FC2ブログ

3月30日 南伊豆 入間 タタミ根・加賀根

2018.04.02(Mon)

今回は、偽チヌ師さん、Mさんの3人で釣りに行く。

久々に離島へ行こうかと、神津島を予定していたのだが、ならいの爆風予報でやむなく中止。

入間へと変更した。

Mさんの車に3人分の荷物を積み込み、いつもの道を南伊豆へと向かう。




20180330001.jpg

あおき釣具で、解凍予約していたオキアミを混ぜる。

3人で ズゴ~ッ ズゴ~ッ ハアハア・・・ズゴ~ッ

回りに民家がないからできるのだ。

こんな不気味な音が夜な夜な聞こえて来るとこに人は住めんだろう。


日付が変わったころ、入間の駐車場に到着。





20180330002.jpg

バッカンなどの荷物を下し、後部に寝るスペースを作る。

前席シートを倒し、Mさん、偽チヌ師さんが寝て、後部スペースで私が横になる。

昨日の日中は大変暖かく、半そでだったため、寒くて目が覚める。

体の上に釣りのジャケットやタオルを乗せ、震えながら眠った。

朝5時に起き出し、朝食を食べながら準備する。

今日の日吉丸は我々の他に3人。





20180330003.jpg

昨日までのうねりがまだ残っており、我々3人はタタミ根に下りた。

一昨日、昨日のMFGの大会の様子から、船長がチョイスした場所だ。

全員で散らばり、様子を見よう。





20180330004.jpg

私はタカの隣、低い場所に釣り座を取った。

バッカンを流されないよう、ロープでつなぐ。

海は適度に荒れてサラシが出るが、タタミ根の加賀根向かい側は、意外と潮の動きが複雑だ。

コマセを打っても、単純な一方向に流れるわけではないため、狙いどころが難しい。

予報通り、段々とならいの風が強くなってきた。

軽い仕掛けでは入って行かないため、ガン玉を追加する。





20180330005.jpg

ようやくアタリが来て、33~4センチのクチブトがタモに収まる。





20180330006.jpg

ああ! 逃げたあ!


この時点ですでにならいの風が強くなっており、かなり釣りにくい。

風で竿が右に曲がり、かなりツライ。

帽子が風で飛びまくり、何度も被りなおす。

偽チヌ師さんも風裏に行きたいと言うので、船長に電話をかける。

「せんちょ~、風が強くて楽しくないから、見回りの時に場所替わりたいわ~」

船長「今日乗れるとこ少ないけど、じゃあ早めに行くわ」





20180330007.jpg

Mさんは、この強風に耐えてタタミ根で粘ると言う・・・

そうか! だから「M」なのか!

拷問が好きなんじゃな?


しかし困ったのう~

我々の弱点がバレたではないか!

船長たちは、こう思っているだろう。


ヤツらは風に弱い!
(「大リーグボール2号は水に弱い!」巨人の星ふうに)

「腹痛に弱い」とか、「雨に弱い」とか、「小便の勢いが弱い」とか、じつは弱点だらけなのだが、その一つが船長にバレてしまった!


と、20分ほどして船長が迎えに来てくれた。

悪いの~、風裏のヌクヌクのとこがええわ~


追手にはすでに他の人達が乗っているため、シブト回りに行ってみる。

う~ん、他船の釣り人たちが乗ってるけど・・・こっちは海が静かすぎじゃのう~

ワガママな我々は結局、加賀根のタタミ根向きに下りた。

湾内がいいと思っていたのだが、発生した台風のウネリが入っており、意外と波が高いらしい。





20180330008.jpg

偽チヌ師さんは、チャカ場にそのまま釣り座を取る。





20180330009.jpg

私は少し沖側に移動、さっきまでの釣り座の対面に構える。

風裏ではあるが、回り込んだ風が左右から突風となって吹きつける。

まあ、正面からの風よりはいいか・・・





20180330010.jpg

風でけっこう疲れたので、偽チヌ師さんの差し入れを頂く。

めずらしく絶倫系ではない。


まだまだ時間はあるので、一から組み立てるか。

ゆっくりと右から左に潮が移動しており、足元にコマセを入れるが、エサ取りは見えない。

仕掛けを流すが、アタリが来ない。

ん?海底に、沖へ延びる狭い溝があるな。

これに狙いを絞るか。

ウキ下を調整しながら試していると、ウキが沈む。





20180330011.jpg

おお、よく引くのう!





20180330012.jpg

む!  お前か!

こないだの干物、うまかったのう~





20180330013.jpg

その場ですぐに処理する。

これでええ食材に早変わりじゃ。

放っておくと、破壊力抜群の時限爆弾に変わるからのう。



やはりあのミゾ付近が狙いだろう。

引っかかるのが恐いので、少し浅めにしていたのだが、またもやミゾの上でウキが沈み、いきなり走り出した。





20180330014.jpg

ツッコミはしないが、よく暴れる。

時々、水中でギラッと銀色にまぶしく光る。

チヌか!





20180330015.jpg

41センチのヘダイだった。

先日、めちゃウマかったからうれしい!



活かしバッカンに入れておこ!





20180330016.jpg

底には、サンノジの丸太が沈んでいる(笑)




よし、これでお土産も確保できた。

根がかり覚悟でミゾを攻めてみるか!

風も強いし、ミゾは狭い。

1号ウキに5Bと4Bのガン玉で操作性優先にする。

右から流し、通り過ぎたら引っ張って戻し、またミゾに差し込む作戦じゃ!

ウキ下を少しずつ深くして、何度も流す。

・・・あ・・・ひっかかった・・・

あ~あ、と思ったとたん、ミゾに沿って手前に走り出した。





20180330017.jpg

おわ!  根がかりと違うんかい!


スカッ!


ば、バレたあ!





20180330018.jpg

針が曲がっとる・・・かかり所が悪かったか・・・


しばらく同じ事を繰り返すが、何も来ない。

もう少し深く、もう少し深く・・・





20180330019.jpg

そこまで行ったらアカン!





20180330020.jpg

このタナではないのう~

もっと引っ張って斜めに差し込むか・・・

ほれほれ、もう少しでミゾに ぴゅんっ





20180330021.jpg

まだ心の準備があ!

そのテーブルの向こうはやめてえ~!


ゴリブチッ

ひらひら~


ミゾの手前で喰うんか!

それならそうと先に言え!

よ~し、では同じ方法で入れてやろうではないか。

ほれ・・・ほれ・・・さっきと同じやで・・・喰え・・・喰わんか・・・


喰うたあ!





20180330022.jpg

コイツがあ!


ポイッ

それを見た偽チヌ師さんが、ニヤニヤしながら話しかけてくる。

「あれ? サンノジを干物にしなくていいんですか?」

すでに1枚あるし、処理してたら時間がない。

もう納竿間際なのだ。


思い切ってウキ下を調整し、下のガン玉がミゾに入るくらいまでずらす。

これでミゾに差し込むのじゃ!

引っかかり上等じゃ!

ついでに時々ちょんちょん穂先を引き当ててやる。

ほらほら、オキアミが踊っとるじゃろう?

踊り子さんには手を触れてはイカンぞ?

口を使うのはええで。

オキアミが腰を振っとるじゃ・・・あれ、ウキがちょっとだけ沈んだ・・・

アワセてみるか?

ピシッ


グモモモモー





20180330023.jpg

あらあ~!

ミゾに沿って沖へ一直線!

ゴリブチッ





20180330024.jpg

チクショー!


・・・・・このミゾはムリじゃ!

だいたい、幅が狭すぎるんじゃ!


もう2~3メートル広げとけ!



自分のウデのなさを、ミゾのせいにする。



納竿時間だ。

悔しさでいっぱいの一日であった。

こうやってまた足を運ぶのだろう。


入間荘で船長たちと今日の釣りを振り返る。

ええとこなかったのう・・・


帰りは不覚にも後部座席で寝てしまった。

Mさん、偽チヌ師さん、運転ありがとうございました。

しかし3人で行くと、交通費3,000円ですむんですな!

また行きたいですな!




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

Mです! #Tw4qc13o

お疲れ様でした!

神津島には行けませんでしたが、久しぶりにご一緒出来て良かったです!
向かい風と花粉症で「目」がショボショボでした。
相変わらず優しくないですよね入間の磯は
また行きたくなりました!

2018.04.02(Mon) 23:33 | URL | EDIT

馬ちん #-

惜しい!

針を伸ばした魚、惜しかったですね!返しの形状からボイルグレでしょうか?そうであるならA1鋼の丈夫な針を伸ばすなんてかなりの大物だと思います。
私も風は苦手です。得意な人はいないんじゃないでしょうか?
さんの字は。。。次回試してみます。

2018.04.03(Tue) 13:27 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mさん

こんにちは。
よくあそこでガマンされましたな(笑)
釣果より快適さを取る我々にはムリでしたわ(^^;
入間の磯はイジワルなとこが多いですからな。
また行きたい?
やはりMですな(爆)

2018.04.03(Tue) 17:06 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

こんにちは。
針は、サスガ・グレです。
最近、これ多用しています。
A1の針、以前コッパで曲がったので、それ以来避けてます(笑)
ある程度の風なら耐えられますが、朝から10m以上をずっと耐えるのは、イヤですわ(^^;

2018.04.03(Tue) 17:14 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑