竿かけに革命を起こす! 「楽竿ライト 量産化 1」

2013.10.18(Fri)

しばらくは、手作りで楽竿ライトを作り、ゆずったりしていたんですが、手間がかかるので2万円、部材購入や作業を効率化して、16,000円まで価格を押さえました。




が、いっそのこと型を作って量産化すれば、もっと安くなるのではないか?
そう考え、ステンレスを扱う工場いくつかに、見積もりを取ると同時に、製品自体の完成度をもっと上げる事にしました。

また、実際の釣りに使用するには、このハンドメイド型で事足りるのですが、ここに感性を盛り込むことにしました。

「実用には十分であり、しかも使っていて気持ちいい」

このコンセプトです。

車で言えば、移動するだけならどの車でもいいが、運転が気持ちよくて、しかも運転しやすい。 というのを目指したわけです。

まずはアームです。
当時のアームは内径が大きくて、風で竿が振れると、すぐに竿尻が閉じたアーム内を動いてずれたのです。
しかし全くずれない、つまり竿尻の直径と同寸ならば、アソビがなくて、とても使いづらい。

では、どのくらいの遊びがあればいいのか?

もちろん竿によって、竿尻の直径寸法は変わります。

そこでやはり試作です(笑)

arm001.jpg

また、左右のアームが合わさる角度が重要です。
180°に近づけば近づくほど、竿はすぐに左右に振れます。

角度が90°など小さくなればなるほど、竿尻を押さえる力が弱くなり、開いてしまって竿が外れてしまうかもしれません。
これは竿の長さと重量によりますが、感覚的に100°位になると「危ねぇ~」と不安感を感じてしまいます。

arm002.jpg

この「感覚」と、基本的性能、横風への対処を実験し、アームの仕様が決まりました。

arm003.jpg

言葉にすれば簡単ですが、度重ねた実験の結果、はじき出した結論ですので、数値の公表はいたしません(笑)

これをもとに量産型アームの仕様が決まりました。

arm004.jpg

もちろん、ステンレス製です。
このアームの実物を製作し、他の部品を調整していきます。

「楽竿ライト 量産化 2」につづく。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

クロ兵衛 #-

こんばんは!

初めまして クロ兵衛と申します。
先日は当ブログへのご訪問、誠にありがとうございました!<m(__)m>

いつも、黒潮の絡む釣り場で釣りされてるんですね。
我が地元は、黒潮とは無縁の釣り場・・・
羨ましい限りです^^

それにしても、楽竿☆
緻密な計算にて作られているんですね。
今後も楽竿こと竿かけが、どのようなレボリューション!を巻き起こすのか
楽しみに拝見したいと思います♪(*^^)v

2013.10.19(Sat) 18:56 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

クロ兵衛さん

どうもお越し下さりありがとうございます。

いくら黒潮が絡んでても、そこから魚を引き出せないので・・・

休日になれば、人気のある釣り場は、人でいっぱいになって、ストレスが・・・(^_^;)

楽竿、楽竿ライトは、旧態依然とした竿かけしか出さないメーカーに対する反乱です(笑)

よく人に言うんですが・・・江戸時代の仕組みだと思うんですよね。
前が Y字で、後ろが n や O の竿かけ・・・

来年、フィッシングショー大阪に出展しま~す(爆)

2013.10.20(Sun) 00:38 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑