FC2ブログ

4月13日 しまなみ海道 最終日 大三島フィッシングパーク

2018.05.10(Thu)

起きたらすっかり明るくなっていた。

今日は釣り旅行の最終日。




20180413001.jpg

3泊したこの宿を離れるのは少し寂しい。





20180413002.jpg

表玄関から荷物を運ぶよりも、やはり窓から受け渡す方が楽である。





20180413003.jpg

校庭の隅に、閉校記念碑があった。

かつては小学生がたくさんいたのだろう。





20180413004.jpg

童心に帰って、ゾウに座ろうかと思ったのだが、不気味に思われるのでやめた。





20180413005.jpg

宿を出発し、海沿いの道を走る。

海に囲まれた、釣り人には天国のような島である。





20180413006.jpg

道路には駐車スペースが2か所あり、ここに車を停める。

すでに何人かが来ているようだ。

フカセをしながら、ちょっと横でぶっ込んでおこうかと、釣具屋で天秤を探す。





20180413007.jpg

え? ここが釣具屋?

普通の民家ではないのか!

看板も出てないが、ナニパクが確かにここがそうだと言う。

おそるおそる引き戸を開けると、バアちゃんがいた。

店内は薄暗く、オモリや針、糸などが乱雑に置かれている。

まるで子供の頃に入った近所の釣具屋のようである。

お、この天秤にするか。

が、値段がついていない。

バアちゃんに聞くと、

「この天秤の方がええよ!」

と、値札が付いている別の天秤を勧める。

「そっちのは、岩に引っかかるよ。」

そんなワケないやろ。

・・・値段がわからんのかい!

そんなやり取りを何度も何度も繰り返す。

値札の付いてない商品をちらほらと見かけるが、基本的に付いているモノしかわからんようだ。

ええかげん、コレ売ってくれえ~!

別の場所に、同じものが値札付きで出ていた。

値段がわかったとたん、その天秤を売ってくれた。

なかなかユニークなバアちゃんである。




20180413008.jpg

そんな事をしていると、8時半になり、ゲートが開いた。





20180413009.jpg

ここらは遠浅で、パークは海にかなり突き出る形になっている。





20180413010.jpg

大人は1日1,000円だ。

なかなか立派な施設で、人もあまりいないし、高くは感じない。





20180413011.jpg

受付で料金を払い、水深を聞くと5~10mほどだという。

内向きのイケスに向かっても釣れるようだが、ロープが多いらしい。

引っかかるそうだ。





20180413012.jpg

大きい足場や、このような小さい足場もある。

どこでやってもいいらしいが、やはり今日も流れの中を釣ろう。

ちなみに、この足場の人は、後でいい型のマダイを釣り上げた。





20180413013.jpg

施設の一番奥、先端に向けて歩く。

かなり遠いので、カートを持って来た方が楽である。

常連さんは、みなカートをガラガラと引いていた。





20180413014.jpg

ここが先端の足場だ。

途中でもどこでも釣れそうだが、流すには、ここが一番いいように思える。

他の足場がジャマになるからだ。



用意をしながら潮を見ると、かなりの速度で流れている。

少し岸よりに向かっているが、この流れに入れよう。





20180413015.jpg

コマセと仕掛けを投入すると、いい感じでラインが走る。

あっという間に300mのPEラインがなくなる。

回収が大変である。

流れがゆるくなったりする場所を探すが・・・ない。

300m流しても、まだまだ勢いが衰えず、潮が走る。

針に海草がかかるまで少しずつガン玉を打って調整するが、アタリがない。





20180413016.jpg

またナニパクが楽をしておるな・・・

2人で延々と流すが、何も来ない。





20180413017.jpg

そのうち潮が逆に流れ出し、釣り座の向きを変える。

180度方向が変わっただけで、相変わらず潮が速く、ラインを出し切るまで流す。

「気持ちがいいほど、潮が流れますな。」

「むきエビにしたから付けエサがそのまま帰って来ますな。」

「なんか付けエサが冷たくなってません?」

「冷たいですな。」

「まあ、気のせいでしょうな。」


ワハハハハハ!


後で知った事なのだが、我々が来るまでは海水温が14度ほどあったらしいのだが、今日はなんと11度台まで下がっていたそうな。

「そのうち来そうですな。」

「来ればデカそうですぞ。」

「デカいのは美味しくないからポイですな。」

「40までのをお持ち帰りですな。」

「3枚くらいあれば十分ですな。」


ワハハハハハ!










20180413018.jpg

2人でP.B.をくらい、温泉にやって来た。





20180413019.jpg

多々羅温泉の料金は310円。

JAFの会員はさらに割引があり、銭湯より安い。

中もきれいで、湯船につかって冷えた心を温めた。





20180413020.jpg

温泉で釣れないアカを落とし、しまなみ最後の夕飯を食べに行く。

「くろしお」という店で、タコのコースを頼んだ。





20180413021.jpg

ヒラメの茶わん蒸しを追加オーダーし、タコのサシミ、天ぷらを食べる。

地のタコらしく、弾力のある歯ごたえがおいしい。





20180413022.jpg

タコ飯でシメ、ナニパクと別れる。

これで4日間の釣りが終わった。

釣果は良くなかったが、本当に楽しい4日間であった。





20180413023.jpg

次の日、高松の実家近くのうどん屋へ行った。

子供の頃からある店で、毎日食べても飽きない味だ。





20180413024.jpg

セルフだが、こういう地域密着の店が本来のさぬきうどんである。

コメに次ぐ主食であるから、毎日でも食べられる味になっているのが、住宅街でひっそりと営業している店なのだ。





20180413025.jpg

偽チヌ師さんが通っていた、淀つりぐ店に立ち寄る。

店内2割引きセールをやっていたので、消耗品を買っておこう。





20180413026.jpg

バッカンがそろそろヤバそうになっているので、新型を買った。

今度実家に帰った時は、この辺りでチヌを狙ってみるか。





20180413027.jpg

鳴門も今日は荒れている。

強風で鳴門大橋は2輪通行止めになっているらしい。





20180413028.jpg

往きに乗ったイカダ回りにも、風紋が立っている。




こちらに住んでいれば、周りは釣り場だらけだ。








釣りは趣味に過ぎないが、私にとってなくてはならないものだ。

仕事は生活のベースを作り、趣味は心のベースを作る。

人によって違うのかもしれないが、私にとっては現在の真実である。

この趣味がなければ、どのような生活をしていたのであろうか。

そこには架空の世界が存在するのだろうが、まるで想像ができない。


生きている以上、目の前には無数の選択肢があり、それを絶えず選び続けなければならない。

これからの人生、どこで何をするのが幸せなのか、明確な答えは出せない。

いろいろなしがらみを捨て、もっと単純に生きられればいいと思う。

思うが、なかなかそうは行かない。

ほとんどの人がそうであるように、人生は思うようにはならないようだ。

だが、好きな方向へ軌道は修正したい。

どんな選択肢を選んで生きようと、持ち時間は限られているのだ。

願わくば、少しでも長く釣りを楽しみたい。

そんな事を考えながら東京へ向け、車を走らせた。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

良い子のつよしや! #-

せつなくも、今の時代を生きる。少しの幸せと自分への小さなご褒美で嬉しくなる。都会で働き続け嫌な事でもぐっと呑み込んで生活の為、家族の為に頑張る。何か切なくなりましたそして良い事を書くな~と感心しました。でも、PBやないか!(笑)(笑)

2018.05.10(Thu) 10:34 | URL | EDIT

昼寝と書いて無殺気釣法 #-

 こんにちは。
 4日間色々とありがとうございました。
 釣れませんでしたが、笑いが絶えない4日間でした。
 僕はここ大三島で魚釣りの楽しみと喜び、そして景色と地元のオッサン達と触れあい、東京に無い心のリフレッシュを覚えました。
 この辺でただ竿を出し、自分がその自然の一部になれる一時は大事にしていきたいと思います。
 釣れなかった速い潮で揉まれた美味しい鯛は、楽竿さんにはまた来てください!って鯛が言ってるんだと思います(笑)
 

2018.05.10(Thu) 21:18 | URL | EDIT

久P #-

佳きかな。

小生が若い頃、九州の釣り雑誌には釣りに纏わる紀行文を執筆される先人が沢山おられました。

釣り~そして昔の思い出を綴った記事、見ず知らずの釣り人との出会い。色々と回想し、自ずと照らし合わせて想いを巡らす。そんな魅力的な記事を読みふけっては、こんな記事を書きたいと憧れていました。今現在、ローカルな釣り雑誌等に執筆しておりますが、昔の長閑な釣りの風景・楽しみを伺い知れる様な記事を執筆する様に務めていましたが、昨今はトーナメントを主体にする記事に没頭する余り、忘れかけていた想いを楽竿さんの記事で思い起こされました。感謝致します。

2018.05.11(Fri) 19:03 | URL | EDIT

今ボー #-

今回のシメは情緒的でしたね
釣りは無くてはならない趣味、全くもって同感です。
私も釣りをする時間を確保できるように仕事を頑張ります。
日頃から釣りを楽しんでればPBもたまにはおつなもんですね!

2018.05.11(Fri) 19:55 | URL | EDIT

富山のブンタ #-

H-DAさんとこからきました。
磯ババで一度コメントさせていただきました。
2日目のチヌの刺身を見ると、やはり北陸のチヌの色と違いますわ!
こんなきれいな色してません、なんでやろ?
今回の最後の一説、まじで心に沁みました。
現在人生の岐路に立ち悩んでおりましたが、やはり釣りは欠かせないっす!
なんか、楽竿さんに背中押されたような気がします。
良い記事ありがとうございました!

2018.05.11(Fri) 22:23 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

良い子のつよしや!さん

こんにちは。
ツヨシか!(笑)

PB・・・へへへ・・・PB・・・

ええヒビキやのう~(爆)

2018.05.13(Sun) 14:29 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

昼寝と書いて無殺気釣法さん

ナニパクか!
寝てたのに、よく1時間も他にエサを取られんかったのう(^^;

楽しい4日間でしたな。
人生に何度こんな楽しい旅があるか・・・
また行ってみたいですな・・・本当に。

2018.05.13(Sun) 14:37 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

久Pさん

こんにちは。
釣りの楽しみ方は、人それぞれですから・・・
景色や雰囲気を重視する人もいれば、密集状態で釣果だけを求める人もいます。
トーナメントに魅了される人もいるでしょうし、じっくりとビックワンを狙う人も。
でも準備、計画からワクワクするのは、釣り人全員に当てはまるのではないでしょうか。
みな楽しみに行くのですから。
狙う楽しみは違うかもしれませんが、共通する心情は多いと思います。

2018.05.13(Sun) 14:52 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

今ボーさん

こんにちは。
毎回爆釣だと、すぐ飽きてしまいますよね。
たまにはPBもいいもんです。
と、負け惜しみを(笑)
ホンマはPBなど大嫌いじゃあ~!(爆)

2018.05.13(Sun) 14:59 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

富山のブンタさん

こんにちは。
房総半島、伊豆半島のチヌとも違いますよ、瀬戸内のチヌは。
始終強い流れにさらされているからでしょうか、身がしまっています。
趣味はその人の人生に大きな影響を与えますよね。
山あり谷ありの人生も、楽しめればいいんですが(^^;

2018.05.13(Sun) 15:14 | URL | EDIT

子連れのK #-

おはようございます。
腰の具合はいかがですか?クセにならないようにしっかり養生して下さいませ。
いつまでも釣りができるように・・・

四国で釣りすぎたと聞きましたよ(笑)

2018.05.14(Mon) 08:25 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

子連れのKさん

こんにちは。
三宅へ行った仲間から、アコンで聞きましたな?
ちょっとまだ磯はヤバいので大人しくしています。
キンタローママで夕マズメやりたかったんですが(^^;
釣りすぎてはいませんな、この通り・・・
笑い過ぎたかもしれませんが(笑)

2018.05.14(Mon) 23:16 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.05.16(Wed) 23:06 | | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑