04月01日 八丈島 アシオレ

2013.08.15(Thu)

三宅島の薄木荘で朝4時に目が覚めました。 今朝の東京から来る東海汽船に乗って、八丈島に向かいます。

宿のおかみさんが車で送ってくれたのですが、今日は伊ヶ谷に着くとの事。 いつもは錆が浜か、三池なので珍しい。 港に着くと、乗船案内所は無人で、そのまま桟橋に行くよう、張り紙がしてあります。
車から荷物を降ろして、竿ケースを持ってカートを引いて行きます。

ここでお待ちください、と看板が立っているので、船が着いて乗客が降りるのを待ちます。 御蔵、八丈に向かう乗客はおらず、私一人です。

5時に船が着岸し、乗客が降りても、私には何の合図もありません。 乗る人がいないと思って出発されたら困るので、自分でタラップまで歩きました。

乗船のネット予約を取っていたので、係員にそのペーパーを渡すと、初めて見る書類らしい・・・タラップ渡って船員に持って行き、何やらごにょごにょ話して、二人で首をかしげています。

見たことないんかい!

船に乗ると、席はどこでもどうぞ、との事。 2等和室で横になっていましたが、御蔵島に着くアナウンスで、デッキに出てみました。

初めて見る御蔵島です。 回りは切り立った崖ばかりで、港からつづら折れのような道が上に伸びています。 ちょっと想像しづらい島でした。

9時半ごろ、八丈島に到着。 底土港に、ペンション・ビーチタイムのおかみさんが迎えに来てました。

荷物をビーチタイムに降ろし、釣り道具と、溶かしておいてもらったオキアミブロックを軽四に積んで、エース釣具に向かいます。 配合粉を買わないと。

店主に聞くと、これからの時間なら南原千畳敷に行ってみては?と言うので、その通りにします。

観光客が3人ばかりいるだけのだだっ広い溶岩帯で、駐車場からアクセスは最高です。

右の方に突き出た、アシオレという場所に釣り座を構えました。

20130401001.jpg

向こうに八丈小島が見えます。 海面から4mほどの高さで足場もいい。 こりゃ快適だと、釣り始めましたが、全くアタリなし。 右の方に別の足場があるので、そっちに移ってみました。

こちらも同じくアタリなし。
右のワンドに向かうと、巨岩が沈んでいるのが見えます。 このヘリをなぞるようにコマセと仕掛けを打ち込んでいると、やっとウキが沈みます、ゆっくりと。



引きは強烈ですが、顔はうれしくない、サンノジでした。

20130401002.jpg

夕方まで粘りますが、木端メジナ1尾と、サンノジ2尾だけでした。

ん~、ちゃんと調べとかないと、ポンッと行って釣れるもんじゃありませんね・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑