2月8日 伊豆半島 熱海 神楽岩・二ツ根

2018.02.20(Tue)

明日は、初めての釣り場へ行く。

熱海(あたみ)だ。

大昔の新婚旅行、少し前の不倫旅行、テレビドラマの殺人事件現場のメッカである。

南伊豆へ通う私にとって、熱海はただの通過地点にすぎなかった。

しかも休日は道路が渋滞するポイントである。

立ち寄りもしなかった場所だし、ここに渡船がある事も知らなかった。

ラインの変態グループ「ミルキング互助会」で、メジナの一夜干しについて話していた時、神津島に通う「人柱ジェネラル」が提案した釣り場だ。

型モンは少ないが、干物にちょうどいいサイズがよく釣れるというので、一度行ってみようという事になった。




20180208001.jpg

車にナニパクを乗せて走り、深夜のあおき釣具でオキアミをこねまわす。

まったく様子がわからない場所なので、とりあえず寒の時期にききそうな配合にしておく。





20180208002.jpg

くくく・・・・コイツも混ぜておこうかのう・・・

どろどろどろ~ん・・・濃いのう・・・くくくっ

釣れ過ぎたらどうしようかのう・・・・くくくっ

暗い土間で、ニヤニヤしながら妄想をする。


少し離れてナニパクが、不気味などす黒い笑みを浮かべてハアハアしておる。

深夜のあおき釣具は危険だ。




家から熱海までは、車で2時間強と、かなり近い。

いつも行く入間などは、4時間半かかるから、半分の時間で到着する。

あとからやって来た人柱ジェネラルと、公園の駐車場で合流した。



ここで「人柱ジェネラル」について記述しておかねばなるまい。

彼は私や偽チヌ師さんと同い年のオッサンである。

磯釣り歴は長く、伊豆半島回りをよく知っているが、今はもっぱら離島にばかり出かけている。

オナガを釣るのが、めっぽう上手いが、昨年からの黒潮大蛇行による伊豆七島の「オナガはどこ行ったあ~!」現象により、下半身と同じく元気がない。

それでも神津島へ出かけるのだが、彼がオナガの型モンを釣る事ができないのであれば、我々が行ってもムダなので、大いに参考にさせてもらっている。

「人柱」と言われるゆえんである。


我々の間では、50オーバーのササヨ(イスズミ)を上げたら「大佐」

60オーバーのササヨを上げたら「将軍」

70オーバーで「元帥」、と出世して階級が上がって行く。


彼は昨年夏まで「将軍さま」と呼ばれていたので、ジェネラルの通り名がそのまま付いているのだ。

そう、「将軍」は、英語で「ジェネラル」というのである。

昨年の9月、神津島でササヨの70オーバーを頭に、60オーバーを12枚も釣り上げたので、本来は「元帥」に昇格しているのだが、それ以降絶不調で、もだえておる。

暴君をそれだけ釣り上げると、さすがに将軍さまのウデも壊れたそうで、病院に行ったようだ。

ササヨ様の呪いだろうと、仲間内ではウワサされている。

ちなみに、私や偽チヌ師さんのブログに「良い子のつよし」という名前でコメントしているのが、彼だ。

ちっとも良い子ではないのが、その内容でバレておる。

今回、熱海の磯は10数年ぶりだとか言っていたが、渡船の手配は彼がやってくれたのだ。




20180208003.jpg

深夜3時過ぎまで、ジェネラルの車の中で酒を飲んで笑い合っていたが、少し仮眠を取ってから早朝6時に目を覚ます。

冷え込んではいるが、これから行く初めての磯を思うと、アドレナリンが湧き出て寒さを感じない。





20180208004.jpg

2分ほど車で戻ると、伊豆多賀港だ。

ここから渡船が出るという。

車を停めたところから軽トラに荷物を乗せて、船まで運んでくれる。





20180208005.jpg

これが今回お世話になる渡船「笑夢良(えむら)」だ。

入間の日吉丸クラスから二回りほど小さい船である。





20180208006.jpg

朝7時に出船し、ナギの海を走る。

南伊豆とは違い、熱海らしくリゾート系の高層建築物が多く見られる。

あまり磯らしい磯は見えないのだが・・・





20180208007.jpg

少し走った沖の、神楽岩という場所に下りた。

沖側に私、陸側の少し大きい根に、ジェネラルとナニパクが下りた。





20180208008.jpg

非常に低い磯で、釣りやすいが、荒れるとすぐに水没しそうである。

ジェネラルが大体の概要を教えてくれたので、とりあえず仕掛けを放り込んで潮回りを調べる。

・・・今はあまり動いてないようだ。

ではコマセを入れて、探りますか!

偏光グラスを通して、海底の地形を把握しようとするのだが、まだ日が昇って間もないため、あまりよく見えない。

足元ではまったく来ないため、少しずつ沖へ仕掛けを入れて行く。





20180208009.jpg

あちらでも釣りを始めたようだ。

すぐそこなのに根が離れていて、お互いに行き来する事は出来ない。





20180208010.jpg

ほ~、その辺にいるのね。

やっと見つけたで~





20180208011.jpg

型は小さいと聞いていたが、ぷっくらと太っておって、ウマそうじゃのう!





20180208012.jpg

釣れるパターンがわかったら、パタパタッと6枚上がった。

どれも同じようなサイズなので、この中からどうやって型を上げるか・・・考えていたら、ジェネラルが叫ぶ。

「場所、変わるよ~!」

え? もう?

船長から電話がかかってきたそうだ。

南からの風が東に変わったので、波を被るかもしれないとの事。

むう・・・これからであったが、船長の判断なので、仕方がない。

道具をさっと片づける。





20180208013.jpg

確かに朝イチよりは、波が出ている。

低い磯なので、チャカ着けせず、飛び乗るのだ。





20180208014.jpg

少し離れた二ツ根という独立磯に下りるらしい。

大きめの岩場で高さがあるため、ここなら多少波が出ても大丈夫そうだ。





20180208015.jpg

てっぺんまで登ると、辺りがよく見える。

陸側は少し浅めで、底が見えているから、沖側に竿を出す事にした。





20180208016.jpg

沖に向かって左にナニパクが入り、私はその横にチャランボを立てる。

ちなみに岩場の白いものは、トリのフンだ。

トリのフンが流れている場所なら、人のフンでもきくだろう。

が、残念ながら今日は腹が痛くない。





20180208017.jpg

右側にジェネラルが入り、釣りを再開する。

彼は久しぶりに細いハリスを使ったそうで、針を結んで引っ張ったら切れたそうだ。

いつもゴツイ糸を使ってオナガばっかし釣っとるからじゃ(笑)



すぐ左にシモリが見え、その先にもありそうだ。

まずは軽い仕掛けで様子を見るか。

コマセを入れて探るが・・・





20180208018.jpg

探る必要もないくらい、すぐに竿が曲がる。

どれも同じような型なのだが、曲がりまくるので、それはそれで楽しい。





20180208019.jpg

ナニパクもジェネラルも、竿を曲げまくっている。

お持ち帰り用の魚を適当にキープしながら、みんなポイポイしておる。


もう十分楽しんでいるので、やはり型を狙うか。

今度は重い仕掛けにして、シモリ回りをネチネチと探る。

が、一転してメジナが来なくなった。

時々フグだろうか、ハリスを切られ、それ以外は付けエサが落ちない。





20180208020.jpg

上がるのはベラだけである。

う~ん、軽い仕掛けで入れ込むと、途中で小型のメジナが喰ってくるから、重い仕掛けでズドンと落とすのだが、そうすると来ない。

タナを変え、針を変え、場所を変えるのだが、来ない。

ここはセオリー通りの釣り方で狙うのが正しいのか?

この季節、入間ではそれが難しいのだが・・・やはり場所によってクセがあるに違いない。

軽い仕掛けに戻すと、またピュンピュン持って行く・・・






20180208021.jpg

午後3時に磯を上がった。

大型リゾートマンションやホテルの沖を通りながら帰る風景は、やはり熱海である。





20180208022.jpg

適当に間引いて活かしバッカンに放り込んだが、こんなにいらないので6枚だけ残してリリースしてやる。

サシミと干物の材料があれば、それでいい。





20180208023.jpg

ナニパクも竿が曲がりっぱなしで、50枚は釣っていただろう。

ほんの一部を持って帰った感じである。





20180208024.jpg

ジェネラルも同じだが、カワハギとウマヅラをキープしておる。

キモだけ抜いてやろうかと思ったのだが、なかなか活かしバッカンから離れないので、チャンスがなかった。





20180208025.jpg

3人並んでウロコと内臓を処理する。

大量に持ち帰ると、これが大変なのだ。


帰りに船長がワカメをお土産に持たせてくれた。

たくさん釣れるし、なかなかいい渡船ではないか。

型を求めて、みな東伊豆、南伊豆へと足を伸ばすのだが、柔らかい竿と細いラインで遊ぶには、とてもいい場所だと思った。



帰りに熱海の日帰り温泉に浸かり、疲れをいやす。

と言っても、近いのであっという間に帰宅できた。

これは楽だのう!



持ち帰ったクチブトは、サシミと一夜干しにしてみた。

脂が乗っており、サシミがウマい!




20180208026.jpg

濃い塩水に浸けて、冷蔵庫で1日乾かしただけなのだが、これがまたウマい!

家族も喜んでくれた。

こんな簡単においしい干物ができるなら、次からはコレじゃのう!




ふふふ・・・タカノハダイも釣れなかったし、これで呪いがとけたかのう。

ジェネラルが「タカノハ4号」になれなかったのが心残りではあるが。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

カナリアブルー #-

久しぶりに多賀の渡船見ました
私も10年前に利用しました
こんな場所でも夕マヅメには40オバーが出るですよね
それにしても一夜干し美味しそうですね

2018.02.20(Tue) 12:58 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

カナリアブルーさん

こんにちは。
昔はこの近辺の渡船が登竜門だと聞きました。
確かに数が釣れるので、楽しいですね。
夕方になると型がアップすると言ってたので、そのつもりだったんですが、船長の都合で3時に上がりました。
メジナの一夜干し、クセになりそうですわ(笑)

2018.02.20(Tue) 15:35 | URL | EDIT

久P #-

ご同輩でしたか。

皆さんご同輩ということで何気に嬉しくなりました。

やはり、関東だと釣りに費やす時間と経費がかかりますね。
九州南部は別天地なんだと実感しました。

2018.02.20(Tue) 17:41 | URL | EDIT

馬ちん #-

こういう釣りも良いですね

足裏サイズのグレの干物は私もよくやりました。直接塩してトレーに並べ、ラップをかけて冷蔵庫に一晩おき、翌朝干物用の網に並べて干す、という簡単な方法を行きつけのお店で教えてもらい始めたのですが、あまりにおいしくてすっかりはまってしまいました。ちなみに20cm以下の小さいのはセゴシにすると最高です。(今仕事で異国にいます。ああ、釣りに行きたい。。。)

2018.02.20(Tue) 18:42 | URL | EDIT

良い子のつよし #3qh1Twic

貴様~🎵

こら~良い子のつよしと本人が言うてるのに悪い子とはなんじゃ~!(笑)東伊豆次は右回りで行ってみよ~🎵多賀のオヤジ俺の事覚えてたなんて嬉しかったな。また行こうね。真ん中で…すなよ!(笑)

2018.02.20(Tue) 20:38 | URL | EDIT

良い子のタカノハ2号 #1WlG1BXk

数釣り

 こんにちは(^^)
 楽しい1日でしたね。
 僕もジェネラルのカワハギを虎視眈々と狙ってましたが残念でしたね(笑)
 

2018.02.20(Tue) 21:51 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

久Pさん

こんにちは。
なぜか同い年が多いですな(笑)
東京は磯釣りにカネがかかりますわ。
特に交通費が・・・時間もかかりますし。
私も地方の海の近くに住みたいもんです。

2018.02.20(Tue) 23:04 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

こんにちは。
チヌはよくやってたんですが、メジナの干物は初めてです。
この時期のは脂ものってて美味しかったです。
平和な釣りで、純粋に楽しめました。
帰国したら、また一緒に行きましょう!

2018.02.20(Tue) 23:43 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

悪い子のつよしさん

「良い子」と思ってるのは、自分だけですな(笑)
おっさんが「子」と言うてはイカン(爆)
次は・・・あそこですな!

2018.02.21(Wed) 00:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

良い子のタカノハ2号さん

こんにちは。
・・・2号は・・・ナニパクか!(笑)
お互い、切られたヤツは残念でしたな。
ま、これからまた美味しい魚が増えますから、期待しましょう。

2018.02.21(Wed) 00:18 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑