FC2ブログ

11月17日 南伊豆 入間 追手(後編) 

2017.12.01(Fri)

チャカ場から、追手の右端に移動した。




20171117019.jpg

渡礁した時はしぶきが上がっていたが、少しおとなしくなっている。

ここらあたりの足場は、初めてだ。

沖からの流れが追手にぶち当たり、左から右へ流れている。

さっきまでの足場とは逆の流れだ。

難しい所から簡単な場所に移動したつもりなのに、目論見が外れた。

こちらは沈み根がボコンボコン入っており、地形は複雑。

危険だが・・・おもしろそうだ。

左からの流れに、仕掛けを乗せるのが基本だろう。

足元にコマセを撒くと、はるか右遠くまで効きそうだが、そこから取り込むには手前に根が多すぎる。

私のウデでは、オオモンを上げられる確率はかなり低そうだ。

ならば、近場に入っている沈み根回りをネチネチと攻めてやるかのう。





20171117020.jpg

とりあえず、足元と正面沖にあるデカい沈み根の間を、フツーに流してみる。

と、すぐにウキが入り、強烈に暴れる。





20171117021.jpg

くわっ!

引きを楽しませてはくれるが、欲しい魚ではない。


では、同じ所を、ズドンと沈めて、底にあるワレメあたりに・・・





20171117022.jpg

ぐおっ!

そうだろうの~、おるわの~、まだこの時期は。

というか、1年中おるな。





20171117023.jpg

では、ガン玉を外し、針も軽くして、繊細な釣りをしてやろうではないか!





20171117024.jpg

う~ん、さっきのショゴよりだいぶ小さいので、ポイじゃ。





20171117025.jpg

どこが繊細な釣りだ!

メジナはどこにおるのじゃ!


む!

沈み根と沈み根の間をサラシが抜けて行く・・・あそこを狙えばいいのだな!?





20171117026.jpg

むう~ん!

これが連発するではないか!

では、そこにダイレクトに入れ、サラシのもう少し先で、なじませたらどうだ?





20171117027.jpg

おまえが待ち構えておるのか!

おのれ~、「いかにも」という場所では釣れんという事か。

よし!

では、ウキをなくす覚悟でやるか!



おまえらの出番じゃ!

上州屋でカゴに入ってバラ売りしている400円くらいのウキに交換する。

・・・せこいのう・・・


ふふ・・・コイツは「0号」だ。

が、「B」のガン玉を付けても沈まん、丈夫なヤツじゃ!

他にも、デタラメな浮力表示のウキがゴロゴロあるでよ。(ジマンにならんだろうが!)


そんなやつに、浮力調節用の丸いナマリ板を貼って、0号に近い浮力にしてやる。

よしよし、これでウキがトンでも、叫ばなくてすむわい。

たくさんあるコイツらを、有効活用してやらんとのう。

浮力表示を信じて買い、裏切られたワシの気持ちじゃ。

ほれ、右に遠投してやろう。

ぴゅ~


しばらくラインを張り気味で流すと、竿先にゴンと来た。





20171117028.jpg

こんなサイズではあるが、狙い魚だ。

でも、デカいのがかかれば、こちらまでは持って来られないだろう。

やはりこのへんの見える範囲だな。


右の沈み根に、潮が当たり、左右に分かれている。

あれに流してぶつけてみるか。

手前から仕掛けを入れ込み、沈み根に近づける。

ほれ、そろそろ引っかかるで~

引っかかってみい・・・ほれ・・・ほれ・・・

む・・・沈み根に沿って流れるのう・・・まだ引っかからんのか・・・

ピュンッ





20171117029.jpg

来たわ!


む、なかなかよう引くではないか!





20171117030.jpg

おお~、35はあるのう~

やっぱり特攻せんと、ええのはかからんのう!




ん?

エサ取りの姿が消えた・・・

足元にコマセを撒いたら、マイクロエサ取りがうじゃっといたので、めまいがしていたのだが・・・

サラシの合間に見えていた、あれだけ沸いてたエサ取りがいない。

チャンスじゃ!

足元に仕掛けを入れると、いきなりウキを引き込む。





20171117031.jpg

おお!

よう引くのう!

左の張り出しに突っ込むなよ~!





20171117032.jpg

さっきのと同じくらいのサイズじゃ!

うれしいのう~

50のタモ枠なので、40はないが、35はあるのう。


よし、足元じゃ。




それから何度も入れるが、反応がない。


むう・・・ウキもコレだし、引っかかってもええから、あの入れ込み方でやるか。

足元にコマセをバシバシ打ち、サラシのタイミングを利用して、引っかかり覚悟で仕掛けを入れ込む。

最初はサラシに弾かれ、二度目にうまく入った瞬間、


ズドン!





20171117033.jpg

こ、これじゃあ!

何度も突っ込むのを、必死に耐える。

ラインは絶対出さんで!

ファルシオンが大きくしなり、足を曲げて上下に動く。

スクワットがツライ!


少しすると、魚が浮いてきた。

メジナじゃ!

今までにない巨体が、真っ白なサラシに浮いて、波にもまれる。

これはオオモンじゃ!

た、タモ!

上下に大きく動く海面とサラシで、なかなかうまくタモに入らん。


スカッ!





20171117034.jpg

うおおおおお~!


外れたあ!





20171117035.jpg

チクショー!


お清めじゃあ~!


もうあまり時間がない。

お清めもしたし、最後のチャンスじゃ!





20171117036.jpg

・・・ここでお前か!


海中を見ると、またエサ取りがうじゃっと沸いている。

終わった・・・





20171117037.jpg

潮だまりにキープしておいたクチブトが、寄り添っている。



昨日のチヌもあるし、お土産は2枚でいいか。

1枚を逃がして、〆てウロコと内臓を処理し、磯上がりしたのであった。





20171117038.jpg

今回はいいお土産ができた。





20171117039.jpg

上はチヌ、下はクチブトだ。

家族で食べたが、チヌの減りが速かった。





20171117040.jpg

鍋に入らないのでチヌを2分割して塩でしめ、ネギとエノキを乗せて、酒蒸しにする。

それに熱したごま油を、じゅ~!とかけて、中華風蒸魚にした。

食卓に出すと、娘と息子が、すぐに食べてしまった。

骨回りに少し残った身を食べると、ウマい!





20171117041.jpg

次に同じ調理法でメジナを出すと、これはハシが進まないらしい。

食べてみると、チヌとは味が違う。

ん~、脂の乗ったチヌにはかなわんか~

メジナは違う調理法の方がいいみたいだ。


皮がパリパリの、ムニエルの方が良かったか。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑