FC2ブログ

日本海へ!

2019.11.06(Wed)

ふ・・・飛島へ行けさえすれば、エエモンが釣れるはずだ。

宿も予約してあるし、あとは天気だけだな!




20191101001.jpg

なんですとお!

風が強くて、波もあるやてえ!

酒田から飛島への汽船も欠航の可能性が高いとか・・・


去年飛島へ行ったのは、もともと粟島へ行く予定を、悪天候で場所を替えただけだったのだ。

だがこの予報だと飛島は危ない。

粟島なら・・・





20191101002.jpg

なんやてえ!

半日で粟島もこんな状況に!

佐渡ヶ島も同じか・・・

この辺はムリではないか!





20191101003.jpg

ん?・・・もっと南に目を向けると・・・隠岐の島なら、ちょっとマシみたいだ。

電話してみるか・・・

昨年の夏に利用した浜吉丸に電話してみると、たぶん大丈夫だという。

で。





20191101004.jpg

この道程が・・・





20191101005.jpg

こうなった。


反対方向ではないか!





20191101006.jpg

夜8時過ぎに東京を出発するが・・・運転の半分以上は同行する東京磯釣クラブで一緒の、若旦那にお願いした。

「飛島は残念でしたな」

「まあ、天候はどうしようもありませんな」

「山形から島根とは、また大きく変わりましたな」

「でも同じ日本海ですぞ」

「今の太平洋側の離島は、水温高すぎますからな」

「日本海には、ササヨがいないそうですからな」

「体力を奪われませんな」

「デカいのが来れば、エエモンですな」

「クーラーは最低でも35リットルですな」

「入りきらなかったらどうしましょう」

「デカいのは写真撮ってポイですな」

「40センチくらいの美味しいヤツだけお持ち帰りですな?」

「いや、まったく」


ワハハハハハ!


皮算用で夢がふくらむのは、ダレと行っても同じである。


トイレと軽食以外はずっと車で走り続け、早朝に米子に到着する。





20191101007.jpg

時間に余裕があったので、途中で釣具屋に寄る。

普段から24時間なのかどうかわからんが、連休なので釣り客も多いだろう。





20191101008.jpg

去年も寄った店で、付けエサと配合粉を買う。





20191101009.jpg

七類港に到着。

そのまま隠岐の島の磯へ向かう渡船は、午前3時前後に出船するが、それには間に合わないので、往きはフェリーに乗るのだ。





20191101010.jpg

まずは待合室で切符を買う。

今回は島前(どうぜん)のエリアだ。





20191101011.jpg

朝9時半に出港するのだが、8時45分~9時の間に、フェリー中部のタラップから釣り道具を運び込む。

自分でここから入れれば、手荷物料金はかからないようだ。





20191101012.jpg

係員にどこで下りるか聞かれ、指示された場所に置いて行く。

車両置き場の外壁に沿って置いて、また外へ出る。





20191101013.jpg

着替えや竿ケースは、自分で客室へ持ち込む。

他の人々が早い時間から並んでいる理由がわからなかったが、フェリーに乗り込んだら納得。

2等船室のゴロ寝エリアが狭くて、すぐに一杯になってしまうのだ。

我々が下りる菱裏港までは、3時間もかかる。

寝不足状態で横になれないのはツライ。





20191101014.jpg

椅子に座り、突っ伏して寝ていたのだが、最初の寄港地である来居で半分ほどの乗船客が下りたため、長椅子で横になる事ができた。





20191101015.jpg

しかしこの切符、昔の鉄道で使っていたような厚紙で、なんとなく懐かしさを感じる。

うとうとしているうちに、中ノ島の菱裏港に到着した。





20191101016.jpg

接岸してタラップを下りて島に上陸した後、そのまま船の前部に歩くと、車両が下りて行く。

外にリヤカーが3台置いてあり、それを引いて船内に入り、自分達の荷物を運び出す。





20191101017.jpg

で、すぐ横に浜吉丸が待っていた。

そのまま荷物を運び入れて、我々も乗り込む。

船長と話しながら、磯釣りの装備を身に着けて行く。

ナニパクが午前2時過ぎの渡船で、すでに磯に下りて釣りをしている。

これから合流して、夕方まで釣りをするのだ。


さあ!

隠岐の島での磯釣りの開始じゃ!




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑