竿かけに革命を起こす! 「楽竿ライト 誕生」

2013.10.17(Thu)

楽竿(らっかん)を作って、釣り場で使っていると、仲間から、「俺にも作ってくれ~」。




当時、1台作るのに7日間。
休みの日を7日間つぶすんです・・・部材費用も入れて、「じゃあ、5万円ね。」

で、何台か作ってあげてたんですが、釣り友の中には、5万円は工面できないのもいて、
「なんとか安いの作って~」

実際、作るのに時間がかかるのは、台座部分。
楽竿の心臓部は、竿受け部分であり、ここだけなら1週間もかかりません。

左右のアームは外注で、それ以外の部分を手作りするだけですから、1日あれば作れます。
でも、竿受け部だけでは、竿を設置できません。

脚がない・・・竿受け部を何かで固定しなければならない。
じゃあ何にしようかと考えて、一般竿かけのように、三脚に取り付ける事にしました。

三脚と言えば、カメラ用が世間では一般的。
種類もたくさんあるし、競争が激しいので価格もこなれています。

調べると、一部大型カメラを除くと、ネジは世界共通の規格でした。

で、竿受け部の底面に、カメラ用三脚のネジ穴を切ってやるといいのではないか?

で、できたのが、「楽竿ライト」です。

light01001.jpg

底面の穴が、カメラの三脚ネジ穴です。
これで、市販のカメラ用三脚が、ほとんどどれでも使用できます。
ほとんどというのは、カメラ固定用ネジには、2種類ありますが、普通に買えるのは小さい方の規格。
大型カメラ用のネジを使用している三脚など、普通のカメラ店では、見る事もできません。

light01002.jpg

取り付けると、こうなります。
楽竿がこのように使用されるので、楽竿ライトも同じように使えます。

light01003.jpg

楽竿は、クーラーやミニチェアーに座った時、操作にちょうどいい高さに設計してありますが、楽竿ライトだと、取り付ける三脚で変わってきます。

light01004.jpg

立った時に操作しやすいように、高さを調節することができます。
汎用性は、楽竿ライトの方が高いです。
思わぬ副産物でした。

light01005.jpg

で、この手作り製「楽竿ライト」を、釣り友に2万円で売ってあげたのでした。

「楽竿ライト 量産化 1」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑