魚拓作成!

2013.09.18(Wed)

初めて釣った石鯛が、60.2cmの大物だったので、記念に魚拓を取りました。

gyotaku001.jpg

全磯連では、石鯛の60cmを超える個体は、大型賞の対象となるため、支部に魚拓を1枚提出する必要があります。
今まで魚拓を取った事もないし、全磯連の専用紙を持っていないので、東京磯釣倶楽部の重鎮である浜田さんにお願いしました。

ご面倒をおかけしました!



まず、魚体の右面に塩を振って、ヌメリを取って水で洗い流します。

布巾で水気を取って、全体に墨汁を塗って、下塗りとします。
これを新聞紙で写し、記録と矛盾がないか、長さを測ります。

再度、墨汁を塗って行きます。
適当に水で薄めないと、濃くなりすぎ、乾きやすいので注意。

外周部、ヒレは、きっちり塗っておかないと、ぼやけてしまいます。

塗り終わったら、紙がずれないように慎重に被せます。

魚体の一番厚くて盛り上がった所から、外に向かってなぞり、転写していきます。

少しずつはがし、墨の薄い所や、ぼやけた箇所があれば、墨を塗り足して写します。

確認しながらはがし、魚名・日付・釣場・釣り人・現認者・全長・重量等を記入します。

全磯連では、クラブ名・審査員2名も記載して、出来上がりです。
まあ、全磯連指定の検量所で測っているので、間違いないでしょう。
細かい事はわからないので、全部浜田さんにお任せ~

gyotaku002.jpg

自分用にも1枚作ってもらいました。
そのうち自宅の壁に貼ろうと思っています。

スマホで録画してあったので、過程を編集しました。





にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑