釣り魚の宴2018年2月16日

2018.02.26(Mon)

入間で釣りをした後は、入間荘の洗い場でバッカン類を真水で洗う。

これをやっておくと、車も汚れないし、帰ってからが楽なのだ。

すのこ板の上で道具を乾かしている間、船長らと駄弁る。

これも入間での楽しみの一つ。

時には、2時間近くも駄弁る事もあるし、渋谷船長の話が面白い。

その後、洗い場の流しで魚を処理する。

ウロコを打ち、内臓を出すのだ。

たくさんあるので、磯でやると釣りの時間を圧迫する。

しかもしゃがんでやるので、体もツライ。

流しでやると楽だし、2人で効率よく処理できる。

魚をクーラーに入れ、乾いた道具を車に積み込み、出発する。


ここからが夜の部である。

「今夜のメニューは何にしますかな?」

「シマアジが大量にあるので、これが中心ですな。」

「サシミと柚子胡椒焼きにしますかな。」

「ヘダイも片身をサシミですな。」

「フグは香草焼きにしましょう。」

「カワハギは煮付けですな。」

「シマアジも煮付けにしてみますか。」

「ぜいたくですな!」

「いや、まったく。」


ワハハハハハ!

こんな感じで食べ方を決め、途中で調達する調味料をピックアップする。

マックスバリューに寄り、午後5時過ぎにコンドミニアムに到着。




20180216031.jpg

さて、今夜はこれくらいあれば十分ですな。

シマアジ3尾、ヘダイ、カワハギ。

二人なのでそんなには食べられない。

まずはシマアジとヘダイのサシミですな。

これは私が受け持つ。

ええお魚だからの~、いつもより丁寧に作るか!

その間、偽チヌ師さんは温泉に行く。





20180216032.jpg

ん! なかなかウマげにできたのう~

上半分がヘダイの半身、下半分がシマアジだ。

皿に乗らなかったものは、別にする。

煮付けの準備だけして、交代である。

偽チヌ師さんには、フグの香草焼きとシマアジの柚子胡椒焼きをお任せする。





20180216033.jpg

ここは貸し切りでこの温泉が使えるのがいい。

さっぱりして上がると、宴会の始まりである。





20180216034.jpg

「シマアジとヘダイのサシミ、これは最高ですな!」

「タイプが違いますが、口触りもよく、どちらも甘いですな!」

「これは店で食べると高いですぞ!」

「シマアジは養殖じゃなく、天然ですからな!」

「シマアジの柚子胡椒焼き、こんなの初めて食べますわ。」

「普通、こんな食べ方しませんからな、もったいなくて。」

「材料が有り余ってますからな!」

「いや、まったく。」


ワハハハハハ!


「しかし、あいかわらずフグはウマいですな~」

「香草焼きはビールにぴったりですな。」

「この歯ごたえ・・・ショウサイでもウマいのに、赤目はさらに弾力がありますな!」

「ぴちぴちの若い娘みたいですな!」

「もう味わえませんからな!」

「いや、まったく!」


ワハハハハハ!


「お、そろそろ煮付けができましたぞ。」





20180216035.jpg

「シマアジの煮付け・・・普通やりませんな。」

「サシミか塩焼きでしょうな~、もったいないから。」

「おお! これはウマい!」

「ホンマじゃ! これは日本酒ですな!」


ビールから、買って来た日本酒に移る。





20180216036.jpg

「カワハギの煮付けは、もやは何も言う事はありませんな。」

「キモがでろ~んと出てますぞ。」

「魚卵はひかえるけど、キモはムリですな。ウマすぎる!」

「カワハギもデカいと身が固いけど、そのかわり味がいいですな。」

「噛めば噛むほど、味が出ますな。」

「若いのより、歳とった方が、味がありますな。」

「ワシらと一緒ですな。」

「歯が当たると痛いですがな。」


ワハハハハハ!





20180216037.jpg

「フグとヘダイのお頭ですな?」

「このヘダイ、脂が乗ってギトギトでしたからな。」

「やはりシュンのものは、どう調理してもウマいですな。」

「フグも何やってもウマいですな。」

「骨の回りもちゅぱちゅぱやれますな。」

「最近、ちゅぱちゅぱしてませんからな。」

「いや、まったく。」


ワハハハハハ!





20180216038.jpg

酒もすすみ、きれいに完食した。

もう食べるとこないで~


美味しく、そして楽しい宴であった。



8時間ほど、ぐっすりと眠り、翌朝家路についた。





20180216039.jpg

さて、偽チヌ師さんからシマアジを6枚頂いた。

4枚をサシミにする。

ヘダイの片身と一緒に、家族でおいしく頂いた。

余ったのはヅケにして、次の日に茶漬けにして食べた。

ウマいのう~





20180216040.jpg

アラは昆布を入れて、潮汁にしてみた。

なんとも上品な味で、美味しい!

あまり魚が好きではない娘が、だまっておかわりをしておった。





20180216041.jpg

アジの開きがあるのだから、シマアジでもできるじゃろう!

濃い塩水に浸け、冷蔵庫で乾かす。





20180216042.jpg

きれいな一夜干しになったが・・・これはマアジの開きの方が上かも。

シマアジは、素直に塩焼きの方がいい!

・・・シマアジを一夜干しなんて、そんな贅沢な事、普通はせんか・・・



それにしても、今回は美味しいお魚を楽しめたのう~

次はどんなお魚を楽しめ・・・

ん?

・・・なんか忘れてるような・・・


ああああああああ!


アレを忘れておったわ!


サンノジを!



つづく(笑)



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

偽チ◯◯ #xm20Dlsk

楽竿◯め◯さん こんばんわ(^^)
シマアジの開き!なかなか見ないですねぇ。最近は一夜干しがブームですな!次はタカノハで!笑

で、サンノジはどうなったんでしょ?私はあのお魚だけは細胞が拒絶してしまいます。ドキドキ

2018.02.27(Tue) 18:54 | URL | EDIT

馬ちん #-

確かに渋谷船長の話は面白いし、チャランボの件や竿・ウキ選び等参考になりました。あの時間は良いですね!
どの皿もおいしそうですが本職は料理人ですか?次は是非参加させてください!

2018.02.28(Wed) 06:32 | URL | EDIT

子連れのK #-

こんにちは。
釣り場まで車で5分の私よりも釣りしてますね…

一夜干し用も刺身用も煮付け用も、各サイズよく釣れるようになってきました。
是非また三宅へお越し下さいませ。タカノハも大丈夫です!!

2018.02.28(Wed) 16:47 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チ◯◯さん

その伏字は!
いけませんな、中年のイタズラは(笑)
サンノジ・・・もうすぐわかります(爆)

2018.03.02(Fri) 02:04 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

こんにちは。
釣り終わってからの時間がまた長いのですわ(笑)
ほとんどの釣り人は、家に魚を持ち帰っても、だれも調理してくれませんな。
で、仕方なく料理する事になるんですな。
そんな哀しい男どもが、こんな宴会をするんですわ(^^;
いつでも参加ウエルカム!(爆)

2018.03.02(Fri) 02:21 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

子連れのKさん

こんにちは。
そんなところに住んでいる方がうらやましい(^^;
オナガも少しずつ復活してきましたか。
タカノハも大丈夫・・・大丈夫の意味がよくわかりませんな。
いないから大丈夫!
なのか
釣れるから大丈夫!
なのか(笑)

2018.03.02(Fri) 02:35 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑