05月19日 三宅島 三本嶽 マカド根

2013.08.30(Fri)

昨日に引き続き、三本嶽にやって来ました。
今日はマカド根に乗りました。 東京磯釣倶楽部のメンバー、山田氏、中村氏は最初、マカドに乗ったのですが、潮が澄み切って底が見える状況を見て、エビ根に乗り換えました。

私はマカドのテラスと反対側、平根、エビ根の対面に釣り座を構えます。
エビ根とマカド根の間は、潮が左から右に流れています。

20130519001.jpg

平根との間は、右から潮が入り、エビ根との間の潮と合流して、大根方面に流れています。

20130519002.jpg

仕掛けを入れると、すっとんで行きます。・・・激流のごとく。
平根とエビ根の両側から、石物師が仕掛けを入れてて、そこまですぐに仕掛けが流れついてしまいました。
これでは、たとえかけても、少し潜られただけで石物師の仕掛けに絡みそうです。
マカドは、テラス、高磯に石物、チョンボリ、チャカ場に上物の人が入っています。

場所替えも面倒なので、仕方なく足元付近を釣る事にします。
コマセを撒くと、やはりジャミが・・・
仕掛けを入れるとこんなのばっか・・・

20130519003.jpg

ベラと、いつものチョウチョウウオみたいなやつ。 これ、ネットで見るとシラコダイって言うんですね。
群れてて腹立つわ~
その下に、青灰色の群れが乱舞・・・イスズミだ・・・
その付近に、数匹黒いヤツがいます。 少数ですが、メジナです。

コマセを打ってジャミを集め、そのすきにメジナを狙いますが・・・
こいつが先に喰ってしまいます・・・

20130519004.jpg

引きが強いので、楽しもうと考えをチェンジ!
ほとんど入れ食い状態のイスズミで遊んでいたら、日が高くなった頃、かけたイスズミを何かが追ってきます。

おわっ! サメだ!

あんなのに引かれたらたまらんので、イスズミはほとんどごぼう抜き。
それでも足元まで来てチェイスします。
たぶんヒトは喰わないだろうけど、海に落ちたらパニックになるに違いない・・・

かけて遊んでなんかいられないので、強引に寄せるようになると、釣りが楽しくなくなってしまいます。
せっかくやり取りの練習をして楽しんでたのに・・・初心者には練習が必要なんです!



でもまあ、入れ食いイスズミで疲れたし、早々に納竿してマカドを見て回りました。

チャカ場付近は、潮が澄んでて、底まで見えるほど。 上物はな~んにもいません・・・
テラスで竹田氏が43.5cmのイシガキを釣った以外はダメみたいです。

今日東京に帰るので、12時に迎えの船に乗って三宅島に帰りました。
エビ根は、山田氏が45cmのフエフキダイとアカハタ、中村氏もアカハタを上げてたようです。

薄木荘で風呂に入り、さっぱりしてから昼食、アルコールで気持ち良くなってから、午後2時20分発の東海汽船で東京に向かいました。

ま、昨日のお土産があるから、2日分は晩飯の材料があるな・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑