03月12日 伊豆半島 入間 川吾

2013.08.13(Tue)

朝起きて、朝食はカップヌードル。 廊下に電子レンジと電気ポットがあるので、弁当でもよかったんだけど、この季節やはり温かいものでお腹を動かし、船に乗るまでにトイレに行っとかないと、また昨日のように・・・

準備万端整って入間荘を出て、荷物を軽四の荷台に載せて、船に向かいます。 今日は天気も良く、波も穏やかで、日吉丸も6人の客がいます。

出船して、もう一人の釣り人と、沖磯に二人で下されました。 川吾という所らしいです。

もう一人の方は、何度か乗っているようで、ここはナギでないとなかなか乗れない一級磯との事。 回りの海底の様子を、どこに根があるかとか親切に教えてくれました。

見晴らしがよく、しばらく景色に見とれていました。
岸の方を見ると、昨日乗った加賀根の表側が見えます。

20130312001.jpg

その左の方には、追手から見えていた、たたみ根が見えます。

20130312002.jpg

沖に向かって、潮が右から左に緩く流れていて、もう一人の方は右の潮上の方から始めます。

20130312003.jpg

ちなみにこの方、上物狙いですが、この後イシダイを釣り上げます。 陸に上がって測ったら、なんと64cm、5.4kgでした。 私がタモ入れしたんですが、重くて一人で持ち上がりませんでした。 釣り上げた彼の竿、1号ですよ・・・ハリスは2.5号・・・
私は左側、沖に向かってチャランボを設置します。

20130312004.jpg

沖に見えるのは牛根で、石物狙いの磯との事でした。

私のいる左側と、もう一人の方の右側の間に少しくびれがあり、時々そこから波が上がってきます。 確かに、少し荒れると、とても乗れる場所じゃないなと思いました。

Bのウキにジンタン打って、ウキ下をいろいろ変えてもアタリなし。 仕方ないので、後ろを向いて、チャカ場に仕掛けを入れると、左にすぐ流れて落ち着きません。
足元へ仕掛けを入れるために、ウキもガン玉も2Bにして落とし込みました。
すぐにウキが沈んで、アワセると、おお、引きます。 右の角に回り込まれながら、なんとかタモ入れすると、40cmの口太でした。

昨日から連続して40cm台のメジナが釣れてうれしい~

同じように仕掛けを投入していると、今度は35cmの口太が釣れます。 なかなか調子がいい!

と思っていたら、その後ぱったりとアタリが止まります。 ウキ下を変えたり、流れに乗せたりしてもダメでした。

そうこうしているうちに日吉丸が、向かいに見える加賀根から磯替えの人を一人乗せてきました。 ベストにチーム名、本名を刺繍してある、見るからに上手そうな人です。 この人を、仮に丸山さんとしておきます。

丸山さんは私の後ろに入ったんですが、すぐに35cm前後の口太を連続して釣り上げ続けます。

すごいな~、と思い、どうやっているのか聞きました。 初心者が遠慮している場合ではありません。
私は大学から東京に来たのですが、もともとは西の出身。 釣り場で他の人にいろいろ聞くのに抵抗はありません。 関東で釣りをやってて感じるのは、ほとんどの人が、「よく釣っている人に話しかけて、教えてもらわない」ことです。 横目で見ているだけです。
もちろん、西も東も教えてくれない人はいますが。

丸山さん曰く、「あなたの釣り方を見ていると、チヌの人ですね。」
ええ、そうなんです、もともとチヌですから。 で、磯は初心者なんで、今の釣り方を聞くと、親切に詳しく教えてくれました。

コマセを広範囲にばら撒き、その流れの中に仕掛けを遠投。 今日はウキ下を竿1本。 小さめの針に小さめのオキアミ。 水中ウキを付けてラインを多めに出しておく。 沈み根の付近に来ると、ウキが沈むが、放っておくと、出したラインが走るから、そこでアワセる。
口で説明しながら、実演するんですが、まったくその通りにウキが沈み、ラインが走り、アワセるとメジナが上がってきます。
すごい! 完全にパターン化しています。

この季節の口太にのみ、通用する手だそうです。 尾長は、こうは行かないとの事。
君もやってみなよ、と言われたので、マネしてみることに。

水中ウキを持っていなかったので、ガン玉付けてハリスを2ヒロ取り、少し沈めたところからハリスを漂わせる、というふうにして仕掛けを投入しました。

ウキが一瞬で消え、アワセると、きっちりかかっています。 タモ上げすると、38cmの口太でした。
教えられたとおりに釣る事ができたので、すっごくうれしい!
丸山さんも、「ナイスサイズ!」と喜んでくれました。 ありがとうございます!
一人で釣りに行っても、こういう交流があると、楽しいです!

陸に上がり、入間荘で船長を含め、数人でだべっている時もいろいろ参考になります。

しかし、これまで地磯で苦労していたのに、沖磯だとこんなに違うとは。

他の場所もいいんでしょうが、ここに通うことに決めました。 船長も親切で面白いし。

20130312005.jpg


35cm未満はリリースしたので、これだけですが、家族4人ではとても1日では食べきれないので、十分です。
チヌは塩焼き、メジナは刺身と煮付け、味噌汁にしておいしくいただきました。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑