12月14日 南伊豆 田牛 大根

2017.12.30(Sat)

「この間は、中3日で釣りへ行きましたな。」

「疲れが抜けんうちに、また釣りですからな。」

「中年の回復力では追いつきませんな。」

「今回は、中5日ですぞ。」

「それだけあると大丈夫ですな。」

「復活ですな!」

ワハハハハハ!




よせばいいのに、休みがあると、つい釣りを入れてしまう。

そんな2人で、また伊豆を目指す。


当初は、乗った事のない西伊豆の磯へ行こうかと話していたのだが、沖磯は波でダメらしく、沖堤防なら渡すと言われ・・・

ごつごつした岩に乗らないと、満足できん体になってしまった我々は、田牛を目指したのであった。

入間はキビシそうな天候だったので、パスだ。

さて、いつものようにあおき釣具で夜出しのコマセをピックアップし、ヤマテツで付けエサを買う。

車は順調に流れ、まだ日付が変わらないうちに田牛港に到着した。

ナニパクから、今夜は流星群が見えるとのライン連絡が入る。





20171214001.jpg

「お!ほんとに流れてますな!」

「また流れた! けっこう見えますな!」

「流れ星に願い事をしなければ!」

「これで明日はウハウハですな!」

「中年男2人で、じつにロマンチックですな。」

「いや、まったく。」

ワハハハハハ!


星の流れる晴れた空のもと、オッサンの欲望がうずまく海辺であった。




20171214002.jpg

ぐっすりと眠った夜明け前は気持ちがいい。

冷え込んではいるが、出発前の釣り人たちの熱気をさますほどではない。

今回は沖磯ではなく、地回りにしようと決めていた。





20171214003.jpg

我々2人だけが、大根に下りる。

前々から色々とウワサは聞いていたので、一度乗りたかった磯ではあるが、初めての場所だけに様子がわからない。

偽チヌ師さんと場所を見て回る。





20171214004.jpg

む!

他に誰も下りんと思ったら、これが原因か!

どうやらフグが沸いているようだ。





20171214005.jpg

フグの死骸の近く、東側に飛び出している足場のいい場所に、偽チヌ師さんが釣り座を取った。

今日は西風の予報なので、風裏になるここがいいらしい(笑)

先日の加賀根水道の足場といい、ヌクヌクとした場所を選んでおる。





20171214006.jpg

今日もこの組み合わせで行こう。

まずはオキアミ2枚に、この2袋だ。





20171214007.jpg

まだ凍ったブロックと、イワシパワーグレスペシャルは混ぜないでおく。

エサ取りが多い場合、この配合粉を使うのはまずい。

フグの死骸を見て、ちょっと不安になる。

様子を見よう。





20171214008.jpg

最初はこんな感じで行くか。





20171214009.jpg

私はハナレの手前に釣り座を取る。

風が吹きさらす場所だが、一番変化のある場所だろう。





20171214010.jpg

美しい朝日に向かって、磯のお清めをする。


悪霊退散!





20171214011.jpg

退散せんではないか!


やはりフグが辺りを席巻しておる。

手前はもちろん、サラシのだいぶ沖へ入れても、フグにやられる。

コマセはずっと一か所に打ち続ける。

こんな所であっちゃこっちゃ打ちまくると、フグが全体にうじゃっと沸いてしまうわ。

なんとかフグの筋を外さねば・・・





20171214012.jpg

やっと見つけたと思ったら、こんなんかい!

べ、別のとこじゃ!





20171214013.jpg

あんまり変わらんのう~





20171214014.jpg

「フグばかりですな。」

「サヨリが押し寄せてますな。」

「海面をサヨリが埋め尽くし、その下にフグの大群が泳ぎ回っていますな。」

「シマアジのシの字も見えませんな。」

「お先真っ暗ですな。」

ワハハハハハ!


とても笑える状況ではないが、笑うしかない。





20171214015.jpg

そんな中で苦労してエサ取りをかわしても、このサイズ。





20171214016.jpg

キワを攻めても、このサイズ。





20171214017.jpg

思い切って、ズドンと深ダナに沈めると、やっとマトモなサイズが来た。

が、30ちょいか・・・

もう少しこれで探るか。





20171214018.jpg

ま、まあ美味しいからキープするか。





20171214019.jpg

おお! なんかええもんかあ!





20171214020.jpg

赤目か!

いい型だし、フグおじさんが喜ぶから、持ってってあげよう。





20171214021.jpg

ムいとるではないか!

そう、偽チヌ師さんが、普通の磯釣師と決定的に違うところは、これだ。

フグをメインターゲットにできるのだ。

どうりで、フグの死骸がたくさんあった近くのここに、足場を取ると言ったわけだ。

「フグしか釣れませんなあ~」

と言いながら、ニヤニヤしているのは、このオッサンくらいのものである。

ついでにサヨリもきれいに処理しておる。



私は普通の磯釣師なので、マネはできない。

もう時間がないが、ここで全く違う釣り方に変えてみよう。

仕掛けを作り直し、最後のチャレンジである。





20171214022.jpg

来たあ!

やっといい型の引きを味わう。





20171214023.jpg

執念の35センチ(笑)

今日の? ここの? 攻め方がやっとわかったような気がする。

もうコマセがなくなり、時すでに遅しだが・・・

まだコマセが効いておるじゃろう。

同じように仕掛けを投入し、なじませてからラインを送り出してやる。



また来た!





20171214024.jpg

今度はさっきより、はるかに重い!

体をエビ反らせ、竿を立てる。

まったく浮かばず、重いまま右手前に少しずつ寄って来る。

大事に、大事にの~・・・間違いなくオオモンじゃ・・・

そ~う、そうそう、ゆっくり寄って来いよ~

ゆっくり、ゆ・・・んん!?


・・・根に入ったんかあ!


海底の地形がわからんがあ!


少し緩めてやると、またグググっと引くので、竿を立てたらブチッ


ぎゃああああ~!



今年はいったい何発切られたんじゃあ~!



ラストチャンスだったのに・・・





20171214025.jpg

納竿の時間となり、急いで魚のウロコと内臓を処理する。

大根は初めてだったが、いい勉強になった。


偽チヌ師さんはニヤニヤしておる。

エサ取りがエサ取りではなく、メインの食材になる釣り師はええのう~




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

フグおぢさん #xm20Dlsk

あけましておめでとうございます(^^)

今年もお世話になりました。ありがとうございます。新年も楽しい釣りができると良いですな!

しかし2017年は沢山の大モンに出会えましたな!(ぜんぶヤラレましたが。爆)
2018年はリベンジしなければならない奴らが多いですな!

2018.01.01(Mon) 12:35 | URL | EDIT

練馬の釣り好き #-

ふぐがさばけるとは!

あけましておめでとうございます。今年も楽しいブログをよろしくお願いいたします。
偽チヌ釣り師さん、ふぐがさばけるとは何者ですか!ただの釣り師では無いと思っていましたがさすがですね。私も基本的に釣った魚は食うのを信条としております。しかしふぐは。。。命が惜しいです。

2018.01.02(Tue) 11:28 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

フグおぢさん

あけましておめでとうございます。
昨年は、やられまくった一年でしたな(^^;
今年はもっともっと太いハリスで、リベンジせねばなりませんな(笑)
また今年も楽しく釣りに行きましょう!

2018.01.03(Wed) 11:36 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

練馬の釣り好きさん

明けましておめでとうございます。
フグおじさんのマネをしてはいけません(^^;
何が何でもオカズを持ち帰る執念は見習わなければなりませんが(笑)
あきらめて別の魚を狙いましょう。
今年は一緒に行けるといいですね!

2018.01.03(Wed) 11:45 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑