FC2ブログ

11月17日 南伊豆 入間 追手

2017.11.26(Sun)

16日は爆風のため磯へ行けず、岸からチヌを釣った。

幸運にも、久々にチヌの顔を見る事ができた。

明日は風もやむ予報だ。

入間の日吉丸に電話すると、渡船を出すと言う。

よし、今夜はゼイタクをするか。

コンビニで肉まんを2個買う。

ほんとはピザまんも欲しかったのだが、まだ蒸してる最中だったのだ。

次のコンビニで、野菜たっぷりタンメンを買い、レジで温めてもらう。

最近、セブンイレブンのラーメンやうどんが美味しい。

レンジで加熱するだけなのだが、なかなかよく研究されている。

キムチチゲうどん、濃厚味噌ラーメンなんかも、好きである。

え? これがゼイタクかって?

そう、温かいものを食べられるだけでゼイタクなのである。

伊豆半島西南部の街道沿いには、気軽に入れそうな食堂がないのだ。

入間手前の下賀茂から松崎までは、コンビニもなかったと思う。

日帰り温泉にも入りたいが、日が暮れて真っ暗な道を進むなか、そういう看板を見つける事もなかった。

今日は汗もかいてないし、フロはいいか。

マヒした鼻には、両手に残るダンゴ臭を感じる事ができないのであろう。




下賀茂の道の駅に車を入れ、明日の準備をする。

竿ケースの竿とタモ枠を入れ替える。

明日は1.5号のファルシオンと、1.7号のプロテックを使うか。

タモ枠は、今日はボラを予想していたので50センチを使ったが・・・同じでいいか。

洗いものが増えるのはメンドウだ。

磯バッグの中身も変える。

リールは今日のデスピナを外し、新旧ハイパーフォースを入れる。

ライジャケのポッケは道具入れにしてあるため、ここの針とハリスも、磯用に交換する。

タバコも補充し、クーラーボックスに飲み物も入れる。

昨日の夜、あおき釣具で買ったオキアミブロックは、35Lのクーラーに入れてある。

これを取り出し、磯バッカンに入れる。

まだ凍ったままだ。

明日の朝には、柔らかくなっているだろう。

もう一度、明日の道具をチェックしてから、トイレに行き、歯磨きをする。

運転席に寝袋を広げ、中に入ってからファスナーを閉める。

今夜はビールを飲まない。

冷え込みが厳しく、深夜にトイレへ行くのがメンドウなのだ。

仲間とラインの会話を楽しみ、エンジンを切って寝袋に首まで入ると、昨夜までの睡眠不足も手伝って、すぐに落ちてしまった。




スマホの目覚ましは、午前4時。

7時間以上も熟睡してしまった。

這い出した寝袋を丸めて後ろに放り投げる。

ドアを開けると、冷えた空気がフリースを通して肌に刺さる。

トイレで小便をし、温水が出る蛇口で顔を洗う。

車に戻ってエンジンをかけ、エアコンの設定をデフロスターにする。

フロント、窓のガラスが結露して真っ白になっているのだ。

エンジンが温まるのを待ちながら、パンとおにぎりの朝食をほおばる。

冷たい食事をとりながら、すぐ近くのコンビニで温かいものを買えば良かったと、少し後悔した。



昨日、ババをしておらんから、ここで出した方がいいな。

なんせ、ここのトイレは温便座、温水ウォシュレットなのだ。

もう一度トイレに行き、無理矢理ババを出す。

このトイレは、人感センサーが付いており、人がいない時は照明が消える。

じっとしていると真っ暗になるため、時々両手を頭上で振って、センサーに感知させなければならない。

顔を真っ赤にしながらいきみ、頭上で両手を振る。

なかなか出てこない。

息継ぎをしながら、少しずつ腸の奥からババを直腸へと導く。

「ふんむ! フリフリ・・・フリフリ・・・(手を頭上で振る)・・・ ぷはぁ~!」

おお、もうすぐ頭が出て来そうだ!

「ふむ! フリフリ・・・フリフリ・・・ぷはぁ~」

ひょいっ

ああ! またババ頭が引っ込んだ!

おのれ~、ワシの努力をムダにしおって~


数十年も同じ事を繰り返している。

家ではそんなに苦労する事もないが、時間に追われている時に限って、ババが私を悩ませる。

昨日はあまり食べてないし、こんなもんか。

少しだけスッキリし、道の駅を出発し、入間へ向かう。

20171117001.jpg

昨日までの爆風がウソのようにやみ、磯釣り日和である。

少しうねりは残っているが、明日からはまた天気が崩れる予報。

悪天候の合間を狙って来た釣り客で、日吉丸はにぎわっている。


む! イカン!


船に乗り込む前、腹痛の波が!


2度ババか!


さっき、尻栓を抜いたばかりなので、あまり猶予がない。

船に乗り込み、指が真っ白になるほど手すりを握り、必死に耐える。

一応船長にはババ磯を希望した。

他の渡船客を先に下して行く。

頭はババでいっぱいになっており、どこに下したか、覚えていない。





20171117002.jpg

最後に、常連のOさんと一緒に、追手(おて)に下りた。

さすが船長。


ここには、「喜びの谷」があるのだ。





20171117003.jpg

足場から後ろが広大であり、一緒に乗った人からは遠く離れた場所。





20171117004.jpg

赤島方面には、まったく人影がない。





20171117005.jpg

絶壁と広大な追手との間に、その谷はある。





20171117006.jpg

これが「喜びの谷」だ!


5mほどの高さがあり、道もないため、100年は人が入らないであろう、隠れ谷である。

追手の磯から一段低い足場があり、沖側からは完全に隠れている。

押し寄せる波もなく、ゆっくりとパンツを下す事が可能だ。

終わった後は、その辺に落ちている木の棒で、ババを谷に落とせばよい。

今日はゲル状のババだったので落とせないが、カニやフナムシのごちそうとなるであろう。

また、雨が降ると、谷に流れ落ちる事であろう。

そのうち、喜びの谷では、トウモロコシやスイカの収穫ができるに違いない。

追手は磯釣師のパラダイスなのだ。

メジナもいい型が出るし、言う事なしの、一級磯である。





20171117007.jpg

お花畑を歩くがごとく軽い足取りで戻って来ると、すでにOさんは釣りを始めていた。

小型中心ではあるが、メジナがよく釣れるという。

入間でしょっちゅう顔を合わせるため、先日ラインを組んだ。

が、示し合わせる事もなく、今日も一緒になったので、あまり意味がなかったかもしれない。





20171117008.jpg

さて、今日も先日と同じコマセにしてみよう。

とにかくよくメジナを寄せてくれた組み合わせだ。

遠投もきく。





20171117009.jpg

チャカ場に釣り座を取った。

うねりがあり、けっこう波が荒い。





20171117010.jpg

これ以上右に行くと、波しぶきを全身に被る事になる。

ここが限界だろう。





20171117011.jpg

今日は先日と同じ、ファルシオンの1.5号に、新型ハイパーフォースの組み合わせ。

お魚とのやり取りに、スットブレーキを試すのだ。





20171117012.jpg

先日、おもしろいようにかけてくれた、この針を使おう。

サラシも強いし、このくらいの重さが必要だろう。



この釣り座は、沖に沈み根がある。

そこを乗り越えたうねりが、サラシとなって思いっきり足元に当たって来る。





20171117013.jpg

その流れにコマセを打ち、仕掛けを流して足元にぶつけると、小型のメジナが喰いつく。





20171117014.jpg

流れのゆるい場所は、キタマクラだ。





20171117015.jpg

沖からのサラシと足元のサラシがぶつかるカベのラインでは、少し型が上がる。

むう。

これは流れをよく調べてみんとイカン。

沖からのサラシが足元のサラシとぶつかるが、そのカベの下をくぐった潮が、足元に当たり、左へ流れる。

左からもサラシが沖へ出ているのだが、その下を潮がトンネルのように抜けて行く。

表層と中層が、ほぼ直角の別の流れを作っている。

ウキを沈めてトンネルを流すが、イマイチ型が上がらない。

途中で足裏サイズが横取りするのだろう。



左のトンネル出口にダイレクトに入れると、小型が喰ってしまう。

では、沖から放射状に流れている潮に乗せて、左のトンネル出口付近にぶつけてやるか。

軽い仕掛けでは入って行かず、途中で足裏に持って行かれる。

ガン玉の位置を変えながら入れるも、まったく同じ。





20171117016.jpg

水中ウキを付けて、もっと沖からぶつけてやると、やっとタモ入れサイズが上がった。





20171117017.jpg

手を変え、品を変えて探るが、これ以上のサイズが来ない。

中途半端な場所では、エサ取りにやられてしまう。





20171117018.jpg

浮いて来るヤツを狙うと、ショゴが来た。

まあまあのお土産になるサイズなので、キープする。

もう少し大きくなると、体高も出るのだが・・・


かなり強い当て潮なので、少々釣りにくい。

足場を変えるか。



前半のババ描写のせいで長くなったので、ここで一度筆を置く。

今日はサイズアップを狙うのだ。


つづく





応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

通りすがり #-

ババ回はいつも気合いが入ってますな(^ω^)

2017.11.28(Tue) 00:31 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

通りすがりさん

こんにちは。
ババについては、書くことがいっぱいありますから(笑)
終わった後は、心機一転、フレッシュな体で釣りができます。
不安を抱えたままでは、釣りに集中できませんから(^^;

2017.11.28(Tue) 12:10 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

釣果はどうだったのでしょうか

磯でのばば対策は大事ですね。事後は濡れティッシュがお勧めです!

2017.11.30(Thu) 07:02 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

こんにちは。
磯でババをしたくないのは、誰しも同じですね。
でも、急な腹痛はどうしようもありませんね。
せめて気持ちよくできるよう、工夫せねばですな(笑)
私はトイレに流せる赤ちゃん用おしりふきを使ってます。
快適です!(^^;

2017.11.30(Thu) 14:47 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑