんな!





20171013014.jpg

針をもっと重くしてみるか。

サラシの横から、サラシの下に差し込んで行く。





20171013015.jpg

海面は荒れ荒れなので、ラインを見ていると、スーッと入って行き、上げるとアカハタが付いていた。

小型だが・・・アカハタはナニパクがすでにたくさん確保しているので、これは家へのお土産にするか。





20171013016.jpg

遠投してラインを張り、表層を狙うと、ダツが来た。

そういえば、これ、食った事ないのう。

小骨が多くて、ウマくないと聞いたが、料理屋に持ち込んでプロに料理させてみるか?





20171013017.jpg

相談して、持ち込みパックに追加した。





20171013018.jpg

「もう十分じゃないですかな。」

「これにキープしたイサキを追加しますからな。」

「食いきれませんな。」

「この大きいアカハタ、量ってみたら、1キロ超えてましたわ。」

「カンパチとナンヨウカイワリもありますし、高級魚の宴になりそうですな。」

「ナニパク改め、ナニハタ先生と呼ばねばなりませんな。」

「お土産釣りには、先生を連れて行かねばソンですな。」

「いや、まったく。」


ワハハハハハ!


相変わらず磯でうるさい変態たちであった。





20171013019.jpg

風が強くて、こちらに避難してきたナニパクが、足元を狙っている。

アカハタ量産か!

と思ったら、黄色くて太長いヤツが浮いてきた。

それも・・・いつか持ち込むか(^^;





20171013020.jpg

スギさんとTさんも、風から逃げて、右本場に入っている。

あれ?偽チヌ師さんはどこに入っているのだろう?





20171013021.jpg

ん?

斜面の高い所に何かが・・・





20171013022.jpg

寒いんかい!

どうやら強風にさらされ続けて、凍えたらしい。

風を避けて、くぼみで縮こまっておる。



そんな田牛向かいはどんな場所なのか、見に行ってみる。





20171013023.jpg

白波が立ち、しぶきは強風で飛ばされている。

こ、これは竿を出せんのう(^^;





20171013024.jpg

振り返って見ると、こちらは風裏の右本場。

ここでしか竿を出せませんな。





20171013025.jpg

反対側の裏本場に行くと、風が強くてまっすぐ立っていられない。

これはたまりませんな。




釣り座に戻り、回遊魚でも狙うかのう。


追い風に乗せて仕掛けを遠投し、表層から中層までを狙う。


バリバリバリッ


グモン! ジーッ! ブチッ!


ヒラヒラ~


おのれ~、ええもんらしき魚は、全部サメに持って行かれるではないか!


バリバリバリッ


グモン! ジーッ! ブチッ!


ヒラヒラ~


またかい!

今日はサメで、ウキ4個飛ばしたわ!


バリバリバリッ


うりゃああ~!


強引に竿を立てて、思いっきり魚を引っ張る。


うおおお~! サメが追いかけてくる~!


ずりゃああ! ぴょ~ん。


ビトン! ビチビチビチ!





20171013026.jpg

思いっきりゴボウ抜きして、やっと上げられた。

40のカンパチか。

サメの野郎、こんなええもん食いやがって~!

もう少し型が大きければ、上げられんな。





20171013027.jpg

ん?

偽チヌ師さんが復活したか。





20171013028.jpg

今度はスギさんかい!





20171013029.jpg

何はともあれ、修行のような釣りを楽しんだのであった。


帰りの船は揺れに揺れ、潮を被りまくるので下の船室に入ったのだが・・・短い時間にもかかわらず、船酔いしてしまった。

船長とムスメ(?)が釣果を聞いて、ゴミを回収する。

喜一丸は何度も利用しているが、分け隔てなく釣り人に接する態度は好感が持てる。

人気の渡船である理由もわかるような気がした。

さて、温泉に入って帰りますかな。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

Mです。 #IAVMaDNA

こんばんわです。

雨の中お疲れ様でした。風邪引かないで下さいね。
しかし石取りの周りはサメが多いですね。
折角の良い釣り場なのに残念です。

2017.10.17(Tue) 21:36 | URL | EDIT

ゴマちゃん #-

高級魚が沢山ですね♪
アカハタは、まだ食したことはありません。
クロダイ釣りで、布良漁港に行ったときに、船釣りが出ててるって人懐っこい見物人かり詳しい人から話を聞いたことがあります。


釣り船の船長でした(笑)

2017.10.18(Wed) 22:42 | URL | EDIT

すぎ #-

お疲れ様でした

修行でしたね...
カッパありがとうございました(*^^*)
アカハタにカイワリ、ごちそうさまでした~(*^^*)
ヒラスズキは...あげな~い(笑)うまかった~(*^^*)

2017.10.19(Thu) 13:57 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mさん

こんにちは。
そんなに動き回っていないのに、けっこう疲れてました。
帰りに温泉入って、道の駅でちょっと横になったら、7時間も寝てしまいました(^^;
しかしあれだけサメがいると、釣る気が失せますね~
やりとりを楽しむどころか、強引にぶち抜くしかありませんね~

2017.10.19(Thu) 16:06 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ゴマちゃん

こんにちは。
アカハタ、さすが高級魚です。
ダシはよく出るし、身はウマいし。

人の船に乗ると、船長はどんなとこを見るんでしょうね(^^;

2017.10.19(Thu) 16:10 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

スギさん

こんにちは。
カッパ、水漏れしませんでしたか?(^^;
もう5年使ってますので、そろそろ寿命ですわ。

あれだけヒラスズキがうまいうまいと言っておきながら・・・(笑)

2017.10.19(Thu) 16:14 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑