FC2ブログ

11月3日 隠岐の島 2日目 二股島

2019.11.27(Wed)

朝4時過ぎに宿を出る。

今日は1日、朝から夕方まで釣りだ。




20191103001.jpg

持たされた弁当を振りながらこれからの釣りに思いを走らせると、自然に足取りも軽くなる。

まるでスキップのようだ。

軽快に乗り込んだ船は、4時半に港を離れる。

今日は昨日と違って全体的にナギ予報。

ナニパクが船長に場所のリクエストをしている。

とにかく潮通しのいい場所を!と、聞いているようだ。

七類港へ迎えに行っている大船長が客を下ろす予定の磯もあるのだろう、空いている場所のうち、「二股島・東のハナ」という所に決まった。

我々が一番先に下りる。





20191103002.jpg

まだ磯は真っ暗!

ハアハアハア・・・

すぐそこにいる見えない魚を想像し、みな息遣いが荒い。





20191103003.jpg

荷物を安定させて、とりあえずヘッドランプの光で回りを調べる。

ほう・・・けっこう左右に広がって足場を取れそうだ。

海中の地形がわからないので、夜が明けるまでコマセと竿の準備をしておこう。





20191103004.jpg

こういう場所らしい。

確かに潮通しが良さそうだ。

モト地元の馬ちんにラインを送ると、オオモンが出る一級磯との事。

ふふふ・・・そうだ・・・

そういう場所に乗りたかったのだ!





20191103005.jpg

竿をセットし、コマセを作っているナニパクと若旦那を横目に、私は朝飯を食う。

昨夜は7時間も寝たから、腹が減った。


コマセを作りながら。

竿をセットしながら。

弁当を食べてババの波を待ちながら。

それぞれが今日の始まりという今の時間を、それぞれの思いで過ごす。

ハアハアハア・・・

オオモンを釣る自分の姿を想像しながら。





20191103006.jpg

おお・・・夜明けだ。

美しい。

まるで今日の我々を祝福しているようではないか。

ふ・・・釣ってやろう・・・

わざわざ700キロ以上も走って隠岐の島まで来たのだ。

釣らねばなるまい!

楽しい妄想で頭を一杯にしながら、磯にしゃがんでコマセを放出する。





パンツを上げると、ナニパクと若旦那はもう竿を出していた。

ワシはまだ釣り座も決めてないが!





20191103007.jpg

けっこう足場が多いので迷ったが、こんな広い場所なのだから散らばるべきだろう。

一番右に入った。

ここより右にも入れるが、根が張り出して釣りにくそうに見える。





20191103008.jpg

まず磯を清め、潮の動きを見るか。

・・・今はほとんど動いていないが、ここは一級磯との事、たぶん潮が速いはずだ。

潮が動くまでは近場を探って行くか。





20191103009.jpg

コッパがいるな・・・

この海ではオナガの型モンは夜間に釣れるという。

だが、ここまで来たのだ。

普通の釣りをするつもりはまったくない。

ここでしか釣れない、オオモンしか狙うつもりはない!


さあ! 来い! オオモンよ!


ワシにその姿を見せるがいい!






20191103010.jpg

違う!


お前ではない!





20191103011.jpg

成人してから来い!


メジナは伊豆と同じで、足裏までのクチブトとオナガが雑じり合う。





20191103012.jpg

エリアを分けて上層から底まで探るが、エサ取りか小型のメジナ、カサゴしか来ない。


潮じゃ・・・潮が走るまでのガマンじゃ!



ガリガリ、ジャジャッ!

ん?

ナニパクがハアハア興奮しながらこちらへ走って来る。


「な、ナブラが!」


見ると、右前方沖にナブラが立っている。

ルアー竿を持ったナニパクが私の右へ走り、そちらへジグを投げる。

届く距離ではないが、思いっきり遠投している。


おお! かけた!





20191103013.jpg

駆け付けた私の足元に小マサを抜き上げる。

針外しと血抜きはワシがやるから、ナニマサはもっと投げて釣り上げるのじゃ!

ワシのお土産もな!




・・・が、コレ1本でナブラは消えた・・・


一瞬のチャンスだったか。

さて、フカセに戻るか。

もうそろそろ潮が動くんちゃうかな~



・・・ウキがその場で浮かぶ・・・


う~ん、まだガマンじゃ。

手前から沖まで、深さを変えて丹念に探って行くが、メジナも来なくなった。

エサだけは取られる。





20191103014.jpg

お前のせいか!


沖も上から底まで、根がかりしながら探る。

見た目には竿3本以上ありそうな沖だが、そんなでもないようだ。





20191103015.jpg

くそ~、貴様のオヤジを連れて来んかい!
(来れば一瞬で負ける)


エリアを少しずつずらして探るが、反応がない。

う~ん、ここらは釣り方が違うのかな・・・

だがあきらめてはイカン。

根がかりする場所の特定に努め、そのあたりを丹念に探る。


・・・イカン・・・何も釣れなくなってしまった・・・

時間だけが過ぎて行く。



腹が減ったな~





20191103016.jpg

昼メシじゃ!

見晴らしがいい場所に座り、景色を眺めながら弁当を食べる。

いいとこですな・・・

ここは、一級磯との事だが、はっきり言って、なんの変哲もない普通の磯に見える。

たぶん潮が走る場所なのだろう。

今日はほとんど動いていないが・・・


ふ・・・そのうち潮が来ればなんとかなるやろ!



さっきからカラスがうるさいが・・・

ああっ!





20191103017.jpg

おやつに取って置いた、ワシの牛乳パンを!

おのれ~、2本もくわえやがって~





20191103018.jpg

海にもう一発、カツを入れとくか。





20191103019.jpg

くそ~

こっちにもアカメがおるんやの~


そうだ!

こんな時に、あの付けエサを使おうではないか!





20191103020.jpg

来る途中、地元の釣具屋で買ったパックだ。

赤と黄色に染めたオキアミが大変よろしい。

なに、釣らせ名人だと?





20191103021.jpg

おお~、きれいだ・・・

カレー屋の薬味のような取り合わせは、とても効果がありそうだ。

釣らせ名人のワザを見せてみい!





20191103022.jpg

くくく・・・これは喰うやろ・・・





20191103023.jpg

イランもんか!





20191103024.jpg

ならばこっちはどうだ!

赤がダメなら黄色で勝負じゃ!





20191103025.jpg

どっちも一緒かあ!


くそ~、もう仕掛け入れてない場所はないぞ。


潮さえ来れば!




ナニパクと若旦那も、全然ダメらしい。


「潮が来れば、ドカ喰いが始まりますな!」

「まちがいないですな!」

「短期決戦ですな?」

「もう少しのガマンですな!」

「始まるとクーラーいっぱいになりますぞ!」

「それは困りますな!」


ワハハハハハ!






・・・潮はまだかな~



時間はどんどん過ぎていく。

余裕に満ちていた全員の表情が、だんだんと暗くなっていく。

これだけ3人で探れば、普通は1匹くらい、エエモンが釣れるはずだが・・・



ドギュン!





20191103027.jpg

来たあ~!

ジリジリジリ・・・

イカン! ドラグがゆるい!

急いで締めるが・・・あれ? あれ?


・・・根に潜られたあ!


あっちへツンツン、こっちへツンツン・・・緩めてしばらく待つが、動かない。

くそ~、しゃあない・・・

道糸を持って引っ張ると、ラインが切れた。


よ~し、次はこうは行かんぞ~

見とれよ~






20191103028.jpg

次はなかった・・・





「潮がなければ、ここ、死海みたいですな」

「もう時間がありませんな」

「最後に潮が走ってくれませんかな」


お~い! はよ潮来んか~い!









来なかった・・・





20191103029.jpg

港に帰り、明日の準備をする。

最終日は午前中に釣りをして、昼に上がる。

今夜は最後の一泊だ。





20191103030.jpg

「お疲れさ~ん!」(精神的に疲れている)

「今日はシブかったですな~」

「明日こそは釣らねばなりませんな!」

「このまま終わるわけにはいきませんからな!」

「ミルキングの仲間から何を言われるかわかりませんな」

「まだ希望はありますぞ!」

「明日は風が吹いて荒れ気味の予報ですな」

「少し荒れた方が日本海らしくていいですな」

「今日はナギすぎたんですな」

「じゃあ明日はウハウハですな?」

「間違いないですな!」


ワハハハハハ!


今日の事は忘れた3人であった。



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト



COMMENT

私は子マサさん #-

こんにちは(^_^)
あそこで全てのスキルを出しましたが、僕はよう釣らんでした。
楽竿さんはワンチャン掴んでたんですね。
いいですのぅ~。
馬ちんさんに、アドバイスもらわないとですな。

2019.11.27(Wed) 19:54 | URL | EDIT

馬ちん #-

昔、釣りの先輩から「一級磯も潮が無ければただの岩」と教えられました。
干満の差が少なく、潮も流れにくい隠岐での釣りは、半島周りや房総、伊豆諸島の釣りとは違うように思います。私は隠岐で釣りのイロハを教わりましたが、関東で釣りをはじめた当初は皆さんご存じの通り全く通用しませんでした。例えば、「小三点釣り」は隠岐では主流の釣りですが、関東でやっている人はみたことありません。
楽竿さんが掛けたのは、きっとでっかいグレか大鯛だったに違いありません。惜しい!

2019.11.28(Thu) 07:01 | URL | EDIT

○○○の○○し #-

遠征釣行

いつも楽しく拝見させて頂いてます。面白く懐かしく何か切ないそんな気分にさせてくれる楽竿さんのブログが楽しみですが、今回は……コメントの書きようが…ケラケラ頑張れ中年釣り師達~笑 そう名礁も、潮が効かなきゃただの岩ざまぁみやがれ…あっ間違えた…頑張って下さい。

2019.11.28(Thu) 07:26 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

私は子マサさん

ナニパクか!
次回は馬ちんを拉致して行かねばなりませんな!

アレでウキが1個飛びましたがな・・・

2019.11.28(Thu) 14:33 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

こんにちは。
なんか聞きなれない釣り方ですな。
場所が変われば、釣り方も変わるんでしょうな~
今度教えてもらお!

スピードと重さ、根に入ったから、石物かもしれません・・・

2019.11.28(Thu) 14:37 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

○○○の○○し さん

良い子のツヨシ 改め、ピエール・川越か!
初めての場所は、ワクワクするけど、勝手がわかりませんな。
潮のクセもさっぱりですわ。
通っている人から見たら、見当外れの事をやってるんでしょうな~

・・・今年の正月は鵜来島へ行くんでしたな~
・・・必ず釣り上げるんでしょうな~、60オナガを(笑)

2019.11.28(Thu) 14:51 | URL | EDIT

真希 #-

いつも楽しくブログ読んでます!ツイッターはやってますか?

2019.12.03(Tue) 03:31 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

真希さん

こんにちは。
スンマセン、ツイッターはやってないんですよ。
興味はあるけど、よくわからんのです(笑)
やってみようとは思うんですが・・・
スマホに入れてみようかな・・・

2019.12.03(Tue) 21:58 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑