竿かけに革命を起こす! 「楽竿ライト 量産化 2」

2013.10.19(Sat)

アームの量産試作品ができて来ました。
同時に他の部品の試作品もできました。
で、ハンドメイド楽竿ライトと比較してみました。




light02001.jpg

楽竿ライトを水平にセットした場合、現製品は竿が下に12°向きます。
が、出来上がってきた試作品は、上段のように17°も下を向いてしまいます。

これは感性の問題ですが、この角度には「心地よい」というものが存在します。

・5°以下の場合
竿を置くと同時にアームが閉まり、非常に気持ちがいい。 最初のうちは。
あまりにクイックすぎて、余裕というものがない。 だんだん疲れてくる。
自動車でいえば、レーシングカーのようなものか。

・20°以上の場合
竿を置くと、大きく前に沈み込む。
ストロークがありすぎて、動きが緩慢。
自動車でいえば、ダンプカーのようなものか。

レーシングカーもダンプカーも、運転したことはありませんが、まあ例えということで。

長時間使っていて疲れず、動作が心地いいと感じるのは、8~12°の間です。
これは実際に私が釣りに使用して感じたことですので、個人差があるかもしれません。

が、誰に命令されて作るものでもないので、とことん、主観で作ります(笑)

light02002.jpg

この試作品は、17°であり、前部が大きく沈み込むために、シーソー前部がU字溝の底よりも下に出てしまいます。

light02003.jpg

よって、U字溝底面とシーソーが干渉しないよう、切欠きを設けました。
しかし、取り付ける三脚の雲台によっては、シーソー部と雲台が干渉するかもしれません。
雲台によっては使えない・・・これはあってはならないこと。

light02004.jpg

やはり角度を浅くして、シーソー前部がU字溝底面と干渉しないようにする必要があります。

さて、この角度の調節ですが、どのようにして行うのかと言うと、これまた複雑で、3つの方法があるのです。

・シーソー部の回転軸位置を変更する。
・U字溝の幅を変更する。
・アームの初期位置(開いた状態)での、左右アーム接合部分の間隔を変える。

以上の3つの方法を組み合わせて設計をし直します。

「楽竿ライト 量産化 3」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

ジョビおじさん #-

おはようございます。

楽竿さんの置き竿用具にそそがれているパワーはすごいですね。
出図しての試作製作、しかも金型まで視野に入れられているとは・・・
量産楽竿ライト、近いうちにお店に並ぶのでは。
完全量産、楽しみですね ^ ^

2013.10.20(Sun) 06:49 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ジョビおじさん

こんにちは。

釣れないぶん、道具にパワーをそそいだのかもしれません(笑)
あまりに工夫のない、竿かけの分野に、腹が立っていたというのもあり、意地になってます。

量産化の記述は、昨年の事です。 思い出しながら書いてます。

小売りに関しては、なかなか難しい問題がありまして。

順に記事をアップしま~す。

2013.10.20(Sun) 11:48 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑