4月18日 竿サバキを教わる

2018.05.15(Tue)

私は、よくバラす。

デカい魚ほど、バラす。

磯を始めるまでは、手に負えないような魚は対象魚ではなかった。

ヘラ、ブラックバス、シーバス、キス、メバル、チヌなどに、怪物はいない。

いるのかもしれないが、出会った事はない。

だが磯は違う。

とんでもない魚が潜んでいる。

磯釣りを始めたばかりの頃は、デカいのをかけるようなレベルではなく、小さい魚ばかりだったから、バラす事もあまりなかった。

離島へ行くようになったのが最大のきっかけではあるが、最近半島回りでもデカい魚に喰わせるチャンスが増えた。

だから、「バラす」事が目立ってきたのだと思う。

もちろん、まだまだ魚に喰わせる技術が足りんが、それ以前に取り込みの技術を上げなければならん。

私のブログに貼ってある写真や動画を見て、上手い人はすぐにわかるのだろう。




かけてからの竿さばきが悪いと!


自分でもわかっているのだ。

磯ではたくさんの魚種が釣れるが、スピードとパワーのあるものが多い。

これが堤防なんかだと、そんなに考えなくていいのだが、磯には「割れ目」「根」がある。

こいつに潜り込んだり、回り込もうとする魚が多く、しかも速い。

小型の魚は、竿の性能だけで上がるし、腕力でも負けない。

ところが、デカいヤツになると腕力だけでは到底勝てず、竿もただ持っているだけでは潜られてハリスを切られる。

「かけたら竿を立てて、竿の性能に任せて浮かせよう」

・・・なんて簡単に行くような場所など、ほとんどない!

足場の右にデカいシモリがあったり、左に張り出した岩のアゴが突き出ていたり、横に走るミゾがあったり、それはそれはもう「イヤラシイ障害物」が無数に存在する。

またデカい魚ほど、そんな場所にいるし、そこへ向かって一直線に走る。


「そっち行ったらアカーン!」


と叫ぶだけで、なすすべもなく潜られてしまう。

手に負えない突っ込みは、竿を持っているだけで精一杯。

へっぴり腰になって、「ああ~、ああ~」とオロオロし、切られる。


これをなんとかせんとイカン!


一番いいのは、自分で試行錯誤し、研究する事だ。

だが、デカくなればなるほど、針にかけるチャンスは少ない。

そういう魚がいる場所へ足しげく通わなければならない。

時間とカネがいくらあっても足りん!




では、中型までの魚を、低い号数の竿で細ラインでやれば・・・などと考えていたら、仲間にやめた方がいいと言われた。


そんな釣りをしていてデカいのが来たら、それこそ切られて終わりだぞ!


それもそうだ。

先日の日振島は、まさにそんな釣りだった事を思い出す。




私の上げた最大サイズは、クチブト、オナガともに47センチ。

ここまでは何枚も上げているが、カベのように「47」という数字が立ちはだかっている。

竿やリールは道具であり、道具を生かすも殺すも、自分のウデ次第。

バラしまくったその数の中に、「47」を超える数値があるのだろう。

そしてその魚を取り込むウデを、私は持っていないという事であろう。



「ミルキング互助会」というライングループを作っているのだが、そこに今の悩みを書き込んでみた。

いつもバカな話や、エロな話題が飛び交っているが、たまにはこんなマジメな話も出る。


「実際に釣って経験を積むしかないが、基本を教えてやる!」


という事で、家へ遊びに行く事にした。


「ツヨシ」だ。


磯釣り歴は長く、60も含めてオナガを釣りまくり、現在はあるチームの代表でもある。

ラインに入って来た当初はマジメだったのだが、私や偽チヌ師さんに染まったのか、最近は毎日ハレンチな事ばかりを書き込んでいる。

率先して書き込む。

内容はここではとても書けない。

このブログにも「良い子のツヨシ」という名で、大変失礼なコメントを書き込み喜んでいる。

同い年という気軽さもあり、ふらっと出かけようかと思ったのだが、夜にオジャマするのだから、家族に気を遣う必要があるだろう。

ツヨシは自分で「磯のキムタク」とか言っておるが、奥さんからは「キムタコ」と呼ばれているらしい。

それだけで力関係がわかったので、奥さん向けの手土産を持って行こう。


女性が喜ぶ、ケーキがいいだろう。

ショーウィンドウを眺め、とてもきれいなイチゴパイがあったので、ソレにする。


女性店員:「お誕生日ですか? プレートに文字を入れますか?」

私:「え?   ええ、そうなんです。じゃあ、お願いします。」


とっさに答えてしまった。





20180418001.jpg

うむ。 なかなかいいではないか。

昨年70オーバーのササヨ(ノトイスズミ)を釣り上げたツヨシにふさわしい。





20180418002.jpg

いい手土産ができた。

開けたとたん、奥さんが「ササヨってだれ!」とツヨシに詰め寄る姿が目に浮かぶが、後は知らん。

竿さばきで何とかしてくれ。



夜、車でツヨシの家まで行く。

にこやかに出迎えてくれた奥さんに挨拶し、ツヨシの部屋にオジャマする。





20180418003.jpg

釣り関係のモノばかりではないか!

ずいぶんと昔から磯ラーになってしまった男の部屋は、こんな感じなのか。

雑談から、すぐに釣りの話になり、核心へ。


魚をかけてからの動きを教えてもらう。

魚が根に向かって走ったら・・・

竿の向きは・・・


ええ~! そうなの!?

逆の事ばかりやっていたような気がする。





20180418004.jpg

ドラグはどうするのか・・・

こういう時はポンピングしてはイカン・・・

ヤバい!と思ったらどうするのか・・・

毎回全部うまく行く事はないけれど、取れる確率が高くなるそうだ。

同じ「ミルキング互助会」スギさんが言う事と共通する事が多い。

2人とも数を釣っているから、経験から出ているワザなのだろう。

スギさんは、40オーバーを4~500キロ釣りなさいと言う。


聞いて頭で理解しても、実際にそう上手く竿を操作できるかどうかは別である。

というか、やってみないと自分のモノにはならん。

これは次から試さねばなるまい。





20180418005.jpg

上物竿もたくさんあるが、ダイワ、シマノ、がまかつの竿のいくつかを、違いがわかるように、曲げさせてくれた。

実際の釣り味はわからないけど、曲がって行く過程がずいぶんと違いますなあ。

しかし竿がたくさんあるのう~

この袋に入ってるの、全部そうなん?

総額でナンボするんやろ・・・え?何?

奥さんには、「全部1本1万円」と言ってある?


大ウソつきがあ!





20180418006.jpg

う~ん、私が使う針とだいぶ違う・・・

彼が使う基本的な仕掛けに合わせているようだ。





「永久に貸してあげるから、これを使ってみな?」





20180418007.jpg

おお! これで竿サバキの練習をせよと!

ありがとう!

私の釣り方を見てると、これが一番合うだろうという。

え? かなり使い込んでいるから、へたって2.2号くらいになってるかもしれん?

ちょうどええですがな(笑)



話は尽きないが、あまり遅くなってはイカン。

今夜はこれでオイトマしよう。





20180418008.jpg

アテンダーを手に入れた。

ありがとう! ツヨシ!

さっそく、これで練習じゃ!

離島へ行くのじゃ!

ハマったらインテッサ買うて~!




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

Mです! #IAVMaDNA

こんばんは!
凄い人なんですね!釣りと普段のギャップが違い過ぎと思うのは自分だけでしょうか?釣りを愛する人に悪い人はいないって言いますしね(^^)

2018.05.15(Tue) 22:05 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

Mです!さん

こんにちは。
口は悪いけど、基本的には陽気で気のいい男ですな。
竿出している時は真剣ですな。
普段は奥さんの尻にひかれてるようですが(笑)

2018.05.16(Wed) 13:27 | URL | EDIT

馬ちん #-

ツヨシさん

ツヨシさん半端ない強者ですね!この歳でこれほどのめり込める趣味があるのは素晴らしいことだと思います。しかもアテンダーをくれるなんてなんていい漢なんでしょう!
さすが楽竿さん、良い友人をお持ちです。2号以上の竿を振ったことがないので今度触らせてください。

2018.05.18(Fri) 12:57 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

こんにちは。
重症の磯ラーですな(笑)
師匠がいいんでしょうな。
面と向かってホメるのは、お互い気恥しいので、ここで書いときます(^^;
馬ちんも一緒に離島へ行ってると、そのうち会えますぞ。
しかし磯釣りをやってると・・・いろんな所で人とのつながりができ、それがまた不思議と知り合いとつながっている・・・そんな事が多いですわ。
世界が狭いんかしら(笑)

2018.05.18(Fri) 16:12 | URL | EDIT

良い子のつよし #-

磯ラ~🎵

ひひひ!楽竿さん、貴方も磯ラ~まっしぐらじや!

2018.05.20(Sun) 17:09 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

良い子のつよしさん

こんにちは。
まだ磯ラーにはなっとらんでえ!
土壇場で踏みとどまらなければ!(笑)

2018.05.21(Mon) 15:01 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑