07月01日 八丈島 地磯 ヨコモウ

2013.09.04(Wed)

今日は百川邦仁君と釣りに行きます。
朝4時にペンション・ビーチタイム2階の部屋で起床。 
朝が早いので、朝食は必要なしと宿のおかみさんには伝えてあります。
昨日のうちに、「スーパーあさぬま」で朝食と昼の弁当を買っていたので、それを食べていると、邦仁君が起きだしてきました。

彼は、おかみさんの息子です。 親父さんは亡くなっていますが、メーカーのテスターをしていたとか聞きました。 東京磯釣倶楽部のメンバーでもありました。

邦仁君は子供の頃から磯釣りをしていたらしく、めちゃくちゃ釣ります。
私など足元にも及びません。
彼に付いて行くと、いい場所や釣り方を教えてくれるので、大変勉強になります。
八丈小島は、水温が上がり、イスズミ大発生で釣りにならないとの事。
地磯に行こうと準備してくれました。

5時過ぎに支度も終わり、軽四に荷物を積み込んで出発。
コマセはオキアミブロック3kg・3枚、付けエサはマルキューのオキアミLサイズ。
昨日のうちに溶かしておきました。

島の海岸道路から、脇道を入り、途中で停まります。
背負子と竿ケースを持って、そこから歩いて下ります。
磯までそんなに距離はありませんが、途中にすごい斜度の斜面があります。 落ちたら死にます。
この場所をよく知っている、地元の人と行く事を、強くお勧めします。
もっとも、地元の人もあまり行かないそうですが・・・大変なので。

ヨコモウに行く途中からずっと、沖で鳥山が立っています。 青物がいるんでしょう。

20130701001.jpg

潮は右から左にゆっくりと流れています。 ここは逆の、左から右の方がいいそうです。

20130701002.jpg

コマセを撒いて、仕掛けを入れると、すぐにマダイが上がってきます。 型が小さいのでリリースしていましたが、一人分の塩焼きにぴったりのサイズ。 大きいので30cm。

20130701003.jpg

あまりにこいつが来るので、キープしました。 食べる分だけ。 この魚を嫌がる人はいないでしょう。

邦仁君は、最初から尾長の40cmオーバーを上げたりして、飛ばしています。

潮が止まって、流せないと判断したら、足元に落として遊んでいます。
遊んでいるんですが、イシガキダイ、カサゴ、ナンヨウカイワリ、マダイを釣り上げます。

私の左横に来て、足元に入れると、ウキが沈んでも少し待っています。
私もそこでウキが沈んだら、すぐにアワセたんですが、針がかりしませんでした。
待ってアワセると・・・なんと43cmの太ったアカハタが!

20130701004.jpg

それって、船釣りサイズじゃないの?
地磯でこんなの釣れんの?

20130701005.jpg

私はと言えば、こんなやつらばかり。
表層にはダツが群れまくり、中層にはオヤビッチャ。

10時頃になると潮が変わり、表層は風と同じ右から左、その下は左から右になる二枚潮。
仕掛けが浮いて、ダツの餌食になります。 重めの水中ウキを付けて沈めると、ブダイとカンムリベラ。
どうすりゃええんじゃぁ!

ふと見ると、邦仁君は昼寝をしています・・・

私は地道にコマセと仕掛けを投入し、外道数を増やしています。
そのうち、やっと30cmの尾長が!
ここまで来てこのサイズ? リリースすると、邦仁君がムクっと起き上がり、「メジナ釣れたぁ?」 時合いが来たかと、竿を持ちます。

およそ3mほどの、せま~い潮の流れが右から左沖に向かって流れ出しました。
彼はそこにひょいっと仕掛けを流し、バタバタっと40cmオーバーの尾長を2枚上げました。
ん~、すごいなぁ。
潮は約10分ほどで止まりました。

その後も私は地道に釣り続けますが、本命の尾長は33cm止まり。

20130701006.jpg

その他は、カサゴが上がっただけで、ダツに苦しみます。

20130701007.jpg

今日一の引きは、こいつでした。
ウキが沈んで、合わせた途端、引きまくります。 ドラグ強めに締めているのに、糸が出て止まりません。
竿を立てて耐え、ゆっくり引いて来る事、実に5分35秒。(ビデオカメラの映像で計りました。)
邦仁君がタモ上げしてくれたんですが、重い!

20130701008.jpg

写真のタモ枠は、50cmです。 サンノジも50cmオーバーだと、モーレツでした。

20130701009.jpg

高級魚のイケス。

私は6時頃納竿。 片付けを始めます。
邦仁君は、夕マズメを狙うと言って、粘っています。

20130701010.jpg

すると、急に尾長が入れ食いに!

20130701011.jpg

そのうち40cmオーバーの3枚のみ、キープしました。

20130701012.jpg

時合いは続いていますが、薄暗くなってきたので納竿です。
ヘッドランプを持っていますが、ここを真っ暗な中、帰るのは怖い・・・
上を見ると、「あれを登るのかぁ~・・・」

20130701013.jpg

お魚は、全部邦仁君の背負子に入れちゃいます(笑)
私はバッカンがカラなので軽い!

悪いなぁ、と言いながら、後ろに付いて登ります。
途中、何度か休みながら、午後7時半頃に車に到着。 あたりは暗くなっていました。

20130701014.jpg

尾長メジナ43cmを頭に40cmオーバー6尾
アカハタ43cmを頭に2尾
カサゴ29cmを頭に2尾
イシガキダイ37cm
ナンヨウカイワリ40cm
マダイ30cmを頭に6尾

すごい釣果です。 地磯ですよ? 全部高級魚です!

ただし!! この写真の中の、カサゴ1尾とマダイだけです。 私が釣ったのは。
あとはぜ~んぶ邦仁君の釣果。(彼もマダイは釣りましたが、ほとんどリリース)
腕の差、歴然です(笑)

まあ、磯釣り初心者が比べると、かえって失礼ですね。
他に、
タキベラ、キュウセン、カンムリベラ、イスズミ、サンノジ、オジサン、ブダイ、オヤビッチャ、ダツ、ウミヘビ
が釣れました。
なんと全部で16種!
根魚から回遊魚まで、こんなに釣れる所を、私は知りません。
シーズンを通してならわかりますが、1日ですからねぇ。

ヨコモウって、今発刊されているガイドブックには、載っていません。

20130701017.jpg


邦仁君は、学生時代、野球部にいた若者です。 中年のおっさんが一人で行ける場所ではありません。 気を付けましょう。



ヨコモウへ行く道の映像です。



ヨコモウから帰る道の映像です。





にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑