FC2ブログ

10月27日 伊豆半島 下田沖磯 神子元島 沖青根

2017.11.04(Sat)

27、28日は、偽チヌ師さんと三宅島へ行く予定だ。

超大型台風21号は、23日には通り過ぎる予報。

「台風が通り過ぎた後で、ちょうどいいですな。」

「しばらくコマセも入ってなくて、お魚は腹を空かせてますな。」

「まさに入れ食いチャンスですな。」

「クーラーじゃなくて、向こうで発泡を買わねばなりませんな。」

「どれだけ持ち帰るか、選ばねば大変ですぞ。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!




台風22号が発生し、三宅島釣行は流れた。







20171027001.jpg

気分は離島だったので、久々に神子元島へ行く事にした。

まだ台風22号の影響はあまり出ていないのに、予約人数は9人と少ない。





20171027002.jpg

朝5時半頃、手石港よりブラックエンゼルに乗る。

初めて神子元島に渡る偽チヌ師さんが、夜明けの空に向かってハアハアしておる。


この船は、やたら速いので、あっという間に神子元島に到着である。





20171027003.jpg

今日はならいの強風となる予報。

風を背にできる場所に乗りたい。

ブラックエンゼルともう一隻の神子元丸で磯割しているのだが、今日はワシらの船しか来ていない。

という事で、沖青根をリクエストした。





20171027004.jpg

4人が下りたのだが、2人はすぐに青根の方へ陸伝いに歩いて渡る。

今は干潮だが、潮が満ちたらこちらに戻れないが・・・あっちで撤収するのだろう。


さて、私も沖青根は初めてだ。

偽チヌ師さんと一緒に、うろうろと全体を見回る。

強風とうねりがあるため、安全を取ってチャカ場に二人並ぶ事にした。





20171027005.jpg

私は竿を右手で持ち、偽チヌ師さんは左手で持つ。

並ぶ時は、私が右で、偽チヌ師さんが左に位置した方が、竿が離れる。

1.5mほどしか体が離れていないから、逆だと竿でチャンバラする事になってしまう。


さて、ここの潮はどんな流れですかな?

仕掛けを投入して、流れを調べる。





20171027006.jpg

少し沖を右から左へと流れる本流があり、手前から潮がそちらに引かれている状態だ。

足元の磯ギワの潮は、キワに沿って流れている。


私の右後方に入った人のコマセが効いているのだろう、右の海面を見ると、たくさんの魚が、その人に向かってホバリングしている。

しかも小さいヤツばかりが(^^;

足元にコマセを入れると、小物がわらわらと沸いて出てくる。

その下を、尾の黒い巨魚がうろつく。

めまいがしそうになったので、私は引かれ潮から本流へ流す釣りに専念する。





20171027007.jpg

偽チヌ師さんが釣り座を離れて撮ってくれた写真だが、こういう位置関係だ。

後ろの岩にもたれて、竿は楽竿ライトにかけ、右手の指でラインをパラパラと出して行く。

なんというナマケモンの釣り!

「これは楽ですな!」

「風も後ろからで、ほとんど隠れてますな。」

「右手の指しか仕事してませんな。」

「ラインを出すだけですからな。」

「これで座れたら天国ですな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!


荒磯は男の釣り場だと言い切る人にとって、まさに堕落そのものである。





20171027008.jpg

で、釣れるのはイサキ。





20171027009.jpg

真正イスズミ・・・





20171027010.jpg

ナマケモンには、こんなイサキしか釣れんのであった。





20171027011.jpg

偽チヌ師さんは、足元から仕掛けを入れ込んで、竿を曲げて遊んでいる。


「おおもんが上がりませんな。」

「さっきからデカいのにブチブチ切られてますな。」

「イサキはポイしてますが、いいですかな?」

「今夜のおかずだけでOKですから、いりませんな。」

「ウマくてデカいのが1尾あれば十分ですからな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!


のんびりと時間は過ぎて行くのであった。


昼を過ぎてから、本流が激流に変化した。

今まで、パラパラパラと出ていたラインが、パラララララに変わる。

150mのラインをすぐに流し切ってしまう。

200mのスプールに替えようかと思ったのだが、めんどくさい。

スジと深さで探ってみる。





20171027012.jpg

針は重いのに替える。

ウキは0号、オモリを貼り付けて浮力を変え、いろいろと試す。


不自然に出て行くラインに竿を立てると、何かがかかっている感じだ。

バシュ!(海面から飛び出す)

ペチッペチッ! くるくる~ ペチッペチッ!

回転しながら海面をスキップして上がって来る。





20171027013.jpg

今までで一番小さいイサキか!

激流でこんなん釣ってどうするのじゃ!


もう少し深く入れて流すか。

竿先の弾力がジャマになるので、仕掛けに竿を向け、リールからダイレクトにラインが出て行くようにする。

大きくラインメンディングをしながら流していくと、100mを超えたあたりで他の流れと当たる場所がある。

その付近でパラララララと出て行くラインが、激しく飛び出す。


バラララララ!





20171027014.jpg

どの場面か定かではないが、偽チヌ師さんが撮ってくれた写真だ。


大して暴れないが、激流もあって、重い。

ゆっくりと引き寄せて来ると、ん? メジナか。





20171027015.jpg

今日初めてタモを入れる。

後ろにもたれながらやると楽だのう~





20171027016.jpg

40クチブトであった。

「今夜食べますか?」

「ん~、クチブトなら30センチ台がいいですな。」

「じゃあ、オナガを釣りますかな。」

「そうですな、いりませんな。」

「またすぐに釣れるでしょうな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!


ポイッ


バチアタリな2人であった。



もう少し沖側を流してみるか。


バラララララ!


今度はさっきより軽いが、やけに暴れる。





20171027017.jpg

30数センチのオナガだった。

「オナガの小型ですな。」

「オナガなら、40を食べたいですな。」

「そうですな、いりませんな。」

「すぐに釣れるでしょうな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!


ポイッ!



同じスジを流して、ラインが残り少なくなってきた130mほどの場所で、またも指をはじかれる。


バラララララ!


む。

今度は今までとはレベルが違う。

なかなか寄って来ず、流れの中とはいえ、かなりの引きだ。

竿を立ててゆっくりと楽しみながら少しずつ寄せる。

沖青根の端っこあたりに寄せて来た時、さらに暴れる。


ヤバイの~、と思った瞬間、ブチッ!


うおおおお!


今夜のオカズがあ!


6号ハリスが口元で切れていた。


「今のはデカかったですな。」

「間違いなく今夜のメインディッシュでしたな。」

「オナガに飲まれたんですな。」

「まあ、また来るでしょうな。」

「40オナガは2人では食いきれませんな。」

「1尾で十分ですな。」

「すぐですな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!




その後、何も来なかった。






20171027018.jpg

午後2時、磯上がり。


今夜のオカズがあ!


手石港に戻り、まだ午後3時前なので入間へ向かう。

今日はグレマスターズ地区予選の最終日。

もう終わったかのう。

港に到着すると、もう車もほとんど残っていない。

入間荘に入って行くと、日吉丸の渋谷船長が何やら工作をしている。

今日の結果を聞くが、船長には情報があまり入っていないらしい。

しばらくダベりながら、明日の出船を聞くと、出られそうだと言う。

じゃあ、また明日の朝、と別れて、車で走り出す。

日に焼けた黒い顔の人物がバッカン持って歩いているのを見かけ、窓から呼びかける。

「太郎さん!」

八丈島で何度もお世話になった、S.太郎さんであった。

車を降りて今日の結果を聞くと、ほんのわずかな差で、船中2番だったそうな。

むう・・・上手な人でも、トーナメントは難しいんですな。


「今度はよろしくお願いしますね~、教えて下さいね~」

と言って別れた。

実は来年の1月、スギさん、太郎さん、式根島で一緒だったAさん、Tさんの5人で、五島列島へ行く事になっている。

今から楽しみだのう~


さ、今夜は偽チヌ師さんに予約して頂いた宿で酒盛りじゃ。

今から向かうと、ちょうどいい時間だろう。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

楽竿さん、たくさん釣ってたのにキープゼロでしたな〜!2日釣りの一番の楽しみは夜の宴!
オカズ確保は計画的に!ですな!笑

2017.11.06(Mon) 18:41 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
まだええのが釣れるじゃろう。
そう思って、ポイポイしたのが裏目に出ましたな(^^;
キープしてからポイせねばなりませんな。
少なめにしないと、処理に時間がかかりますから、難しいですな。
とりあえず、40はポイしてはいけませんな(笑)

2017.11.07(Tue) 17:03 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑