FC2ブログ

12月21日 納竿釣行 西伊豆 田子 カド

2019.01.02(Wed)

朝3時起床。

昨夜は宴会後に出発の準備をしてベッドに入ったため、顔を洗ったらすぐに出発できた。

あらかじめ車のナビで西伊豆は田子へのルートを引いておいた。

川奈のコンドミニアムから2時間ほどの距離だが、この時間だ。

もっと早く到着できるだろう。

コンビニで飲み物と朝食、昼食を買って、真っ暗な道を走る。


「昨日、タカノハダービーでトップに並びましたな」

「今日、タカノハダイを釣った方が、年間チャンピオンですな」

「今日は大潮ですな」

「流れが速いですな」

「潮裏に入れたら負けですな」

「初代チャンピオンへの道をまっしぐらですな」

「まかせましたぞ」

「いや、おたがいに」


ワハハハハハ!


絶対、潮裏へ仕掛けを入れるまいと、心に誓った。



予想通り、2時間弱で田子港に到着した。

乗船の準備をして、渡船を待つ。

釣り客は、我々3人と単独の方の4人。

乗る磯は船長にお任せした。




20181221001.jpg

単独の客は雌島の青根、私と偽チヌ師さんは雄島のカド、ナニパクは三本に下りた。


初めての場所なので、よくわからない。

偽チヌ師さんと一緒に、カドをうろついて足場を調べる。

場所はまあまあ広いが、釣り座は2か所だな。

どちらもタイプは違うが、面白そうな場所である。

昨日の小手石島では偽チヌ師さんが歩いて裏へ回り、私がチャカ場で竿を出した。

偽チヌ師さんの、「なんとなく動きたくないオーラ」を敏感に察知。

今日は私が少し上って移動しましょう(笑)

荷物運びを手伝ってもらって、岩を登る。

偽チヌ師さんは、そのままチャカ場で釣り座を作った。





20181221002.jpg

と言っても、ここもチャカ場から10mほどしか離れていない。

横並びなのだが、チャカ場との間には沖に出た根があり、こちらの足場は少し高い。





20181221003.jpg

おまけに右から左へ落ちて行く斜面の途中だ。

ちょうど目の前で、足元左右から出るサラシがぶつかり、沖へ払い出している。

もう少し下にも平らな足場があるのだが、左右の根の中心から竿を出したいので、この場所がベストと判断した。

ほんの少しの距離だが、流す場合の竿の位置が、下の足場だと左過ぎる。


お、右を見ると、雪を頂いた富士山が見えている。

これで釣果も良ければ、最高の納竿釣行ですな!





20181221004.jpg

足元のサラシがハデなので、少し重めの針でやってみますかな。

竿はファルシオン1.5号5m、道糸とハリスはともに2.5号。

まだ海中がほとんど見えない。

0号ウキ、ガン玉なしで投入する。





20181221005.jpg

まだコマセは打たず、仕掛けを入れて流れを調べる。

足元に入れると、サラシに乗って沖へ出て行く。

右手前に入れると、足元のサラシに引かれて沖へ出る。

左手前に入れると、そこで淀んで、しばらくすると左のデカいシモリの沖へ出て行く。

細かい流れは別にして、だいたいそんな感じだ。

沖は右から左へ結構な速さで流れている。

今日は大潮だ。


まあ、普通はこのサラシに乗せて沖へ出しますわな。

コマセを足元に入れ、仕掛けを張ってからラインをフリーに。

沖へ出て行き、右からの流れに乗ったとこでラインをバラララ!と、持って行かれる。





20181221006.jpg

おお、よう引くではないか。

一発目の引きを楽しんでからタモに入れる。





20181221007.jpg

む。 40あるやないの。

こりゃ、上々のスタートですな!





20181221008.jpg

ポイッ!

うう! この40をポイする贅沢さが、たまらん!

まるで女王様にムチでしばかれるような快感が!(笑)




また同じようにコマセを打ち、足元から流す。

沖へ出て右からの流れに乗ると、左少し沖へと向かう。

で、左にはデカいシモリ根があるのだが、その少し沖で喰った。





20181221009.jpg

おお、これもよう引くわ!

あら?


ぐいぐい・・・ぐいぐい・・・イカン・・・張り付かれた・・・

しばらく待ってみたが動かない。

仕方なくラインを持って引っ張ると、針が曲がって帰って来た。


流れはこんな感じである。





20181221010.jpg

沖に出ると、どうしても左へ流れるため、左のシモリがジャマになる。

コマセが効いているのだろう、左のシモリ沖で、何の魚かはわからないが、水面をぴしゃぴしゃ跳ねている。

あの辺で喰うな。

ほんとはもっと流して、デカいのやオナガを狙ってみたいが、ここからではムリだ。

ん~、では右沖へ大遠投して、直接流れに入れてみるか。

浅知恵でやってみるが、仕掛けがなじむのに時間がかかり、やはり同じ場所でラインが持って行かれる。


バララララララ!





20181221011.jpg

うりゃあ~!


思いっきりエビゾリして、強引にシモリからハガす。

途中、1回だけゴリッと手に伝わったが、なんとか上げられた。





20181221012.jpg

さっきの40より少し小さい感じ・・・38くらいか。

イカン。

これでこんな苦労したら、デカいのは取れん!





20181221013.jpg

難しいのう~、ポイッ。


流せば喰うのは確実だが、どうしてもあの左のシモリがジャマだ。

かけた瞬間、シモリに走られる。

う~ん、流れがゆるむまでは、手前で釣るか。





20181221014.jpg

針を重くし、ガン玉で仕掛けを立て気味にしてやろう。

手前にいるヤツが喰うだろう。





20181221015.jpg

サラシから少し出た所で、ウキが入る。

よく引いて楽しいのだが、サイズが少し落ちて35前後のが釣れて来る。

これはこれで楽しいのだが、1.5号の竿にはもの足りない。

もっと柔らかい竿を持ってくればよかった・・・





20181221016.jpg

全部ポイじゃ。


日も高くなって来たので、もう少しこの辺りを探検するか。





20181221017.jpg

偽チヌ師さんのいるチャカ場を、上から見下ろす。

ここもウマげな場所ですな~

さっき何か大きく竿が曲がってましたなぁ~

タカノハ釣ったら、ちゃんと自己申告せんとイカンでえ~(笑)





20181221018.jpg

朝、単独で来た人が隣の雌島の青根という場所に乗っている。

広々として、のんびりできそうですなぁ~


さて、反対側、私の左側も見ておきますかな。

左の沖シモリを避けられる位置かなと思ったのだが、浅そうだ。

で、少し沖でズドンとテーブルが切れたように落ち込んでいる。

いや、あれはデカいシモリ根か?

・・・イカン・・・全部あそこで切れるわ・・・



結局、今の位置以外に、いい釣り座はなさそうに見える。

さて、では再開するかのう。






あれ?

付けエサが取られる。

朝から足元はエサ取りが多かったのだが、ひどくなった。

瞬殺だ。

沖でも取られる。

左の淀みに入れても取られる。

どこへ入れても、瞬殺されるようになった。

流れも少し変わったようだ。

さっきから偽チヌ師さんが、「探検」と言いながら後ろをウロウロしてたが・・・

まさか・・・しゃがんだのか!?

これはイカン。

磯を清めなければ!





20181221019.jpg

これでも喰らえ!





20181221020.jpg

しばらく休むか・・・



普段、ほとんど西伊豆には来ない。

西風に弱く、あまり情報がないのだ。

それだけ人が少なくて、お魚が多いのかもしれん。

田子の磯はよく釣れると、聞いてはいたが、これではイカン。

エサ取りが急に増えたという事は、今やってもキビシそうだ。





20181221021.jpg

メシでも食って、景色を楽しみますかな。

おにぎりを食べながら、潮が反対だったら・・・水温がもっと低い時は・・・

海面を見下ろしながら、いろいろと考える。

妄想と言った方が近いかもしれん。

けっこう、こういう時間が楽しい。







時々、仕掛けを入れてみるが、状況変わらず。


お昼を過ぎた頃、仕掛けの付けエサが帰って来た。

お!

エサ取りが消えた!

チャンスじゃ!



が、アタリもない。





20181221022.jpg

ようやくサラシの先でウキが入った。

久々のアタリだ。





20181221023.jpg

36くらいですな。

ん? これオナガか?





20181221024.jpg

まあええわ、ポイッ


エサ取りが消えたという事は、デカいのがウロウロしてると思うんだが・・・

浮いてるんかな?





20181221025.jpg

針を軽くして、ガン玉なしで0号ウキ。

これでどうじゃ?




ぴゅんっ





20181221026.jpg

おお~、当たったあ~

なかなかええ引きで楽しいですな!





20181221027.jpg

む! 40超えてますな!

これはめでたい!





20181221028.jpg

ポイッ


さて、これが正解ですかな!?





20181221029.jpg

正解でしたな!

完全に浮いてますがな!





20181221030.jpg

なかなか重いではないか。





20181221031.jpg

体高もある40なので、1枚は持って帰りますか。

チャカ場に置いてあるクーラーに、初めてキープした。





20181221032.jpg

こうなれば入れ食いタイム。

40はないが、30半ばの引きが楽しい。





20181221033.jpg

ありがと! ポイッ





20181221034.jpg

むう!

ぷっくらした38センチ!

これも持って帰るか!






20181221035.jpg

おお、これもよく引きますな!

右や左の根に潜ろうとするのを止めるのは楽しい。

ゆっくりと時間をかけてタモに入れた。





20181221036.jpg

そろそろ腕も痛くなってきたし、この40で納竿にしますかな。

まだまだ釣れそうだが、船長には午後2時上がりでお願いしてある。

早めに片づけますか。

今日は納竿釣行。

クチブトの40で締めくくろう!





20181221037.jpg

2018年最後の魚!


ポイッ



今日はクチブトを2枚お持ち帰りだ。

旬の時期に干物などに加工する場合を除き、たくさん持ち帰っても「おいしく」食べきれないし・・・

滅多に釣れない魚などは別だが、いつも釣っている魚は、冷凍しても味が落ちるし、また釣ればいい。

また魚~?とか家族に文句言われると、釣った魚がかわいそうだ。

メジナだって、無尽蔵にいるわけではない。

特に40を超えるのは数がそんなにいないし、磯釣り師にとって「40」は型モノの基準だ。

家族が喜んで食べてくれる分だけでいい。





20181221038.jpg

三本に乗ったナニパクは、もう少しやって帰ると言う。

気を付けての!

お先に~!



偽チヌ師さんも、いい型を上げたようだ。

とても楽しい納竿釣行となった。

2019年もまた、釣りを楽しみたいのう!



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

COMMENT

貧乏神 #-

40オーバーをポイだなんてなんて贅沢な釣行ですか!
針を九の字に曲げた獲物が気になりますね。もしかしたらおいしいお魚かも。
今年は昨年以上に釣行したいと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。

2019.01.03(Thu) 12:18 | URL | EDIT

パティシェです! #sIP7o8NM

明けましておめでとうとこざいます!

2018年の納竿釣行良い釣りで締める事が出来て最高ですね(^^)

西伊豆はなかなか行く機会がありませんでした!良さそうですね!
2019年の釣りも良い釣り、楽しい釣りがしたいですね!
今年もよろしくお願い致します!

2019.01.04(Fri) 12:05 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

貧乏神さん

こんにちは。
前日の宴会で、40超えてるのはイマイチの味でしたからな(笑)
やはり食べごろサイズは、30センチ台ですな。
釣りは予定を立てるだけで楽しいですから、どんどん計画しましょう!
私なぞ、週3回は計画立ててますぞ(爆)

2019.01.05(Sat) 03:19 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

パティシエさん

明けましておめでとうございます。
昨年は、初釣りのタカノハで始まって最悪でしたが、いい納竿釣行ができました。
西伊豆は冬の季節風に弱いから、計画しても行ける日が少ないのも、情報が少ない理由でしょうか。
今年も宴会釣行を楽しみましょう!

2019.01.05(Sat) 03:27 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑