釣りに行けん時は!

2018.02.15(Thu)

海が荒れて釣りに行けない。

楽しみにしていたのに、がっかりだ。

腹の立つ低気圧めがあ~!



仕方がない・・・道具の手入れをするか。

五島遠征の最終日に、湯川ジャクが壊れたので、修理に出そう。

渋谷サンスイに持って行ったら、往復の送料を入れたら五千円はかかると言われた。

内田店長に、自分で直したら? と言われたので、持って帰ってきた。




20180213001.jpg

持ち手の尻が取れてしまったのだ。

グリップエンドとも言うか・・・

このままでも使えるのだが、私はヒシャクの尻に、カールコードを取り付けている。

カールコードのもう一方の端は、バッカンに取り付ける。

ヒシャクを海に落としたら釣りにならんので、一応予備をもう一本竿ケースに入れてはある。

が、この湯川杓は1万5千円ほどするので、海に落としたらシャレにならん。

環付きの尻は、絶対に必要なのである。



「オレはヒシャクを絶対落とさない」

という人はいないだろう。

大阪湾の沖堤防に平和卓也プロと一緒に行った時、彼も一度海に落としたのだ。

流されて行くヒシャクを、なんと彼はチヌの仕掛けそのままで釣り上げてしまったのだが、私にはそんな芸当はできない。

平和プロは、コードに仕掛けの糸や針が引っかかると、リズムが狂うので使わないそうだが、私は凡人なので予防するのだ。





20180213002.jpg

くっつけるだけなので、両方の合わせ面をきれいにして、接着すればいい。





20180213003.jpg

金属加工用だが、折れた木の出っ張りを削るだけなので、この砥石を使ってやれ。





20180213004.jpg

出っ張りを削ったら、一応全体を均一にしてやる。





20180213005.jpg

持ち手の方も、同じようにきれいにしてやる。





20180213006.jpg

瞬間接着剤よりも、普通のボンドの方がいいと内田店長に聞いた。

特売の160円のヤツでいいだろう。





20180213007.jpg

でけた!

あとは乾かせばヨシ!

間に黒いスペーサーが入っていたのだが、飛んでしまった。

実用には支障ないだろう。

考えてみると、ヒシャクはフカセ釣りで一番酷使する道具である。

別に価格が高いから、というわけではなく、やはりこのヒシャクは使いやすい。

もう戻れない。

グリップがズレないし、思う所に打てるのが気持ちいいのだ。

「おお! 狙い通りに打てるのう!」

などと、打ってはイケナイ場所にコマセをバシバシ打って、ますます釣れなくして喜んでおる。

使いやすいからといって、たくさん釣れるわけではない。






オキアミブロックから付けエサを取る時、大きめのエサ箱が欲しかったので、買って来た。

これが、買った時のままだと大変使いにくい。





20180213009.jpg

ちょうつがい部分が金属のワッカになっていて、フタを開け閉めするようになっている。

が、この写真のように、きちんと閉まらない事が多い。

ここは金属製ではなく、柔軟な素材を使うべきであろう。





20180213010.jpg

こんなステンのワッカは、こうしてポイじゃ!





20180213011.jpg

このように、中敷きを取りやすいように、ナイロンのワッカが付いている。

これがない製品も多いが、中敷きを取り出しにくく、とても不便だ。

ついでにいえば、これを金属製にしてやれば、もっと取りやすい。





20180213012.jpg

で、このように園芸用のアルミ線を通してやる。





20180213013.jpg

裏は見えないし、適当に結んでやる。





20180213014.jpg

こちら側のフタのフチが動作を不安定にしているので、カッターで削ってやる。





20180213015.jpg

ちょっとイビツになったが、別に何の支障もない。





20180213016.jpg

これで使いやすくなった。





20180213017.jpg

ちょっとタイプの違うのも買って来たので、これも同じように加工してやる。





20180213018.jpg

ラインの結び目を、瞬間接着剤で固定してやる。

リールの巻き替えで捨てるラインを使うので、何となく得した気分になれる。

ぎゅうぎゅうに締めるのではなく、フタを開け閉めしやすいように、少し緩めるのがコツだ。

あまり緩めすぎると、ガバガバになってしまうので、このあたりの調整は個人の好みになるだろう。





20180213019.jpg

今まで使っていた底の浅いエサ箱も、中敷きにラインと金属の取っ手をつけてある。

どちらでも中敷きを取れるのだが、釣り終わって片づける時、やはり金属製の方を持つようになってしまった。

ダイレクトにスポッと取れるので、急いでいる時は何となくこちらの方がいい。

中敷きを取ってきれいに洗わんと、臭くなるからのう。





時間がある時、こういう事をしていると、気がまぎれる。

釣りに行けずにモンモンとしているよりは、ずっといい。

こんなちょっとした事でも自分で工夫した道具は、次に行った時に使いたくてたまらんようになる。

実際に使って、改良点があれば、次の工作の課題となる。

どうすれば自分にとって使いやすくなるのか・・・そんな事を考えていると楽しい。

仕事中だと、もっと楽しい。

え?

仕事中は、釣りを忘れて集中しろ?



・・・ムリ!



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

撒き餌杓好き好き #-

なんかゴムボンドだけではこころもとないっすよ~

もうちょっと補強された方が良いんじゃないっすか~?? せっかくだから(-_-;)

2018.02.16(Fri) 13:48 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

撒き餌杓好き好きさん

こんにちは。
そうですね、安くて簡単にできる方法を他に思いつかなかったもので・・・
弾力のある接着剤がいいと聞いたので、これを使ってみました。
今度はがれたら、また考えてみます。

2018.02.17(Sat) 13:01 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑