FC2ブログ

12月20日 伊豆半島 伊東 小手石島

2018.12.28(Fri)

くくく・・・ハアハア・・・ズコ~

ふうふう・・・ひひひ・・・ズコ~




20181220001.jpg

気温の低い深夜にもかかわらず、汗を流す中年2人。

それぞれがエエモンを釣る妄想をしながら、ニヤニヤしている。

私は配合粉を混ぜず、オキアミブロックをシャベルで崩すだけである。

重症の2人に比べれば、かなり軽い症状だと言えよう。

明日は納竿釣行。

南伊豆、西伊豆は、西からの強風で渡船が出ない。

そこで以前から話が出ていた伊東の手石島へ渡る事にしたのだ。

川奈から出る「重丸」という渡船に電話してある。

今夜は川奈港まで行って仮眠するのだ。

明日の夜は、川奈のコンドミニアムを予約してある。

釣った魚で忘年会を兼ねた宴会を行う。

美味しい魚を釣らねばならん。





20181220002.jpg

午前6時過ぎ、重丸の前に荷物を出して着替える。

この辺りは、ほとんど風がない。

気温は低いが、初めての釣り場に興奮し、3人ともハアハアと汗ばんでいる。

渡船客は、我々3人の他に2人。

軽く挨拶を交わし、船に荷物を積み込む。





20181220003.jpg

午前6時40分、手石島を目指して船が走る。

大手石島を希望していたのだが・・・





20181220004.jpg

現場へ行くと、網が入ってて釣りにならんと船長が言う。

ぐるっと回って、小手石島という大きな岩に下りた。





20181220005.jpg

我々は全く知らないので、先に他のグループ2人に釣り座を決めてもらう。

彼らは沖に向かって右側に入り、その隣のナニパクの釣り座からは、正面に初島を見る。

私は動くのがイヤで、その左のチャカ場にそもまま陣取る。





20181220006.jpg

左に中手石島、正面に大手石島が見える。

海中はまだ見えないので、日が高くなるまでは足元から探って行こう。





20181220007.jpg

偽チヌ師さんは、みんなの裏側、中手石島との水道出口付近で竿を出した。

サラシがいくつも出ており、それらがぶつかって複雑な流れになっているようだ。

テクニカルな場所にチャレンジするんですな!





20181220008.jpg

コマセを入れ、足元に仕掛けを入れるが反応なし。





20181220009.jpg

少しずつ沖に向かって探り、ようやく1匹。

が、連発しない。

日が高くなるにつれ、海中の地形がぼんやりとわかってきた。

竿1本半までの、あまり深くない場所だ。

大手石島に向かう途中に、おおきな沈み根がある。

あそこのキワに投げてみるか。

コマセはあいかわらず足元だけ。

ゆっくりと潮が動いており、その沈み根をかすめるように流れている。

ちょうどその境目で、ウキが小さく沈んだ。





20181220010.jpg

おお、なかなか引きますな。





20181220011.jpg

む!

50センチのタモ枠だから、40はあるでしょうな。

スリムで長い・・・イマイチ食欲が湧かんが・・・

活かしバッカンに入れとくか。


その後、コッパも含め、30~35センチくらいのクチブトが竿を曲げてくれる。



が、8時頃からアタリがピタッと止まる。


喰って来るのは、





20181220012.jpg

こんなんや、





20181220013.jpg

こんなんだ。


おかしい。

釣れない時間に入ったか。


休憩でもしようかと、後ろの岩に座る。

ふと、かたわらの水汲みバケツに、見慣れぬ影を見た。





20181220014.jpg

た、タカノハダイではないか!


なんで入っとるのか!


これが釣れんようになった原因かあ!


後でビデオを見て、発見した。





20181220015.jpg

偽チヌ師さんが、こそっと私の水汲みバケツにタカノハを入れる場面を!

釣り始めてまもなく彼がタカノハを釣ったのは知っている。

わざわざ見せに来たからだ(^^;

それはリリースしたはずだが、ここにおるという事は・・・2枚釣ったんか!(笑)





20181220016.jpg

タカノハを海にポイしてからまもなく、また竿が曲がるようになった。

やはり先ほどは後ろから呪われておったか・・・


しかし今夜の宴会用の魚を確保せねばならない。





20181220017.jpg

長さはあっても、こんなスリムなヤツよりは・・・





20181220018.jpg

こういうぷっくらしたヤツをキープするのじゃ。





20181220019.jpg

今夜食べる分だけでいいので、ほとんどポイじゃ。





20181220020.jpg

午後1時頃、パタパタと大きな爆音を響かせながら、自衛隊のヘリコプターが3機飛来し、我々のすぐ近くの海面上でホバリングしている。

写真では遠くに見えるが、実際はすぐ上にいた。

しばらくそのまま浮かんでいたが、そのうちどこかへ飛び去って行った。


この時間から、また釣れなくなる。

ヘリの爆音のせいか?


ん~、釣れるには釣れたのだが・・・なんか消化不良ですなぁ~

ナニパクは明日もどこかの磯で釣りをする予定だ。

私と偽チヌ師さんは、今夜宴会して、明日ゆっくりと帰宅するつもりだったのだが・・・

明日もどこかで釣りますかな?


明日は西風もやみ、ならいの微風予報。

西伊豆へ行ってみますかな?

そうと決まれば、さっそく渡船に電話じゃ!



無事、予約を取り付けて道具を片付ける。

重丸は午後2時に磯上がりだ。




キープしたお魚、どれだけ使いますか?

私の活かしバッカンに、3人が選りすぐったお魚を入れている。

・・・クチブトばっかしかい!

カワハギが1枚だけ・・・

クチブトは、こんなにいりませんな、ポイ、ポイ・・・





20181220021.jpg

6枚もあれば十分すぎますな!





20181220022.jpg

渡船が迎えに来るまで、ウロコを打ち、ハラワタを出すナニパクと偽チヌ師さん。

いつもやり慣れているので速い(笑)





20181220023.jpg

手石島、よう釣れましたな~

伊豆半島でクチブト狙いなら、わざわざ南伊豆まで行かなくても、この辺りでよく釣れますな。

春にツヨシと行った、多賀もよく釣れた。

ただ、南伊豆は景観がいいし、釣れる魚種が多い。

何が釣れるかわからない、ロマンを求めるなら、南伊豆だろう。



さて、伊東市街のスーパーで鍋の材料を買いますかな。

白菜、ネギ、エノキをカゴに入れると、自然に3人の足は鮮魚売り場へと向く。

おお、ここは伊豆半島の魚がたくさんありますな!

ナニパクが「キンメ~、キンメ~」とカゴにキンメダイを入れようとする。

偽チヌ師さんが、それを阻止する。

キンメなんて入れたら、クチブト食えんじゃろうが!(笑)

これでガマンせい!

サシミ用に、朝獲れのサバを1匹買った。



川奈のコンドミニアムは初めてだ。

細い道を上って行った先に、それはあった。

これは・・・昔のモーテルか!?




20181220024.jpg

室内の扉は、ミラーになっているが・・・





20181220025.jpg

外からはシースルーになっておる(^^;





20181220026.jpg

風呂場はタイルで、湯船はプレイに適した形状。





20181220027.jpg

昔流行った室内設置型サウナもあるでよ(笑)





20181220028.jpg

ベッドが3つ並んでいるが・・・天井は引き戸が閉まっている。

おそらく鏡になっているに違いない。

本来、ここには回転ベッドがあったのだろう。


今はラブホテルと言うが、ちょっと前まではモーテルと言った。

若い人は知らんだろうが、たぶんその前の時代、「アベックホテル」と呼んだ時代の建物に違いない(笑)

後付けのシンクもあるが、管理棟の台所を使って下さいとの事で、広いプロ用キッチンで魚を処理する。

というか、併設されたレストランの調理もやっているだろう、その主人が、魚も野菜も切ってくれた。

「次に来た時は、釣りだけして来なさい、後はやってあげるから」と、大変親切な、家族ぐるみの管理人(オーナー?)だった。





20181220029.jpg

サバのサシミ・・・釣ったモンではないが、やはり見栄えがいい。





20181220030.jpg

クチブトのハーブ焼き。

ナニパクが持って来た瀬戸内のレモンを絞って頂く。





20181220031.jpg

クチブトのしゃぶしゃぶはメインだ。

鍋には、ナニパクが釣ったカワハギが入っておる。


「ハーブ焼きも、しゃぶしゃぶも、クチブトの皮が・・・」

「皮が固くて、ゴムみたいですな」

「身は美味しいですな」

「これ、偽チヌ師さんが釣った、45センチですぞ」

「やはりクチブトは30ちょいがウマいですな」

「まだ脂も乗ってませんな」

「あと2か月もしたら、ウマくなりますな」

「お持ち帰りは、30台ですな」

「40はポイですな?」

「いや、まったく」


ワハハハハハ!



20181220032.jpg

「シメの雑炊は最高ですな!」

「甘味が強いですな!」

「カワハギのキモが溶けてますからな」

「根魚があれば、さらにウマくなるんですがな~」

「ナニパクがアカハタ釣って、ナニハタになりませんでしたからな」

「オシオキですな」


ワハハハハハ!


「そういう我々もクチブトしか釣ってませんな」

「いや、偽チヌ師さんはタカノハ2枚釣ってますぞ」

「とうとう、タカノハダービーで並びましたな」

「チャンピオンは譲りますわ」

「いやいや、そちらに譲りますわ」

「スギさんがラインで何か言ってますぞ」

「どれどれ・・・キャリーオーバー!」

「ら、来年までキャリーオーバーしたら、チャンピオンはどうなるんですか!」

「2年分の呪いがかかりますな」

「来年は潮のないとこで竿を出すのが恐いですな」

「いや、まったく」


ワハハハハハ!


「明日は3時起きですな」

「まだ7時ですぞ」

「6時間以上寝られますな」

「普段より睡眠時間多いですがな」

「釣りに行って、健康になるんですな?」

「ただ、今日はババが出てないんですわ」

「ワシもですわ」

「明日が恐いですな」

「磯で爆発しそうですな」

「潮上から流してはイケマセンぞ」

「魚さばいたら、レモンのタネが出て来るかもしれませんな」

「スギさんにお土産で上げますかな」

「じゃ、ワシはツヨシんとこに持って行きますわ」


ワハハハハハ!



布団に入った瞬間、記憶がなくなった。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

あけましておめでとうございます(^^)

2018年は年明けの呪いを徐々に解いてゆく一年だったみたいですね。今年は良いスタートきれますように!ですね。
今年もよろしくお願いします。(^^)

2019.01.02(Wed) 08:24 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

あけましておめでとうございます。
2018年のシメは、いい釣りができましたな。
今年は最初から呪われないよう、気を付けなければなりませんな、お互いに!
今年の初釣りは・・・すぐですな(笑)

2019.01.02(Wed) 18:06 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019.01.03(Thu) 12:14 | | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑