FC2ブログ

8月21日 隠岐の島 大森島

2018.09.17(Mon)

朝4時に目覚め、支度をして船に乗る。

今日は最終日。

着替えやらが入ったリュックと、島へ持ち込んだオキアミブロック用の大型クーラーも船に積み込む。

少し風があるだけで、台風19号の影響はほとんどない。

九州南部に向かっているようだ。

やはり四国の磯では釣りができなかっただろう。

暗い中、船が磯へ近づく。

荷物を前に寄せ、下ろそうとした時、船長に呼ばれる。

「こりゃイカンな~、エサ釣りは難しいわ。どうする?」

どうすると言われても、さっぱりわからんので、船長にお任せする。


「川になっとるわ~、ハハハ!」(船長談)


で、そのまま下ろされた。(^^;




20180821001.jpg

「釣りにならんかったら、呼んで~」


と言いながら、去って行った・・・





20180821002.jpg

どこじゃ! ここは!

大森島の北とか何とか言っておったの。





20180821003.jpg

後で確認すると、ここらしい。

潮通しの良さそうな、いかにも釣れそうな場所である。





20180821004.jpg

ここの先端の左端に下ろされたのだが、足元の海面は鏡のようになっている。

潮が足元にぶつかって右へすっ飛んでるようだ。





20180821005.jpg

高い所から見ると、右端を少し回り込むように流れている。

これは左に釣り座を取ると、数秒で右に曲がりこんでしまう。

とてもフカセにならんので、右の足場を調べる。





20180821006.jpg

少し明るくなって釣り座を決めた。

ここから流すしかない。





20180821007.jpg

朝日を浴びながら準備をする。

気持ちいい風が吹いているので、今日はパラソルは必要ないだろう。





20180821008.jpg

準備が終わり、朝弁を食べる。

朝飯を抜く人もいるが、私は朝しっかり食べる。

快便の秘訣である。

快便過ぎて困る事も多いが、人の少ない磯へ行くと、そんな心配もない。

クセになりそうな快楽ではあるが、緊急以外の時はなるべくしないように心がけてはいる。





20180821009.jpg

まずはお清めじゃの。

朝日に向かって、日本海へ聖水を飛ばす。





20180821010.jpg

日が差すと、後ろの崖からミンミンゼミが鳴き出す。

こんなところでメスを誘うとは・・・ワシもやってみたいのう。





20180821011.jpg

チャカ着けした場所を振り向くと、ナニパクがジグを投げている。

重いジグは中年の敵だ。

ルアーロッドを長時間振り続けるのは体力的にキツイ。

それで何も来ない時は、さらに疲れる。

やはりエサ釣りの方が、中年男の体にはやさしい。



さ、目の前の流れに仕掛けを乗せるか!


パラパラパラパラ・・・速い・・・

100mほど流すと、そこから円盤が続いている。

ラインの出るスピードが、速くなったり遅くなったりする。

右からの潮とぶつかっているようだ。

軽い仕掛けだと右に弾かれて岸に寄って止まる。

重い仕掛けだと本流に乗ってどこまでも一直線に流れる。

右の引かれ潮が下に潜り、本流の上は右に滑っているようだ。

う~ん、この状況ならカゴの方がいいだろうな・・・

コマセは右に弾かれると効いていないので、何も来ない。

本流も来ない。

だが釣れる。





20180821012.jpg

おブリ様のお子様が!

仕掛けを回収している時に喰いついて来るのだ。

海面を引かれるウキや針を追って、パシャパシャと跳ねてアタックするのが見える。

お兄様やお姉さまを呼んで来んか!

お父様、お母様は呼ぶなよ。

負けるから。




後ろで雄叫びが聞こえる。


うお~っ!


ナニパクが悔しがっておる。

ナブラがあったので、ペンシルを投げたらヒットしたらしい。

初日のとは比べ物にならない引きだったが、バレたそうだ。

イカンぞ!

デカいのを釣らねば!





20180821013.jpg

と、自分はこんなのを釣ってはポイしている。

しかしあまり期待していない。

日が昇ってからわかったのだが、右側は岸から根が浅く張り出して伸びている。

たとえオオモンをかけても、寄せて来られない。

潮の具合といい、フカセでは難しい。





20180821014.jpg

それでも青い空と海に向かって、仕掛けを流すのは楽しい。





20180821015.jpg

300m巻いたPEラインをここまで出すのは、こういう場所でしかできないからだ。

ただ、何も喰わないので、回収がむなしい。

何より疲れる!





20180821016.jpg

流れモが多いので、ウキに引っかかって回収が重いのだ!


本流にうまく乗ると、たまにアタリがある。





20180821017.jpg

カンパチ様のお子様が!

青モンしかおらんのか!





20180821018.jpg

ここは先端部の右端。

左の方がチャカ場で、あまり距離がないけどそっちの方を見に行ったら、コマセを撒いてないにもかかわらず、エサ取りがうじゃうじゃいる。

なぜ上流にそんなにおるのだ!

イカンのう~





20180821019.jpg

聖水も元気がなく、下に垂れるのみである。

昔は斜め上に飛んで行ったもんだが・・・





20180821020.jpg

前下がりの足場なので、とても疲れる。

座って流すが、釣れるモノは同じ。

あまり時間がないが、目の前に見える根を狙ってみるか。

3号竿を仕舞い、1.5号竿に細いラインで仕掛けを組む。

最後に半島回りの仕様でやってみよう。

デカいクチブトでも釣ってやろうではないか!








20180821021.jpg

くわっ!





20180821022.jpg

むおっ!





20180821023.jpg

む~ん・・・





20180821024.jpg

隠岐の島が終わった・・・



魚はいるに違いないが、よう釣らんかった!



昨日、二股島の隣の磯にテントを張って泊まった釣り人3人を回収に向かう。

荷物の受け渡しをしていると、ナニパクが気付いた。

「日吉丸のステッカー貼ってますぞ!」

日吉丸とは、伊豆半島入間の渋谷船長の渡船である。


「楽竿さんじゃないですか!」


と、一人から声をかけられる。

最初わからなかったが、何度か入間で一緒の磯に乗った方であった(笑)

確かフカセだけじゃなくて、ルアーも振ってた方では?

川吾でも一緒で、途中で磯替えしてたような・・・牛根行ったんでしたっけ?

しかし奇遇ですなあ。

こんな遠くの地で、隣の磯に乗ってたとは。

今日の隠岐の島の釣り人は、関東人のみであった(笑)





20180821025.jpg

七類港へ戻り、ここでお会計。

2泊3日、目いっぱい釣りをして、宿泊、弁当、ビールも入れて 31,000円。

こちらの釣りは関東よりずっと安く上がりますな。

入間の常連さんとは、ここでお別れ。

温泉入って、そのまま東京へ向かうそうな。

タフじゃの~、また入間でお会いしましょう(笑)


我々はここで魚を処理して、車を出す。





20180821026.jpg

かめやに立ち寄った。





20180821027.jpg

店で水道の栓を借りて、道具を洗う。

旅先でこういうお店があると、とても助かる。

そのままだと、車の中で腐る(笑)

こちらの道具で珍しいモノを少し買って、宿へ向かった。





20180821028.jpg

まだ夏休み中なので、自炊できる宿は結構満室。

安いゲストハウスにやって来た。





20180821029.jpg

台所で魚をさばき、料理じゃ。





20180821030.jpg

イサキの香草焼き、カワハギとイサキの煮付け、ヒラマサとシマダイのサシミ。

ヒラマサは半身だけで十分な量である。

ほとんどナニパクがキープした魚たちだ。

さすがオカズ釣り師。

私はキープ魚、ナシじゃ!



「今回はキビシかったですな」

「流れの中にエエモンがおりませんでしたな」

「また今度リベンジですな」

「いいシーズンにリベンジですな」

「日振もリベンジせんといけませんぞ」

「リベンジする場所がどんどん増えて行きますな」

「増える一方ですな」

「いや、まったく」


ワハハハハハ!


リベンジせんでええように、釣らんか!



ヒラマサのしゃぶしゃぶがウマかった。





応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

偽おかず氏 #-

 こんにちは( ^ω^)
 非常に楽しく、濃い釣行でした。
 段々リベンジする磯が増えて来ましたな(悔)
 1度目はよしとして、2度目は間違いなくウハウハですな!(笑)
 僕はこの頃、釣りの後、旨い肴の晩酌と爆笑の反省会は必須になってきました。
 また、懲りずに声かけて下さいな(笑) ありがとうございました(^-^)

2018.09.17(Mon) 20:09 | URL | EDIT

馬ちん #-

もしや北の鼻でしょうか?
10年ほど前に口太の48cm(隠岐では大きい方です)を釣った懐かしい磯です。
突然の土用波に荷物をほとんど流され、たまたま近くにいたかなぎ漁の漁師に助けてもらったこともありました。
かつては60cmオーバーのグレやメーターオーバーの大鯛もあがる超一級磯です!
今回はさすがに季節が悪すぎましたか。。。
10月から1月、5月から7月初めが良いシーズンです。是非リベンジを!

2018.09.18(Tue) 14:12 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽おかず氏さん

こんにちは・・・ナニパクか!
新しいとこへ行けば行くほど、増えるではないか!
「うおお~ん!もっぺん来て釣ってやる~!」
泣きながら去って行く場所が!(爆)
宴会がない釣行は、何か物足りなくなりましたな(^^;
次は・・・あそこですな?(笑)

2018.09.18(Tue) 17:56 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

こんにちは。
そんな名前の場所でしたな。
有名な磯だったんですね~

よう釣りませんでしたわ(笑)

良いシーズンは、その9か月間なんですな?

・・・みごとにダメなシーズンじゃないすか、この間は(^^;
次じゃ・・・次にかけるのじゃ!
こうやってリベンジする場所が増えて行く・・・

2018.09.18(Tue) 18:07 | URL | EDIT

良い子のつよし #-

釣れませんように‼️

やはり釣れんかったか。ざまあみやがれ!ひひひ!

2018.09.24(Mon) 12:49 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑