fc2ブログ

12月20日 伊豆半島 地磯

2021.01.31(Sun)

5連休・・・2020年最後の釣行チャンスである。

が、伊豆七島は相変わらず海水温が高いし、伊豆半島もいい話を聞かない。

渡船の釣果情報を見ても絶不調のようだ。

それでもヒサボウが弟のマッピーと地磯へ行くというので同行させてもらう事にした。

下田の狼煙崎(ノロシザキ)という所で、地磯マップを見るとなかなかの難所らしい。

彼らは子供の頃から行ってた慣れた場所らしいが、本では難易度が大変高い。

つまり釣り場へ行くのが大変だという事である。




20201220001.jpg

アクションカムを頭の右側に取り付けて撮影しているので、左にキャップの庇とヘッドランプが写り込んでいる。

全行程を撮影したが、長すぎるので写真のアップだけにしておく。

砂浜の先にあるコンクリートの平坦な磯道はグーグルマップでは「陸軍専用道路跡」とある。

ここから始まり、とても楽なのだがそれは途中まで。

マップに、「日本陸軍 潜水型補給艦桟橋跡」と記載されたあたりだろう、そこからは自然の磯になっている。





20201220002.jpg

少し行くと斜面をヘヅるように進む事になる。

私はいつものスパイクブーツだが、2人は漁協のおばちゃんゴム長。

夏はギョサン(漁業サンダル)だそうな。

漁師と違う一般人はマネしないように。





20201220003.jpg

木の覆い被さる場所があり、そのままでは背負子が引っかかってしまう。

かがんで急斜面を抜けるのだが、ここで中高年の体力はほとんど持って行かれる。





20201220004.jpg

そこを抜けても斜面の角度が急で、足場がとても少ない。





20201220005.jpg

少ないというか、ほとんどない!





20201220006.jpg

先で待ってくれてるマッピーが足場を教えてくれるので、それを頼りに汗だくになりながら進む。





20201220007.jpg

やっと急斜面を抜けたので、ここで背負子を下して休憩だ。

待ってくれてたマッピーは先に出発する。

ヒサボウはとっくに先へ進んで、もう姿も見えない。


汗が引くまで一服してから、出発する。





20201220008.jpg

右へは飛び移れないので、細い足場を進むしかない。

今は潮が引いてるからいいが、満ちて来るとこんなとこ足場が見えなくて落ちるだろうが!

帰りはどうすんじゃ!

いや、帰りの事は考えるな・・・考えてはいけない。





20201220009.jpg

やっと平坦な場所に出て、ほっとしながら先を目指す。





20201220010.jpg

だいぶ風化した柱状節理を踏みしめながら歩く。





20201220011.jpg

やっと先端まで来た。

暗いうちに出発したのに、もう朝日が出ておる。





20201220012.jpg

背負子を下して、またしばらく休憩だ。

地磯ガイドではこの先端で釣るようだが、ヒサボウたちは回り込むように先へ行っている。





20201220013.jpg

ここからまた見事な柱状節理の斜面を歩き、先へ進む。





20201220014.jpg

おお、やっと見えた。

もう釣りをしているではないか!





20201220015.jpg

こ、ここまで55分もかかってしまった。

え?ヒサボウはもうメジナ2枚釣った?

荷物を下し、お茶を飲んで息を整える。

偽チヌ師さんや馬ちんは絶対来ないな、ここは。

帰りの事を考えると目の前が暗くなるので、今は忘れる事にした。


で、私の釣り座を用意してくれていた。

座ってやれるし、一番釣れる場所らしい。





20201220016.jpg

右にマッピー





20201220017.jpg

左にヒサボウ

漁師兄弟の間で竿を出す。

しかし・・・なかなか釣れない。

むう・・・一番いい場所らしいのだが・・・困ったな(笑)





20201220018.jpg

最初の一枚を釣るのに40分もかかってしまった・・・

その間にも、左右で何度も竿が曲がる。

一番ヘタクソなのが目立つではないか!

まあアマチュアが漁師を気にしてはイカン。

確実に釣って行こうではないか。





20201220019.jpg

くそ~





20201220020.jpg

時々ヒサボウが来ていろいろと教えてくれる。

私のウキを見て、

「喰ってる喰ってる!」

声にびっくりして竿を上げると、カワハギが付いている。

なぜわかる・・・

どうして人の仕掛けを見てカワハギのアタリがわかるのだ!

よ~し、どんな小さなアタリも見逃さんぞ!





20201220021.jpg

おのれ~なんかのアニメキャラみたいな顔しやがって~





20201220022.jpg

そんな私を尻目に、隣では竿が曲がる。

ただ、ヒサボウもいつものようには釣れていない。

めっちゃ渋いという。

伊豆半島は絶不調ですな・・・


アタリも小さい。

ん? ウキがかすかに沈んだか? アタリか?

アワセると独特の引き。

チヌっぽいな・・・





20201220023.jpg

50センチ弱のチヌか~

なんか美味そうな顔してないな・・・


その後、ほとんどアタリがなくなり、日も傾いてきた。

はっ!

帰りの道(道とは言えん)を明るいうちに帰らなければ!

結局メジナはコッパも入れて4枚しか釣れなかった。

今まで来たうちでも、一番釣れなかったと漁師2名も言う。(でもアンタらは一般人よりずっと釣ってたやんか)

明日も釣りだし、ここらで納竿しよう。





20201220024.jpg

帰り道、振り返るとヒサボウはまだ竿を出している。

でも彼は25分で行けるらしいから追い付かれないよう、速く進まねば!




・・・しんどい・・・ハアハア

・・・歩きにくい・・・ハアハアハア

きゅ、休憩じゃ!

私より前に出発したマッピーは、もうずっと先に進んで見えない。

一服して汗が引いたら、また歩く。



・・・ハアハアハアハア

こ、こっちでいいんだっけ・・・ハアハア

あれ、そっちか・・・ハアハア


暗くなってきて、足元が見えづらくなってきた・・・

ヘッドランプ出して休憩するか・・・ハアハアハアハア

む! 後ろからヒサボウが追い付いて来た・・・フウフウ

ひょいひょいとやって来て、追い抜かれ、あっという間に見えなくなった。

サルか!


ヤバいな、暗くなる前にヘヅるとこを抜けたいのに。





20201220025.jpg

ハアハアハアハアハアハアハア・・・やっとヤバいとこへ来たか・・・

足をかけるとこ間違えると落ちるな・・・

落ちそうだ・・・ハアハアハアハア

落ちて泳いで帰った方が楽かもしれないと思いながら、ズリズリとゆっくり進む。

写真を撮る余裕もなくなり、かなり時間をかけてやっと帰り着いた。

全身汗びっしょりだ。

車では2人が缶コーヒーを飲みながら待っていた。


ちなみにマッピーは体格がいいけど柔道やっていたし、2名ともかなり運動神経がいいので、誰でも楽に行けると誤解しないように。

狼煙崎に行こうと思っている人は、慣れている人と一緒に行った方がいい。

潮位が高い時もムリである。


明日は渡船だから安心だ。

今夜は車で熟睡できるに違いない。



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト



COMMENT

馬ちん #-

ここは無理!偽チヌさんなら途中でうずくまってシクシク泣き出すレベルですね。
楽竿さん求道者のようになってきたのでは。。。

2021.01.31(Sun) 21:04 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

絶対に無理っす!
途中でシクシク泣きます!汗 

馬チンならどっかの渡船店に大枚叩いて
金で解決を考えると思います。

2021.02.01(Mon) 13:10 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

馬ちん

ここで練習しとけばどこでも行けますぞ!
あ、上り下りがあまりないので、それは別のとこで・・・

2021.02.01(Mon) 15:28 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

楽な地磯だよとダマして連れて行かねば(笑)
途中は内湾で穏やかなのでゴムボートで漕いでも行けそうですな。
・・・磯に乗らずに船釣りになるか・・・

2021.02.01(Mon) 15:34 | URL | EDIT

0号 #O5sb3PEA

お疲れ様でした

次回こそは海にダイブしてネタ作らないと!

2021.02.01(Mon) 15:44 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

0号さん

スギさんか!
ダイブなんてしたら背負子の重さで沈んでしまうではないか!

2021.02.03(Wed) 16:10 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑